プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


嵐のファン

アニバーサリーな週からコンサート。
それから1週間。
ジブンゴトも特に忙しいというのも重なり
まだ福岡だけの公演だけ終わっているというものの
もうずいぶん前のような気がしてます。
ユメゴコチな気分も月曜からの仕事がこれまた濃厚で
すっかりリセットされてしまい、もうずっと前のことのようです。

2日目に参戦した娘たち二人組はきっともうないだろうな神席で
アリーナ1列目。しかもメインステージの中心付近だったそうで
わたしの『釣って』うちわを持たせてたのもあって
大野くんには指さした後、釣ってもらって、めちゃかわいかったと
喜んでました。
ニノにもピースしてもらったし
嵐がバックステージの方へ行ったときはジュニアの子たちと
ワイルドアットハートを踊ったとか(笑)
二人でおそろいの服着て、真夏の格好して、嵐のシールを顔に貼って
そう。ちゃんと頑張って気合も入れてたし
ドームの周りでもファンの子たちと写真も撮ってました。
あ~若いっていいなあって思いました。
去年は受験で自ら行くことを辞めてたし、何年も我慢してきたからの
ご褒美だったんだろうなって思ってます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初日という時間に居れたこと。
そして翌日のむすめの話、ネット上での2日目の様子。
初日と変わっているのかなって思うことがあり
嵐さん側も手探りでやってみて、そして調整してきたんだと
そう感じると、コンサートも生ものってことで
初日ならではの醍醐味だったんだなあって思いました。
二部構成っていうのも目新しいことであって、『いつもの』の感覚に慣れている
むしろ長く嵐を愛している人の方が戸惑ったんじゃないのかなって思いました。
ファンになってまもない人はこういうものって思うだろうから。
まあそういう情報が少なからずも回った後の2日目では
初めてではなく2回目以降ということでシーンとアクセントダンスが
始まったとのことだったし、2日間言った人が少し間が短くなって
テンポが速くなった気がするっていうコメントもみたので、もしそうであるのなら
嵐さん側でも初日のお客さんの反応を見ての調整をとってきたんじゃないかと思うと
それもまた初日の「おいしさ」だったんだなあって思ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3日目の様子を見ようかなって思った時かな。
WEB上で1日目のことがあって
まあこうなるだろうなっていうことはあの場所ですぐに感じたんだけど
そこまで言う?そこまで騒ぐ?
って正直そこにいた何万人のひとりとしてはそう思った。
なんだかなあ~、違う方向に暴走していく様子が・・・みたいな。
それはここ最近ずっと思うことで
まあ、それは嵐がそれだけ人気があるからしょうがないことなんだろうなって
思うことで、こういう熱いモノがなくなることはそれはそれで寂しくなることで
でもなんとなく、実際はこうじゃないのにこうなって違う方向に行ってる・・・
そんなリアルな感覚を持ち、残念な感じがまたしたかな。
アニバーサリーな週の番組だって通常の番組だって
それぞれのいろんなファンがいて、いろんな考え方があって
いろんな意見があるだろうけど
みんながみんな納得する正解っていうのはないのが当たり前なんだけど
もっと楽に楽しく優しい目で見ることができたらきっと見てる本人も楽しいだろうになあ
・・・って、結局自分のすきな嵐だったり、担当だったりで苦しい方向で見て感じて
それはそれでいいけど・・・・
わたしは今、忙しくて、そういうところまで目につく心の余裕がなくて
ぼんやり楽しいところしか見る余裕がないという状況に
感謝だなあ~。だって、楽しいとこ以外は見る余裕がないから
嫌なところはどんどん切ってしまって自分が好きなところだけしか
見る余裕がないもんっ・・・みたいな(笑)
たまに時間があるときにチラッとファンの感想を見ていると
またやってる~
それで疲れてしまいそうですぐにそこを立ち去ります。
そしてそういうのを目にすると
あ~わたしの忙しさって実は効率的なんだろうな
だからこの状況にラッキー☆と思ってます。

翔さんが昔、大野さんのことを言ってるのを読んだけど
大野さんは人を悪く言わない。それってすごいことなんだと・・・。
最近、日常でもアラシゴトでもそれが頭の中にあって
それを実践したりしていると
それが一番労力も使わないし、一番頭いいよなあ~って思ってます。

スポンサーサイト

構成は最近の中で一番好きだったかも。
15周年ということでちょっと構成が変わったのかな。
もちろん15周年的なメドレーもありではあったけど
なんとなくそんな感じがして次に何が来るっていうのが
いつもの感覚で次はこんな感じかなっていうのを意表を突かれた
感覚で新鮮だった。

入った感じは宇宙ステーション的な感じ。
なんか画面で見る演出も金がかかっているだろうなみたいな感じで
はあったけど、嵐だからできることだろうな見たいでVIP感があった。
自分の場所も良席で、1塁側の花道の先。リフトの前で
Jくん以外4人は長い時間いてくれたので堪能できたって感じ。

私の中での一番よかったところは
大野ソロ → Tell me Why → TRAP
鳥肌立ちまくり。
大野ソロは安定の感じ。最近の細かい振付という感じより
ラフな感じがしてわたしは好きだった。
バックステージから始まって、ムービングでメインへ。
私的には好きだった。そのあとはけないままTell me Why
私の前は翔ちゃんだったけど、翔さんのあのラップが目の前で
聴けて・・・というか、あのラップを歌う自分に入り込んだ翔さんが
見れて最高でした。
この曲は私の中で今回のALBUMで一番好きだったしね。
その後の大野さん振付のTRAP。これもALBUMで2番目に好き。
かっこよかった~。
最後にJくんがバン?としてジュニア君たちが倒れるという振付だった
らしいけど、わたしは5人ばかり・・いや大野さんばかり見てたから
気づかなかったけど、~らしいです。(MCにて)
だからそこも見どころです。
その3つが一番もう泣きそうな3曲です。
あ、大野ソロの前のJくんソロもよかった。
今までJくんソロの中で一番好きだったかな。
で、MCがあっての相葉ソロでセクシーで笑ったし・・・
あちこちで言われてるけど、相葉氏にもってかれた~って感じ。
そのあとはファンライトも会場のセットもぜ~んぶで
電飾がギラギラどんどん高揚して行って
最後はディスコにいるみたいだった。

そのあとだったかな、曲と曲の間にちょっと間があって
その時間があれ?なんかあったのかな?という感じだったので
NHKみた後だからニノの腰なんじゃないかとか
初日だから何かあったんじゃないかなど思うぐらいの数分だった。
ちょっとお客さんも心配モードが漂ったときに
大野くんがメインステージの真ん中から出てきて動かなくて
それが演出なんだけどみんな心配になってきて
小さい声で「おおのく~ん」・・・どうしたの、なぜうごかないの?みたいな。
(もうアクセントダンスが始まっていたわけで)で、
手の動きと音の融合。手の動き、手首から~のいつもながらの綺麗な動き。
で、Jくんも違う音色のが重なる感じ。
し~んとしている中で長真面目な感じでやって、
その雰囲気に入り込めた人がほとんどだったけど
そのあとの3人がひとりひとり出てきて・・・・
その音との融合がゆっくり、し~んとし過ぎたのに我慢できないのか
あと、自担が好きだからこそなのかにの~とかあいば~とか
女の子が言い始めて、数人が言い始めて、
しまいには男の人まで、でふわっと笑いが起きて
いやいや、嵐は真剣にやってるのにそれはないだろう・・・
空気を読め!とかね(笑)わたしは入り込みたかったな。
おいっ!突っ込みたかった。
初日だからそうなってしまって情報もWeb上で上がってるし
だからこそ、明日からはもうないだろうけど
一生懸命にやってる嵐さんの耳にも聞こえてただろうから
そこが残念だった。(逆に初だからわかってたかもね)
コンサートは5人で嵐じゃないって、
ファンも入れて嵐って言ってくれてるからね。
空気読んでほしかった。
ま、きっとわたしみたいに思ってるお客さんがほとんどで
一部の人だけの愛するが故、
気持ちを抑えられなかった~な感じかな。
おいっとは思ったけど、まあかわいいなあぐらいだったけどね。
言った人も反省してるだろうし。
でもね、見せ場の始まりだったからね~
ちょっとそこが残念だった。
明日からはみんなそこし~んとしてください(笑)


少し時間があったっていうのがその部分だったのかはちょっと覚えてない。
もしそこだったら、その前の昂揚感とうってかわっての演出だったため
お客さんの気持ちをリセットするがための間だったのかもしれない。
ただ、もしそうだとしたらいつもと違うことに慣れれなかったファンが
「心配」したっていうのも事実。
初日ってことで嵐さんたちもファンも心してくるから
だからある意味新鮮かな。

まあそこは今日からのレポとかを見たら
正解が見れてくるんじゃないかな。
そこも初日の醍醐味化もしれない。なんせ、初日だからね~
お互い手探り感。

あと、アンコールがなかったってことも最初から決まってたこと?
だってMCの途中からBeautiful daysとかに
コンTシャツを着てきたから。
なぜ?いま?って思ったし。
「ない」が正解じゃないかって思ってる。
それでも終わったのは10分弱押してたしね。
電車の人大変だから。
携帯切ってたから時間わからなかったけど、
今日長くない?って思ってたし。
それもきょうの内容次第で今回からそういう感じでしていくよって
いう答えも出るんじゃないかな。

あのファンライトだって4時ぐらいからすごい列で、
翌日娘たちが行くんだけど
チケットがいることを知らなかったわたしは
預かっているわけでもなく
なので通してあげてないんだけど
その日一緒に行った友達がうちわの購入を頼まれてて
その高校生の女の子に学校帰りだから
開演30分前に渡して、もちろんチケット持ってないから
通してあげれてなかったけど、どうする?と確認しても
うしないで入るって言って会場入りしたけど
遠隔操作みんなと一緒にしてたよって言ってた。
かといって席ごとに色分けした演出があったかというとわからなかったし
それよりも全体で一緒感があったイメージしか残ってない。
だから並んで途中で入れないよりも
間に合うことのほうを優先したほうがいいと思う。
最初から飛ばすから。


最初、あれ?翔さん大野さんニノさん風邪ひいた?って思った。
けれど、翔さん以外はもどった。
大野さんについては美声でした。ダンスもキレてました。
宙に浮いているダンスでした。くるくる足技もあり。
翔さんはなんとなく最後まで声かれてるよなって思った。
なんか話す時も咳払いしてたし。
あと、大野さんの挨拶はいつもより大人な感じで話してくれた。

もうレポにあがってたから詳細はそちらを見てください。
とにかく全体的に最近の中で一番好きだったかな~。
もしかしたら私の気持ちも安定期にあるからなのかもしれない。


そんな感じかな。私の感想は。
いやあ~~~~
VS。。。
NHK。。。

よかったです。
うん。先週のしやがれもきっと今日のしやがれも。。。

もうね、本当に大野智に出会ってよかった。
そして嵐に出会えてよかったと思う番組でした。

ハワイのワイドショー→夜会→先週のしやがれ→VS→NHK
で感じたこと。
わたしの思っている彼らはきっと『まんま』なんだろうなって。
受け取り方はそれぞれの感覚なんだろうけど
彼らの発信しているものは飾っているわけでもなくそのままであって
それを私たちファンが思うままに色を付けているだけなんだろうね。
それを明るい色にするか冷たい色にするかやわらかい色にするか・・・
それはこっち側の勝手。。。な訳なんだろうなって(笑)

見ていて一緒に泣いたりはしなかった。

だって彼ら、彼の気持ちはわたしには到底わからない。
ただただ、見ていて寄り添って共感できて優しい気持ちになっている
そう思わせるありのままの彼らを見ながら
そんな自分にしてもらっている彼らに感謝だなあっ
嵐に出会ってよかったなあって改めて思ってました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニノは本当に大野さんのことが
好きと絶大な信頼をもっているんだろうなあって・・・
ライブ中の自分から出たアクシデントに
『やめる?どうする?』に対してのプロ意識の高い彼の発する言葉は
『いや、大丈夫』の選択肢しかない。うん。
ニノを知り尽くしている、そのうえ現状とその後のことを考えての
リーダーの決断の入った発言
『スライドにしよう』 に対しての 『いい?』
駄々をこねるとかではない、その即決できる関係性に感動したな。
そしてリーダーの鶴の一声でそうなることを予想していたかのようなJくんの即断、指示。
翔さん相葉さんの連携。でもそれは彼らのふつーの日常なんだろうな。
その彼らのふつうに正直驚いた。本当に驚いた。

そして自分の仕事に対する根底になったという大野さんの言葉についてもね。
あの話を聞きながら
『ハダシの未来』通常版のシークレットトークだったと思うけど思い出したな。
みんなが月イチでシングルだそうってワイワイ盛り上がった時に
ずっと黙っていた大野さんが
「出せばいいってことはない。それだけ質がおちるんじゃ意味がない」
ぼそっと言って、茶化されたりしてたけど
それでその盛り上がった話を抑えたんだよなあ~
あれ、思い出した。
2003年だからきっと同じようなトキ。そのお蕎麦屋さんの話って。
きっとあんな感じだったと思う。
しかしそれを鮮明に末ズが覚えていることに驚いたかな。


翔さんはさすがだな。頭を立てる有能な参謀の役回り。
嵐だけでなく、どの世界どの組織でもその位置にいる人間で決まっていく
と、思ってる。
コンサートについては隊長にまかせることにして
もっと外、全体の運営を円滑にし嵐の質を高めている・・・
それが櫻井翔であり、わかっていたけど、予測はしてたんだけど
ああいう風に映像で見られたことが嬉しかった。
決して目立つポジションでなく今まで全く見れてなかった部分が
初めて見れたって感じだった。
それに今回のハワイでは最近見れなかった翔さんの暖かいまなざしが
たくさん見れたような気がしたなあ。
VSでの涙の大野さんを見ている表情。
NHKでのGUTの時の二人のアイコンタクトにはなんかすごく
新鮮だった気がした。
30過ぎがからなのか見れなくなって、雑誌の発言なんか見ててもね
一番翔ちゃんどっかに行こうとしてないよね?って
大野くんより心配だったからかもしれない。
しかししやがれのスケジュールの鬼の翔さんはわからないでもないけど
ほんと笑った。ありがとう、まんまの翔ちゃんだ~。


相葉ちゃんの・・・
あのサックスの練習風景のDVDで話しているのを見たことがあって
見た時は悔しさが伝わっていた。
でも、笑顔な人だからずっと誤魔化されてたんだなあって(笑)
相葉さんのハワイに来たかった理由を聞いて
ホントにハワイで舞台に立ててよかったって感じた。
それに大野さんがボロボロに泣いてた時の相葉ちゃんの目が忘れなれない。
それになんといってもサーフィンの彼は惚れるね。


潤くん。はYOUさんと同じ。『強がるなよ~』だなあ。
あんなに言ってたけどリーダーに抱き合って泣いてたって
暴露されてるからね(笑)
でもそれが潤くんなんだろうなあ。まじめさん。
コンサート隊長だってほんとまじめさん。
疲れているだろうに裏方の仕事を主役の一人だというのにやっている。
任せきれない彼の性格だろうけど、それはきっと大変だろうなあと思っている。
それに、そうすることが結果的に全責任を負うことになるということが
つきまとってくるだろうと思うし、しょうがないことだと思ってもいた。
潤くんがみんなにコンサート構成をやりたいと思わないか?って言ってたけど
やりたくてもやれない環境じゃんね。
ま、そこはそのころ音楽番組でも言ってたし、雑誌でも話されてたから知ってたけど
聞いたところで「で?」って感じだったかな。メンバーもそうだったし。
そうこうことでもうコンサート構成に関しては松本さんになっているんだから
今後もがんばってほしいです。
そうだ。大野さんとの気まずい話もよかったね。
ソロ曲の長さについて
お互いの構成上(作り手)のこだわりな部分のところ。
男を感じました。
大野さんのソロを愛している私にとって
芸術的な作品という内容を大事にしてくれていることが
とても嬉しく感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあホント役割分担のしっかりしているグループ=嵐かな
って感覚がぼんやりそうかなって思っていたのが
はっきりしたって感じだった。
そして、あ~嵐のファンでよかった。と思えた1週間でした。
各局のスタッフさん、感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、福岡参戦が決まりました。
わたしは初日です。
娘は翌日、アリーナの前から何番目のところでした。


レポはかいつまんだものをアップするかもしれませんが
何を話したかとか雰囲気とかなら・・・
翌日の娘も車で送迎するつもりなので無理かもしれない。
帰りの車の中で教えてもらったことならなんとか・・・
もしくは、そのまま来週に入ると忙しくて書けない。
なのであまり期待しないで訪問してみてくださいね。




Powered by FC2 Blog