プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


いやあ~愛されてるなあ~と
また感じました。
なにが?そうなにがなんですけどね。大野くんというよりも
大野くんを取り巻いた忍びの国のすべてが愛されてるなあと感じました。

ま、毎回なんですけどね。大野くんの作品しか知らないというのもあるけれども
ファンになってから後になってDVDやホームページとか見ていて
座長が愛されてるなあというのはもちろんなんだけど
キャストスタッフそしてファンがなんだか楽しそうに感じる・・・それで愛されてる感がでるのかな。

忍びの国はホント監督もキャストの人もスタッフさんもそしてファンに至っては初日を迎えてから応援上演まで。
Twitterもそうだけど、取材する人すべてが楽しそうだったしなんかいい相乗効果を生み出していて
それがずっと続いて・・・
それをメイキングや未公開、インタビューすべて見てたら改めてそう感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

未公開シーンもったいないなあと思ったけどあれを切って正解だった。
観客は長すぎると退屈するだろうし、いろんな部分切ることは仕方なかっただろうな。
大野のくんの最初のシーンももったいないけど男くささが減るからしょうがないかな。
アイドルなんだけど中村監督はそれを求めてない、それが見えて俳優大野智を求めたんだなって感じた。
ほんと男くさい映画だったもんなあ~。泥、ほこり、あせ・・・あの時代にタイムスリップしてた。
でもねやっぱりファンとしてはあのシーンをちゃんと映像で残してくれたことに感謝です。
それに百地三太夫 とのタンカきるシーンからお国との別れのシーン
平兵衛や次郎兵衛との川のシーンとそのメイキングシーンの融合とか
監督や編集された方にホント感謝だわ。

未公開部分の
大膳とお国との対極そしてそれを助ける無門。そこで初めて知る彼の強さ。
あの部分も未公開で見れてよかった。
映画を確か5回見に行ったけどいまいち『?』と思ってたところもあって
でも原作をさらっと読んでたのもあったからなんとなくわかっていたけど
未公開総てをみてああ~なるほどと自分の中の『?』部分が感情含めてきちんと繋がった。

未公開部分と映画を見ながらの監督主演MCの解説付きの映画を見終わっての
本編を見るとほんと面白かった。
そして字幕で見ると(漢字とか)間違って聞いてたとことか修正できたしうん。実に新鮮でしたね。

ほんとわたしなんか頭が上がらないほど何度も行ったファンの方。
応援上演してくれてる映画館に感謝のお花をおくるファンの方。
大野くんにはそんな素敵なファンの方がいるんだなあと思うと本当にうれしかったですね。
そういうのがすべて作る側の方々のキモチに届いたんだろうなというぐらい
愛のある素晴らしい作品を手に取ることが出来て
本当に大野智のファンでよかったなあと感じました。

あの夏に見た時は不安と期待といろんな心情があって見てたし
冷静な目ではなかったので正直いいのかわるいのかよくわからなかったけど
9月ぐらいかな、普通の映画館での上演が終わったらうちの近くでは応援上演はなかったから
DVD出るのを待つのみだった。
それからは少し冷静に傍から見てたって感じで落ち着いてきつつじっと様子をうかがっていた。
もちろんその間にアルバムが出てコンサートもあり、12月が終わりなにもないことに落胆し
年明け早々占いでまた浮上し、そのあとは2/2をじっと我慢して待ってた。
本当に本当に晴らしい作品ですね。
ホント。
内容を知ってるのに、いつのまにか涙がでちゃった。
本当にいい作品でした。
そして映画よりもしかしたらBlu-rayやDVDの方を購入して見たほうが
分かりやすいし繋がっていくしうんとお得感満載なのかもしれないなあって感じました。
本編だけでなく4枚セットのモノは
大野智だけでなく知念君ファンも他のキャストさんのファンの方も歴史好きな人も
そう思えるような内容だったのではないかと思いました。
映画に行かなくても残念がることはないかも。


中村監督ありがとう。。。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog