プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


もうめちゃくちゃテンション上がってます。
主題歌、最初聞いたときは暁っぽいのがいいなあと
勝手に想像してたのでいまいちな気持ちだったんだけど
聴けば聴くほど
(と言っても数分のいろんな局の分を繋げてなんだけどね)
すごく耳に残るし、好き。
しかも、大野くんのなにあれ?ソロ?っていうのかな。
あれ大好物。あ~大好きっ。やばい。。になっちゃいました。
これから視覚的にもダンスを見たらずぶずぶと嵌って行くんだろうなあ~。
あ~智ファンでよかった。しあわせだわ。
楽しいもん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうね、とにかくおりこ~さんにしとこうって思ってて
で、あんまり映画の部分も見すぎるとおもしろくないから
見ないようにもしてる。けど、出てる分は見てるけど
話の筋も見ないようにもしてる
(さらっと単行本読んじゃったんだけど)
でも・・・あ、これ見ないがいいって思ってパラパラだけで・・・。

とにかく、怪物くんも鍵屋もファン目線で見始めたから
作品としてではなく、心配の方が上回ってしまって
楽しめたんだけど
純粋に100%楽しめたかっっていうと
楽しめなかった。。。。
と思ってて・・・

だから今回は深入りせずに待ってる状態なんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、今おりこうさんにしてる時期だから
魔王と怪物くんをいっぺんにじゃなくて
1話ずつ大切にじっくりゆっくり見てる。
あ~~いい作品。

魔王はオンタイムで出会いたかったなあ~。
あれを1週間待つのってつらかっただろうし、楽しみだっただろうし
悲しいし、かわいそうだし、なんかいろんな感情がいっぱいだっただろうな。
大野くんを嵐の大野智としてでなく、
純粋にドラマ好きな人が嵌りました。で、見てたら
本当に嵌っただろうなあ~って思うなあ。
そう、今あってるリバース見ててこれどうなるの?誰が悪役?とか見てるんだよね。
魔王をそうやって見てた人は出会えた人は幸せだなあって思ったんだ。

わたしは大野くんに出逢ってすぐに大量な嵐の情報とともに魔王を駆け足で見て
とにかくいろんな情報を入れているときだったから
すごくもったいない見方しかしてなくて
でも、もうそれは終わったことだからどうしようもないことだけどね。。。
うらやましいです。


怪物くんは、今となってはあんなに誰からも愛される怪物くんに育っているけど
それはもう大野担でも、なんで~↓的な声が多くて
けど、その頃の今からの時代を背負っていく小さかった子供たちが大きくなって
この間の竹山さんの番組で問題になってた「歌声」の話でも
多くの若者が大野君の「歌声」を上げてくれて、
ほんとそれまじで嬉しかったなあ~。

で、話は怪物くんに戻るけど
そんなほとんどのファンが始まる前に落胆の声を出してて
わたしなんか賛成派は少数派だったけど
(あちこちのブロガーさんにコメント入れて回ってたなあ~)
そうはいっても
楽しんでたけど、楽しめたんだけど
やっぱり心配が大きくて、みんながどう思っているのか
終わったらすぐに感想を見まくってたなあ~
ってことは
やっぱり純粋に楽しめてなかったんだろうね
(疑心暗鬼的なとこがどこかにあった)
結果お~~~らい以上のものを残したけどね。


それで、鍵屋さん。これも心配が大きかったなあ~

だいたい、あの頃の大野くんってまだ認知度今より少なくて・・・
だったし、
私の周りの人もまだ認知度がメンバーに比べたら少ないほうだったし
メンバーからでもなんでリーダー?みたいな言い方されたりして
まだまだやきもきしてた頃だった。
(面白おかしくする話なんだろうけど、それにも不満持ってたしね)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今はね、もうそういう心配もなくなった。
だれもが大野智を知ってるし
言わなくても大野智のリーダー像が認知されてるし
彼の実力も理解されてる。

だからね、ブログもそんなに声を張らなくてもいいんだって楽な気持ちになれて
こうやってたまにしか顔を出さなくなってしまった。

だけど、でも、大野智の存在は私の中では今もなお変わらずなんだよね。
ずっと底なし沼なんだよね~。
速度はゆるやかに穏やかになったけど、飽きないんだわ。
このわたしが(笑)

そういうキモチだから本当に楽に作品を
純粋に楽しめる予感の今回の映画。


しかも、主題歌の主張力の強いフェイク?みたいなの。
あれで、もう掴まれた。
まじやばい。
おりこうさんにしておこうと思っているのに、テンションが上がってきた。

とりあえず、ライブがあと少しで出るから、そこで興味をそらして
で、7月1日に挑もうって思ってる。


あ~~~~たのしみだあ~~~~。

大野くんのファンでよかった。しあわせだ~。


※ここでのおりこうさんは
波風を立たせず穏やかに日々を過ごしてくってことね☆



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog