プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


東京5 東京旅行

今回の旅行。。本当に突然でした。
今回の旅行の目的はブロ友さんに会うことも大事だった。
そしてもう一つ「お兄ちゃん」だったんです。

進学するにあたって彼の一番やりたかった野球が出来ないことになり
それこそ、進むべき道が見えなくなったんじゃないかと
母から見て自分を顧みてもそう感じました。
中高生なんてそんなもんです。
わたしだって何をやりたいのか全く見えなかった。
なんにも出来ないくせに強ぶったりしていた。

もしかしたら大野さんの影響も大なのかもしれない。
すごく、いろんな経験をさせたいという気になってるのは・・・。
目の前にある時間を漠然と時を過ごすのもアリかもしれないけれど
できるんだったらいろんな体験も吸収し足元をしっかり固めてほしいと。
小学校からずっとやっていた野球のため時間が作れなかった分
今妹たちとの触れ合いも見ていても取り戻しているような気もしています。
そういうのを見ていたら、野球で時間が無くてとれなかったいろんな体験も
取り戻し、または積極的に取り入れたいと思ってくれるきっかけになり
そして心機一転、高校生活に入って欲しい・・・と。
では、何をするのか?・・・春休み中ずっと考えてました。

で、右も左も分からない私と息子で冒険すること・・・かな・・と。
急に思い立ち、自分自身も不安で・・・でも
旦那さんに相談したらOK。ブロ友さんの予定OK。仕事休めるかのOK。
3つが重なり、すごく悩んだんですが一歩踏み出しました。
学校に行く日を考えるとあと2日しかない・・・。
それで生まれて初めて旅行代理店に行き話を進めました。
地図を買いそれなりに土地勘を頭に入れました。
お兄ちゃんは全くやる気なしでしたが(そういう年頃でもあるし)
ずっとそれでケンカしてたけど
お父さんがじゃあココに行くにはどの線に乗ってどうやっていくか?
にちゃんと答えていました。


一日目ディズニーランドに行きました。そこでブタちゃんが勝手にやってきて
ぜったいやらないと思ってたのに
彼にポーズをつけさせて笑顔の写真が撮れるまで
ねばってしてくれました。(彼にそうさせたブタさん、すごい!)
そしてカメラを片付けようとしている私も
手を組むようにもっていかれてキスまでしてくれました。
夜遅くにホテルに入るときも駅から地図を片手になんとか到着しました。

二日目わたしがブロ友さんと大野さん観光をしている間
妹たちを完全に彼に任せてみました。

三日目はいろんな街を通過点としてではなく
行った先の街のそれぞれの雰囲気を感じることができました。
山の手線も一周してわたしも目に映る風景と
東京の地図とをあわすことができました。

秋葉原だけとって言えば・・・
生メイドさんも見れたし、ロケにも出会って中を通してもらったし、
つけ麺やさんのお兄さん達も何度も一番小さい娘にエプロンあげましょうかとか子供用を用意してくれたり優しかった。
藤森さんみたいなチャラ男風な喋りも聞けたし
AKB劇場も外から見てあ~ここが彼女達を作り上げたんだと感じれたし
ヨタ芸のお兄さんも見れたし、秋葉原の独特な空気を感じました。

悪天候のための交通の乱れの様子についてもわたしも彼も初体験でした。
お母さんと子供たちの旅行だったからなのか
どこにいってもやさしい人が多かったなあ・・・。
お父さんにいつもついて回って興味もなかった東京・・・。
住むトコじゃないって思っていた東京・・・。
すごく住みやすそうだと感じたり、殺伐としていないと感じたり
交通費がすごく安くてすごく便利なんだということに驚いたり
大都会からちょっと離れたらあんまりかわらなんだなあと感じたり
都会は天候にこんなにもろいんだ・・・
と電車の不通になる構内放送で実感したり
最後は新幹線にお泊りになり、JRさんたちの優しさまで味わえて
結果、いろんな経験が出来て全ていい体験となったと思います。

無表情でなにもいわないけれど
わたしがそう思っているから、彼もきっと何かを吸収しているはず。。。
あ~でも、お父さんと言う仲裁がいなかったから
わたしの積極的にしっかりしてよ~と
彼の別に行けるからいいじゃん見たいな冷めた目線と口調で
よくケンカしたなあ・・・。それもいい思い出かな。。。


もう大学受験に東京に行きたいと言ってもひとりでも大丈夫だと思いました。


自分だけのことで欲を言うなら
自転車があって自分ひとりで来てみたいなあと・・・。
足が痛かったから、あとちびっこがいたから動きにくかった。
ロケ地とかも巡りたい・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog