プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


癒しの処方箋

数日体調を壊していました。今日もまだ病み上がり。

一番下の子の学年委員長をやっていて10人の役員で企画を立て
数日前に催し物もやったんです。ミニ運動会。
その日は大雨の前だったのか妙に昼から急に暑かったのかな。
司会もやったので気が張っていて帰ってからダウンしてしまいました。
たぶん軽い熱中症だったかもしれない。若くもないから治りも悪くて
数日が経つ。

その上、大分・熊本では大雨で災害がおき
自殺でどうのこうのと騒がれている中学校の話
体調も世間も・・・なんとなく曇りがちな気分。

そんな中で見たひみつの嵐ちゃん・・・

録画して寝ればよかったんだけどやっぱり見たかった。
なんといっても間違いなく癒してくれるだろう山コンビ。
大野さんは存在だけで癒されるんだけど
櫻井さんの大野さんを見るまなざしだけでも癒し効果倍増な私。
普段の櫻井さんにはあまり興味がないんだけど
大野さんに話しかける櫻井さんはなぜか大野さんと同じくらい好きになる。

きっと気持ちが明るくなる。暗くなる要素は0に近いはず。
そう思ってぐた~として見てました。

見てよかった☆元気になる薬でした。
まったりとして落ち着いた雰囲気でわたしにはすごくよかった。
出だしの2人の師匠コントからおもしろかった。
階段降りも美しいし、立ち姿も髪型もステキだった。
大野さん櫻井さんの浴衣姿は最高にいいし
桐谷さんには凄く好印象を持ちました。
なぜかめずらしくじゃんけんに弱い大野さんのおかげで
あの大好物な二の腕が見れるしそうめんを掴んで入れる手も見れるし
浴衣から出る足も見れるし、大野さんの私ごと(お友達のこととか)聞けたし
櫻井さんの大野さんに対しての表現がまた
「師範代」「和の鉄人」「大将」「剣の達人」「強そう」「最後の刺客」などと
これでもかっていうぐらい言ってくれるし

あれも好きだったなあ~
花火見に行く時のバレるバレないの話とか
2人の相反する根本的な考え方が
バーベキューの櫻井さんのしたくない理由が
動いてしまうひとりが自分・・・(きっと大野さんは反対の方だな)
でもイクオールで表されているようで
だからこの人たちうまくいくんだろうなあとか
だからこの人たち違うタイプだから尊敬しあうんだろうなあとか
そういうところまで見れて証明されたみたいで嬉しかった♪

そうそう、サラッと見れた大野さんのレディーファーストも驚いた。
勝手な想像だけど
おにいさんおじさんたちからされる側だと思い込んでいたから(笑)
おね~さんへのレディファーストは大野さんの側にいる
おにいさんおじさんの役目だからする機会ないんじゃないかって(笑)
マネキンも刺々しくなくてよかった。
なんといっても大野さんのビジュアルかわいいし。
かわいい~と言われニコリとする大野さん
冒険してないと言われニコリとする大野さんに癒され
ルアーの絵じゃなくていいと言われムッとする大野さんに癒され

櫻井さんはマントを取ってみせて黙る大野さんに
あたりまえのように甲斐甲斐しくフォローするし
それにみんな乗っかっていくし、そっからのコントは絶妙だし
大体それを始めた大野さんが櫻井さんに対して
絶対的信頼しきっていることから始まってるのが手に取るようにわかるし。

病気でなにも食べれることができてなかった病人が
ようやくおかゆを口にしておいしいと言えたみたいってとこですかね。
わたしにとっていい処方箋となりました♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ミニ運動会の評価は時間が経っていないのでわからない。
時間が経ってきたらボチボチ耳に入ってくることでしょう。

ただ、司会をやっていて思っていたのが
子供たちの反応がすごくよかったってこと。
思っていた以上に言うことは聞くし
くっそ暑いのに小さい子供の僕たち私たちたのし~~~という気持ちが
肌で伝わってきてちょっと驚いたぐらいです。
熱中症を考慮して急遽、親さん参加競技をお茶タイムに変更もしました。
こっちに来て参加してと言ってもお喋りに夢中になったり積極的にこれない親さん
お手伝いをお願いしてもなかなか動きが鈍かった親さんたちを見ていて
う~~~んと思いながらも子供が楽しそうだからそれでいいやって思ってました。
でも先に頼んでおいたお父さん達も鬼さんになって元気に走ってくれるし
一部のお母さん達も動いてくれてた。
子供のためのミニ運動会なんだもん!子供達の笑顔が一番って思うように切り替えました。

で、帰ってからある役員の一人の人からメールが入り
同じマンションの高学年に姉がいるお母さんに
こんなすごい学年活動は初めてだったと絶賛されたとの喜びの声。
うれしかったなあ~~~
そしてこの声で
もしかしたら手伝う隙もないぐらい私以外の役員さんが動いてくれてたから
親さんたちがお手伝いする必要ないんだと思わせたんだなあと思いました。


その数日後、別の人にどうだった?と聞いたら
音楽があればよかったとか親競技がなかったからとかの意見。
そっか~~とちょっと反論したい気分あり・・・笑
ん?正直な話・・・
はぁ~なんにもしないで見るだけでこっちの苦労も知らないお前が言うなや!
いろんな事情があるんだぞ!みたいな(笑)


まあ、たった2つの意見なんだけれど
ちょっとばかり嵐さんの気持ちになれたかもしれません。

::::::::::::::::::::::::

彼らはごまんといるファンに支えられていると言うのは百も承知でしょう。
しかしこうやってたくさんメディアを通して出してもらっているということは
今じゃ当たり前になっているけれど
これから先どうなっていくかはわからない。

「日々是気付」
ワクワク学校で教えてもらっていることと同じことじゃないのかな。


わたしのような100人の子供と100人の親の気持ちを満足させるなんて
上のたった二つの意見が違うように
200人の受け取り方や感じ方は200通りあるはず。
それを全員100%満足させようってことなんて到底無理なこと。
たった2時間の、たった200人だってそう。

嵐さんなんて私なんかの比じゃないファンを抱えている。
歴史だって長い。
自担当、他担当・・・
それぞれのファン歴によっても想いや考え方は違う。
自担を愛するがあまり他メンを攻撃することだって知っているでしょう。
さらされる時間が多ければ多いほどいろんな意見は多く集まってしまう・・・
プラス意見ならどんな数でも気持ちいいだろうケド
マイナス意見なら・・・よ~~く考えればわかることですよね。

だから大野さんがよく言うように
楽しくやればいいという答えに結びついていくのかな・・・。


::::::::::::::::::::::::::::::


東京に行ったときに仲良くなってずっと会いたかった智友さんと
井の頭公園や移動中のバスの中でこの話をずっとしてました。
(わたしたちはもういろんな話を会う前にしていたから)
嵐さんの発信してくれるものをそのまま受け入れるだけでなく
これはこうだとか、あれはああだとか・・・
同じ担当さんでもそういう話題のコトバを見ると寂しいよね・・・って。

そこで終わる話なら別にいいんだけど
ネットの社会の恐いところは同じ想いがあるということで
暴走しなきゃいいけれど、コトバだけが走っていくパターンが多いこと。
顔を見てのお喋りだったら意見交換もできるから
いやいやこうだよ~そっか~そうだよね。
で、すむことがそうでもなくなってしまう時がある。

だからと言っていちいち余計な労力を払ってこうだよということもしない。
どこの誰ともわからないから無責任になっちゃうのかな。
このコトバが自担=嵐のためになると思っているのかなあと思ったり
誰担当だろうって思うことが目にしちゃうことが多々ある。
でもそれにはいつも愛があるからこそを感じているけれど(笑)

そして、自分もちゃんと辿ってきた道です。



前のエントリーにも書いたように
ゆったりちょっとだけ力を抜いたらどれもこれも楽しく見れるんですね。
わたし、もうすぐ智ファン4年目にしてようやくわかってきたことです。
それが嵐さんたちにとって心地よい風になるんじゃないかって思ってます。

だから
うん、お勧めします。







スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog