プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


もうね、車の中で流してたアンタイトルやめて
前に作った自分の好きなベストを聴くことに切り替えた。
なんとか好きなところを探そうとがんばったけど
何度聴いても同じものに聴こえちゃうからもういっかあ~って。

久しぶりに聞いた私の好きなものって
ゆっくりモードの歌だったんだあって思ったな。
といってもつなぐにリフレインにBewithyouいつまでもblueなどなど
若い時のころの歌はあ~なんだか歌声にのめりこんでいたあの頃が懐かしい
ってね、秋の夕焼けの空をぼ~っとしながら歩いてる感じみたいな

上に上に行くことが使命なんだろうね、うちわが遠隔操作されたりでその分高い金額を払う
ことになることになんで客までもが?と思ってチケット+5人のうちわが絶対になり・・・
なんかそのころから「?」とは思ってたけど
こんかいのCDとDVDの彼らの様子と言葉で
特によく喋ってたふたりの態度が脳裏から離れなくて
で、最近妙にJくんの嵐以外の話がよく目に入るからかな
よくそんな時間があるもんだと不思議になり
完全に謙虚な姿が想像できなくて嵐応援に心が折れて
今まで自分が嵐教の信者だったんだなあ~って気づいちゃったのかもしれない。
去年も今年もライブも行かないしね。行かないことに何とも思わなくなってしまったし。
年末年始に東京に行くことになって紅白も応募しちゃおうかなと思ったけどそれも辞めた。


で、さっそくいろんなドラマも観れるしや映画も観に行った。
ミックス楽しかったなあ。えいたかっこよかった。
そうそう仕事もしてるけど、娘のバレー部の応援も行くし
着付け教室にも行ってる。
夏に太ってしまったので運動(筋力トレーニング系とボクササイズ)に行って
ミニバレーも行って太った分4キロ減量もできた。
他のことに目を向けるようになれたのもよかったかな。


また大野さんが何かをやってくれれば気持ちも変わるだろうけど
今はもっと他に目を向けようと気持ちが切り替わった。


ジャポニズムでの暁、あれをDVDで見れてよかった。
DVDに収録されてるから見たい時に何度も見れる。
マスクマジックも2パターンもある。
それだけでももうこの先見れないかもしれないから・・・
今は本当にありがたかったと思う。

うん。2月の忍びの国プレミアムも楽しみ。
ドラマも水面下で話があったらいいな。

もうね、大野くんが楽しくないのなら嵐に縛らなくてもわたしはいいかなと感じた。
もしも普通の凡人に戻りたいのなら今まではやめて~いかないで~と思ってたけど
それが大野くんの幸せならそれでもいいのかなって思った。
たまに絵画で作品を見せてもらえたら。うれしい。


残念だけどちょっと距離を置くことにした。。。。







スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
リフレインにBewithyouいつまでもblueかあ、懐かしいねえ。でもずっと心に残る曲だよね。変な加工が一切ないしさ。
私はね、無理して聴いて不快になることもないなあと思って2回で諦めた。今は友達のところに嫁入り中。戻ってきてもそのまま棚に直行だと思う。
嵐から離れて別の楽しみ見つけるのもいいよ。私は昔っからの映画好きで、大野君しか目に入らないってほどの強烈サトシックではないから、ちょっと余裕を感じてるかな。そのうち新しい仕事の話も出てくるだろうから、それを楽しみに待ってようかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog