プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大野くんをぼんやり想っていると
わたしの頭の中に浮かんでくるのが

「・・・真~実」(魔王の主題歌♪)が頭の中を流れたり
「真実はねじ曲げられないのですから」(成瀬さん的な言い方・・・)

っていうコトバが出てくるんです。。。なぜかしら(笑)

それは彼の生き方や今までの芸能生活を考えているとなんだけど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いっくらカメラにうつるのか苦手でも
カメラに向かってアピールしなくても

本人が自分自身で極めたいと思い描くダンスの魅せ方や
彼の中で想像されるそして表現される演技や
きっと特徴つけることなく基本忠実にを心がけて歌っているだろう歌声や
根っこがしっかりしている考えの持ち主だなあと思うような生き方や

本人はなるべく目立たないようにしたいという気持ちはあるだろうけど
どうしても彼の努力で磨かれた・・才能(ってことになるんだろうけど)
や考え方などが

隠してるのに漏れた光となって

きっかけはいろんな形としてたまたまそれを見つけてしまった・・・
少なくともわたしを含めたさとしっくには
中毒症状に陥るぐらいに強く輝いてしまう・・んじゃないんでしょうか。


っていうところでいつも
それが隠しようも無い事実だから・・・
しょうがないよ...智くんって、思っているんです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画怪物くんについて反応を見たくてちょこちょこと見ました。
なんとなくそれを読みながら思ったのがまわりの雰囲気が
ドラマ怪物くんの始まった時と同じ感じだなあと・・・。
(今回は興行収入額⇒成功or失敗・・なんですけど)

あの頃、始まる前にも
アンチさんや辛口の・・・失敗する
ファンの・・・失敗したらどうしようみたいな雰囲気で

大成功になる!という少数意見の方のわたしは不思議でしょうがなかった。
大丈夫。。。だれもが出来ない役。彼ならやれる!
これが成功したら代表作となることは間違いない
しかも
子供たちが大人になった時にも鮮明に覚えられる人物になる
それはすごいこと。。。
・・・と肯定的に思って喜んでいたけれど

かなりの大野ファンは悲しんでいた・・・ように感じてました。

あるブロガーさんにそうコメントしたら言い返されちゃった。
でもドラマの途中からは大賛成に回ってましたけどね。
そしてその流れは全体的にそうなった。。。

ふたを開けると1話ではさっそく評論家に茶番劇だみたいに批判されて。
(わたしも親目線になっていてしっかり不安いっぱいになってました)
けれどしばらくしないうちに
視聴者側からの大絶賛の嵐の波がやってきて批判は吹き飛びました。
表現力も普通の役ではないことから評価も一段と高くなる。
結果、映画にまでなるまで大きく成長しました。。。よね。。

:::::::::::::::::::


きっと大野さんっていう人は
お世話を焼きたいとか
まわりを心配させてしまう人なんだろうなあ~。


:::::::::::::::::::


今回の興業成績については
長い期間を見ないといけないものだと思います。
学生は今期末テストだので忙しい
小さい子どもは連れていく親だって年末の仕事や忘年会で忙しい。
今は師走。。。名のごとく走りすぎるように日が経って行く・・・
本当に忙しいんです。
だから冬休みに入ってから落ち着いてから伸びてきそうな気がします。
きっと大丈夫です・・・。


もうひとつ。

評論家なのかどうかわからない人が批評していたのを見ました。
その人はマイナスに感じそれを公言できていること自体
人間性にかわいそうな人なんだろうなあと感じました。
今回初めてそういうサイトがあることを知りましたが
わたしはこれに関しては信用ないなと思いました。

それは今回ばかりでなくどの映画についても。

万人がその人の年齢、環境、人格、考え方が全く同じならば
ロボットならば、それもそうかなと思うけど
ドラマが始まった時だって口をそろえて学芸会並みと
言っていた評論家さんたちはあれれ...でしたよね~。
ごめんなさいまちがってました。なんて見ませんでした~言いっぱなしです。
同じことです。

おとな向けに作っているものと同じ位置で比べてること自体笑っちゃったし
そのちがいにも気づいていないことに苦笑しました。
そしてどの映画にしても批評されてたけれど

まずもって・・・
心をこめて作られた制作者側に対してもとても失礼だと思います。
それを真に受けて心配するファンの人も・・・ね。
(わたしもそうなろうとしてました・・笑・・だからこれは自分へ向けてデス)


また絶賛する意見も信用ないですよね。
盲目な大野ファンの意見(わたしのブログでの映画感想)だってそう。
大野ファン以外の人からしたら信用無いのと同じなんじゃないかな。

感じ方はいろんなパターンがあるんです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ、思うのはネット社会の怖さ。。。
なんとなく偏った情報で左右しているのを冷静に見ていると
まるで悪魔界の仕業なのかな~んて思います(笑)


見る人の視点のものさしっていうのは人それぞれだと思ってます。
人は人。いろんなことをリセットして素直に見て
自分の生きてきた道だとか環境が合致したりそうでなかったり
共感したり感動したりってそれぞれであって・・・・

そういうことなんじゃないんでしょうか。

わたしは、今回初めて3Dの作品を見ました。
まるで舞台を見ている感じで、ソコにいるみたいでそれが好きだった。
3Dと言っても子供が見れるように設定しているから
大人からしたら物足りないかもしれない。
3Dというコトバが想像を膨らまさせすぎてたのかもしれない。

でも・・・うちの小学1年の娘に
始まる前に「怖かったらめがね外していいからね」って言ってたのに
全くそういう心配がなかったということからして
当たり前だよね。そうだよねって思いました。
だって子供が楽しめる怪物くんだからこそ怪物くんだもの。。。

ソコに気づいた私は大人って自分勝手なんだなって感じました。


内容は子供目線なんだけどいつのまにか自分も入り込んでしまって
涙が頬をつ~~~と落ちたり、手に力が入ったり
ドキドキしたり、ハラハラしたり・・・大人なのにね(笑)
笑がおこって自分もくすっと笑っていることに気づいて現実に戻される。。。
すっかり入り込んでいました☆

もともとドラマ怪物くんから作品自体好きだったので
あそこでああいう風にした時から(ネタバレするのでこうします)
涙がとまらなかった。。。大野智ってことをわすれて。
怪物くんに涙してました。。。

終わった後は気持ちが楽になってたなあ~
名のごとくユカイ痛快な怪物くんで
また見たいっ。見に行こうって思う映画でした☆
場所によっても見方が違うのならそれも確かめてみたいし。

::::::::::::::::::::::


映画怪物くんはもともと大人向けに作っているものじゃなく
子供が楽しめる映画を大人だって楽しめてしまう
・・・ディズニーランドみたいなもの・・・
楽しめるかそうでないかはその人次第かな。
そういうものだと私は思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう時間も経って被災地ではない遠いところでは
もしかしたら記憶から風化されているかもしれない。
でもあの津波の映像、大人たちの動揺・・・
小さな子供たちの胸には暗く深く刺さっているまま。。。
もちろん大人だって深く刺さったままです。


たまたまだろうけれど、震災をまたがって作られたもの。
全ての製作スタッフさんの想い入れも
未来の大人になっていく宝(子供たち)の笑顔や勇気
そして健全な気持ちで育って欲しいという願いがこめられて
作られたんじゃないかと想定してます。
大人へ・・・っていうよりは・・・ね。


それが出来るのは怪物くんだからこそです。
大人向けの映画は子供に伝えたくてもどう頑張っても無理だもの・・・。


もちろんたまたまこうやって震災後の作られているもの
映画やドラマだけじゃない
芸人さんのバラエティに対しても
テレビや情報として発信されるもの全てにそう思っています。

なにかしらそういう特別な想いが入っていると・・・
そういう使命を持って制作されているのではと思います。


:::::::::::::::::::::::


今回大きく大きくなっていったけど
きっとそういうスポンサーさんはただの利益だけを求めず
日本の笑顔をとりもどすなにかきっかけになればと想っての賭けをして
便乗していったのではないのかなと思ってます。
みんなの日本を元気にさせたいという想いが詰まっていると思う。

大野さんが怪物くんをやったから映画になったわけでなく
大野さん率いるあのチームワークが
視聴者を渦に巻いて映画になったと思うんです。

それがたまたま震災をまたがっている。。。
もしかしたらこの時代に選ばれた映画なのかもしれないのかなと・・・。
ひとりでも多くの子供たちが笑顔になってくれたらいいな。。。


だから・・・
大野さんがいうように何も考えずに見ればいいのかな。と思うんです。
単純に行きたいと思う人が足を運んで、
単純に見た人がプラスな気持ちで帰れたらそれで・・・


結果は『真実は一つ』。。。。になるだろうと思ってます。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。