プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


自分自身が完璧だって思うものは最後の最後までないんじゃないの?
目標があってそれを達成いた段階で納得した手ごたえはある。
だけど自然に次の目標が見えてくるんだよね。
次へ次へと果てしないんだと思う。



もっと向上させたいのは踊りと歌だね。

デビューして一年目は仕事に欲もなかった。
そんなころ・・・

レコーディングしたら余りの下手さに凹んだから
友達の録音機材で歌を録って聴いたりして
それなりに努力してきた。
今の今までもっと上手くなりたいって気持ちがどんどん強くなっている。
だけどまだまだ自分の中の理想には届いてはいない。



アルバム「One」の話があったのでその頃だと思います。
切り抜きなので何に載ってたのかわかりません。
アイドル誌 ARASHI more(もっと・・・)というテーマかな。


:::::::::::::::::::::::::::::::::


昨日の大野さんのラジオの話で
またもや素が見えたようで嬉しかった。

そう・・・
彼のゆったりした雰囲気から見た目そういう感じがしないけど

超多忙だろう・・・な大野さんのスケジュール。
それに加え時間のかかる趣味もお持ちで・・・
普通に考えても時間を最大限に有効に使わないと
とてもとても24時間では収まらないと思う。
(そんなに忙しいわけでもない私でさえ24時間足りないと思ってるから)

ダンスにしても歌にしても
わたしに見えている大野さんの仕上げ方は
「適当」という言葉は全く見えない。

正確かつ几帳面・・・実にストイック。。。

に私には見えます・・・けど(笑)

もちろんそれは今までの蓄積しているものがあるから
1から始める人からしたら時間も短縮して自分のものにしているだろうけど
なんせ、常に進化する姿を求められてしまっている立場だろうし。
しかもどっしり構えているリーダは
時間に追われてあたふたしてる人からはでないオーラだと思っていたので
テレビで見るゆる~い大野さんの裏では
きっちり大野さんが常に存在してるのではないだろうなあとは思ってました。

だからダラダラやりたくない。とか
スパッスパッとやったらスッキリする。とか

だろうなって思いました。。。


そしてそれは自分に対してであって
人がそうしててもそれにはイラッとしてるようにも感じないかな。
結局自分に厳しくて、他の人はなんでも受け入れる・・・っていう
言葉に結びついています。。。


::::::::::::::::::::::::::::::


私このところ、パソコン中毒は少し控えれるようになりました。
その代わり今は嵐の曲をピアノで弾けるようにっていうことに
ハマッております。。。

最初は櫻井さんがコンサートで『Blue』を弾いてたのを見て
よし!わたしも・・・。と思い・・・
実は大野さんを好きになって楽譜を2冊買ったのはいいものの
ずっと宝の持ち腐れで・・・。
どんどんキーが変わっていくのやら♯や♭の多さにめげつつも
とにかく『blue』は何度も曲を聴きなおして仕上げました。
もう頭が固くなったのと慣れてないのとでめげたりして
時間がかかったけれど
CDでの嵐さんたちが歌うのに合わせれることが出来た時は
まだまだ下手だけど「やった~」と思いました。

それが1年前。

で、あまりの大変さにずっとやめてました。
でも半年ぐらい前からボチボチとやり始めていくうちに
数が多い♯や♭にもようやく慣れてきました。
少しずつ弾けるのが早くなってきてる・・かな。
ただ、間奏とか入ると面倒になってそこで他の曲に移ってしまうのが
わたしの悪いところで、仕上がってない中途半端なものが増えている。

ストイックではなく、アマアマなわたしです。

きっとラジオで話してた大野さんの言葉は
自分に対して短気で几帳面なんでしょうね。
わたしは真反対。自分に対して気長でずぼらです(笑)

途中で投げ出しているたびに
大野さんはこんなんじゃいけないんだろうなあっていつも思いますね。
正確さも確実性も要求されるし多くの数をこなさないといけない。
しかもいろんな分野で・・・。
結果も期待されてしまっている分、答えなければならない。
正直すごい・・・はずです。

jrの頃からバックで踊る時からそれは要求されているのであって
短時間に習得し少しでもずれることなく踊らなくてはいけない・・・
「できません」は通用しない厳しい世界。そして瞬発力も必要。
そういう厳しい環境におかれていたんだろうなあ・・・。
職業病といったらそうなのかもしれませんね。

だから、
いろんな姿の彼を画面を通して見ることができる私はいまだに
尊敬してしまうし好きだということが止まらないですね。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog