プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


久しぶりに怪物くんに出会った。

ホント久しぶりなので
なんだか新鮮。。。
しかもテレビで見るのは初めてかな。
前にあった時はまだおなかいっぱいで録画だけして
見なかったから。
といっても、まだ最後のクライマックスのところだけ
を見て記憶が蘇りながらの感想なんだけど見たんだけど・・・。

時間が経って私の中でリセットしてたんだと思う。
まっさらな気持ちで見て
で、思ったのがへえ~画像がきれい~☆
そして話の内容がとっても素敵でドラマで見ていたときの
気持ちをすごく思い出して童心に返った感覚だった。

映画の時は番宣やら震災後のいろんな気持ちやら
あと成功して欲しいという気持ちの方が大きく上回ってて
ホントの意味でドラマの時みたいに純粋に楽しめなかった・・・
っていうのが今だから言える~ホンネ。
どっちが好きかっていうとSPの方の話の方が好き・・・
だったんだけど、大野くん(怪物くん)がくろすぎで
そこがなあ~って思ってた(笑)


でも
昨日の映画怪物くんを見ていたら
あ、なんかドラマじゃなくスケールも大きくなったし
すごく綺麗だし、内容も大きいし素敵。
ドラマよりスペシャルより格がやっぱ映画だわ~って思って
あ、あとで最初から見ようって思いました。
(まだ時間がなくて~涙)


そして、震災前後に生まれた怪物くんが
悲しんでた日本人の心の中に刻まれた・・・
そんな心に残るような大事な作品になってしまった
怪物くんこと大野くんが
時代に選ばれて生まれたんだろうなあってしみじみ感じました。
(サトシックとしては智誕生のころからにさかのぼってしまうんだけど)

あの頃のスポンサーの多さや局同士の垣根の無い番宣
怪物くんに対しての温かい大人だの企業の目
大きく渦巻いていっている『やさしさ』と『あたたかさ』を
そういうのを当時ファンだったから
とてもすごく肌で感じてたんだよなあ。
そういう流れとか空気とかを感じながら一緒に歩いていたから
平穏になりつつの今日、だから振り返ると確信できる・・・
本当に子供たちや大人たちに夢を与えてたんだなあって思うと
大野くんや嵐さんの存在は
選ばれし若者達なんでしょうね。。。


時間を作ってしっかり見ます☆彡

今、受験生のおね~ちゃんが受験と受験の間で
ノロウイルスになっちゃって点滴受けたりしてま~す。
忙しさの上に更に重なって更に・・・(涙)
だからゆっくり見れないっ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はかわって



少年倶楽部のLOVEコンの大野くん


ソロは何度リピったか(笑)
特にあの最後のくるくる足技!
一時停止してからずっとコマ送り。
どこで止まっても全てにおいて綺麗なのは何故????
踊ってるのにあのジャンプの高さは一体何モノ???
はあ~~~やっぱりかっこいいなあ

なんなんでしょうね。
私たちの好きな人は(笑)



はやく出ないかな~DVD。

それとアラフェスDVDも編集とかなんとかしなくていいからさ
さっさと出しちゃって~って言いたい。
地方組は諦めるしかないんだからっ。
各メンバーの考えた構成もレアモノだもの。

惜しまなくていいから勿体ぶらないで
編集しなくてもいいからそのままでいいから
DVD出して、売って
もっと記録をつくろ~☆ ジャニーさんよろしくっ♪



コメント・拍手 ありがとうございます(嬉)
返事を書きたいっと思うんだけど
一人しちゃうとみんなしたくなって・・・
で結果的に首をしめちゃうからごめんね。
勇気元気もらってます☆彡ありがとうです。


スポンサーサイト

嵐、見てはいます。
でもね
心がね
嵐から距離を置いてます。


ホント、大野さんだけ


でもその大野さんへの想いも…
今は激しかった火柱も消え、少しの炎もなくなり
でも炭火みたいな感じて
じわっとじっくりいつまでも〜そんな感じです。

それもこれも仕事をガッツリ始めたのが一番の理由。
疲れてるんでしょうね。
日々の生活でいろんなことを考えたりする余裕がない。
そしてこれ以上自分を疲れさせたくないから、
楽しむだけを重視して
癒されるだけに専念するようにしているのです。


なので、他メンバーについては
大野さんに絡んだところからさらにいいとこだけ取り。
マイナスはなーんにも気にしない。
そしたらますます楽〜に大野さんを見てれます(*^^*)


4年以上
軌跡を知りたくて知りたくて
更に夢や妄想、想像など架空の世界で楽しんでいた。
もうたくさん情報も取り入れ、形にも残してる。

だからそんな時間よりも
今は現実の時間が上回ったんだと思ってます。
あの頃はあまりにも好きすぎて、度がすぎて
疲れるだとか
他のメンバーが嫌になったりだとか
余計なことまでも首を突っ込みすぎたり考えすぎたり…。

でも今まで芸能人の誰かにハマることがなかったわたしにとって
いま振り返っても
そんな過ごしてきた時間は宝物です。
しかも嵐さんや大野さんと接触していた時間は
知らず知らずのうちにいいところを習得していたみたい。
だから自分がいい方に変化していました。

派遣先ではおもしろいことに
その時間が自分を変えてくれたんだなあと実感することが
多々あります。
白黒をはっきりしないんだろうなあと感じる女性正社員の
上司に対する意見や口調などを目の当たりにするたびに
特にそれを感じてる。
また飲み会でいろんな話を聞いてそれについて話して
きっと押し付けがましくなくいったからなのか
この間はカウンセラーしてたのか?って言われました(笑)
でもそれについては大野さんの考え方が
わたしの性格を大きく変えてくれたんだと思ってる。
二つ目の派遣先ではより女性の強い職場であり、
それをもっと感じます。まだ2週間も経ってないけど。
ここも3ヶ月なのでどうなるか楽しみたいですね。

そしてそういう自分の成長をこっそり楽しんでます。

そんな口調の強い女の人や人の間違いを指摘している人を見ていると
その度にぼんやり十年前のわたしに重なるんです。
あ~白黒はっきりさせないと嫌だったなあ。私。
みたいな。
それは潤くんが話してる内容を聞いて感じるのと同じかな(*^^*)


忙しいんだけれども
今の状況をわたしは楽しんでます。
手のかかっていた子育て時代を経て、今度はお金のかかる時期。
前会社を辞め、
派遣社員としていろんな特色のある場所でいろんなことを感じて、
新たな自分に成長していってる自分を面白がってる。

独身のOLにどんどん戻っているような気さえしている。
それにましてやっぱり実務経験と人生経験。
風貌は若い自分からしたら衰えているだろうけど
子育て真っ最中のTシャツとジーパン化粧っけなしじゃなく
ちゃんとしているし。
しかも今の職場は割と年齢が高くて
この間来年定年だから~って言ってた人は
40後半だと思ってたぐらいだから、人間なんとでもなるんだなと(笑)
派遣で二つの会社に勤務して
キモチというか・・・・
母として家の中としてではなく
一人の女として~な感じで自信を取り戻しているというか・・・
成長しているってことかな。


もちろん慣れてないことだらけで、
それなのに。そういうレッテルで
きっついことを年下に言われたりすることもある。
けれど、ムカって思わない。
そこ。そこなんですよね。
大野さんの影響っていうの・・・。
自分がすることを信じて、笑顔で返すと
「ごめんね。わたしが悪かったね」みたいな。
そのうち自分という人間が確立されていく。
それも大野さんから学んだこと。
マイナスに考えず、プラスプラスに考えてる。
常に大野さんだったらこうするだろうなとか
大野さんならもっと茨の道だっただろうなとか
そう思うとね、なんだか楽になってます。

全てにおいて
なにをするにも楽しむことという考えを持っている大野さんに
出会ったからなんだろうと確信してます。


いろんな職をしてきたけれど
振り返ると同じ種類だったんだなあと気づいた。
今の仕事も大まかにいえば同じ部類だから入ってきたもの。
あの時のいいかげんにしてた営業が
こんなにつながっていくんだなと
そう思うと不思議なご縁だなあと思ってます。
こういうのも大野さん言ってましたよね。
ああいうこともこういうことも
今の自分につながるものだったんだなあって思うって
たしか10周年の時に
自分よりもみんなが笑顔になったらいいとか言ってたときと
同じ本で言ってたような気がします。
えっとね、Hだったかその辺の本。


ほんと、そうなんでも置き換えれる今の自分があるのも
大野さんに出会ったからなんだろうなって(笑)


わたしって幸せ者です。
出会いに感謝。




号泣

もうすぐ
今日の日はさようならDVDがでますね☆彡


予約をしているのでもうすぐ見られるわけなんですが
どういうものだったか詳しく覚えてなくて
今、録画していたものを見ました。

全く覚えてなかった。。。
あの頃ジブンごとでも忙しい上に24時間TV
それにチャリTシャツ・・・
終わってからのダンス甲子園の子達とのコラボの
激リピの嵐。。。
私の中でかなりの飽和状態だったのかな。
もう何年も昔のような気がしてます。
あの時あの時間で実際にポロポロ泣いてたけど
それが私の大好きな大野さんが演じるドラマだからなのか
それ抜きで本当に感動して泣いたのかも
自分の中で判断できずにいました。
話の内容も明るいものでもないので何度も見たいとは思えなくて
すぐにDVD-Rに入れて保管ファイルに入れちゃったんだと思う。

今日引っ張り出して見ました。
自分の中でかなり大野さんに対しても冷静になれている今
話の細かいところを完全に思い出せない今
ほぼまっさらな状態で
どう思うんだろうと興味もアリ・・・な感じで(笑)


いや~号泣しました。
号泣というか嗚咽かな。
大好きな大野さんとかの私情の感情抜きとして
あのドラマはよかった。
あの家族は本当によかった。
あたりまえに生きるということへの感謝を改めて思い出させてもらいました。

私の記憶の中では暑かったあの夏でもたぶん同じことを感じてた。
だけど、時の流れにいつものようにその想いもいつもまにか風化して
いたんだという自分に気づかされました。

1年いや半年に一回でも
こうやって大野さんの作品を見ようかなって思って引っ張り出し
まだきっと出会えるであろう
そういう作品に
大野さんが関わってくれて
ほんと感謝です。
じゃないと、忙しい私はそういう名作を見る余裕がない。
だから出会わない。
最近のわたしは全てが大野さんが~の理由だけで出会うから。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大野さんに関わる作品については
いつも恵まれているなあと思ってマス。
う~~~んっ
恵まれた作品に出会うというより
恵まれた作品になっていくというか。。。
私の中では怪物くんがまさにそうでした。
最初はこっぴどく言われてるのに、初回、回が進むにつれ、大事に大事にされて、その場で終わらない・・・
長く長く愛されていく、どれもがそんなイメージで残ってます。

共感したいろんな考えや生き方をしている少数派の視聴者から始まり
それがどんどん増えていき
どんどん愛されていき
どんどんそれが膨らんでいくんですよね。

怪物くんはドラマから映画までに至るまでに
ちょうど震災とまたがった形となって
子供たちに大人たちに大きな夢や希望を与えていく
そういう時代に選ばれて生まれた作品に大きく大きく膨れていったのを
ファンだったわたしは目の当たりにすることができました。
そういうただ単に楽しむだけでなく
分析という形でも楽しめました。

映画での最後のクレジット?の協賛社の多いこと。いつまでも続いてた。
飛行機になったり、報道番組にまで出る・・・
日テレのスタッフさんにも最後まで愛され
日テレ以外の多くのテレビ会社にも。

私の中で
そんな素晴らしい名作として残ってます。


・・・・・・・・・・・・・・・


今日の日はさようなら

は、怪物くんよりも
静かな光を放ってますが
たまたま出会った人には
良作と残るものだろうなって思います。

家族の大切さ
命の大切さ
当たり前だと思っている日々の大切さ
生きることの意味

大野さんの存在のように
決して主張とかそういう強い輝きはないけれど
目にしたら、じわじわとそしていつまでも光が失せない。しかもその光は強い。
そういう物なんじゃないんだろうかと思います。



久しぶりに嗚咽まで~な涙を出しました。


あの4人の家族間のメイキング
入ってることを
楽しみに祈ってます☆彡


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コメント、拍手の中でのコメント
ありがとうございます。
ひとつひとつ読みかえさせてもらって
ありがとうと思ってマス。
でも、ひとつひとつ答えていると
わたしはまた飽和状態に陥ってしまうので
お返事は書かないでおきますね。

今、年末で契約が切れ
派遣社員として新しい職場でがんばりはじめました。
慣れないことだらけで大変です。

大変だけれども、若い時と違って職があるってありがたいことだなあと思いながら
ひとつひとつ前向きに頑張ってます。
それが自分磨きになると信じて。

昼休みにそっとコメントを読みながら鋭気をもらってます。

お返事欠かなくて悪いなあと思いつつも
でもごめんね。書かなくてもいつもありがとう。
と思いながら読み返してます。


ホントに本当にありがとう。。。

新年

あけましておめでとうございます。

今年も大野くん、大野くんに関わる人
貴女やわたしも
みんなみんなhappyな年でありますように。。。



更新しなくなったこの場所に
もしかしたら更新されているかもしれないと通ってくれた方
そして残してもらったコメントも感謝してます。


戻るのをきっぱりやめようかと決心してましたが
今、いろんなことでの心の整理がつき
大野さんに対しても嵐に対しても
以前より客観的に遠巻きで見れるようになったこと。
自分も同じような場所に
「もしかして・・・」でフラッと通っていることもあり
同じキモチでここに来られているんだろうなと想うこと。

そしてLOVEパンフで読んだ大野さんのコトバかな
なんだかずっと引っかかって・・・

恋愛観について
純粋に俺のことを見てくれてるのかなってところから始まっちゃう
というか本当に俺を好きなのか?実際は違うのか?
男女問わず・・・

(↑適当に抜粋してます)

そしてどこかでも読んだ記憶が残ってるようなないような
定かじゃないんだけど
同じようなことを読んでいてその場所には
恋愛観とかだけではなく
ただの大野ではなく、嵐の大野だから・・・
というキーワードが最近読んだわたしの頭のどっかに残っていて
もしかしたら仕事についても自分に集まる自分の周りについても
疑念というか不安というか素直に受け止めれないようなそうじゃないような
なんかよくわからない私のぼんやりとした勘・・・

わたしのただの憶測なんだけど
10周年からの大きな波が
少しだけ静まりつつあってるかないのかはわからないけれど
もしかしたらそういう悩みというか葛藤とかが
あったのかなあってるのかな???
安心ではなく不安なのかなとぼんやり感じたのかな。



もう多くの大野ファンがいる中で
わたしのブログひとつが消えちゃっても
別に何も変わらないだろうし
影響もないんじゃないかって思ってたんだけど
それでも小さな微々たる応援でもいいから
ここで細々と歩いていくことが種となりなんらかの形で
彼のためになるのかなとぼんやり感じたのかもしれない。

その大野さんのわたしに引っかかってしまったコトバが
手招きした感じです。




なので、たまに帰ってきますね。
本当にたまにですけど。。。


細々と無理なく歩いて行きたいと思ってます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



年明け早々大野くんがずっとテレビに映ってる
そんな幕開けで
大野ファンとしては嬉しい限り。
鍵屋スペシャルは
もうわわたしの中ではあの三人は鍵屋のキャラクターとして
完全に成立しているため
ただただ、話の展開を楽しめました。
作者の先生もよくもまああんな話を思いつくんだなと
ただただ、関心してました。
話や言葉は難しい。
だけれども、芯がブレないお三人さんのキャラクター
そして誰が犯人かっていうのが意外とすぐわかる
んだけれどもそのトリックがどうなんだそうなんだという
おもしろさ。ただそれだけに浸ってました。

大野さん扮する榎本さんについては
怪物くんと同様で
よくもまあああいうキャラを確立させたというか
生み出したなあとその基本となるトコロに
今だに驚くというか関心というか・・しますね。
もうその最初に作り出された榎本径が・・・歩いている。

終わり方もなんだか続編があるんだろうなと思いました。
ま、それでも全然構わない。
怪物くんは年齢が進むことは合わないだろうからもう
ピリオドだろうと思ってるけど
榎本径はずっとずっと続いていっても、
大野さんと同様に榎本さんも歳をとればいいので
原作者の先生が書くのをゆっくり待ってても大丈夫な作品だなと
2年の月日が経って戻ってきた榎本径を見ながら感じました。
どうなるかわからないけれど、それはそれでいいかもしれないと。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



年末年始でのテレビでの一番のわたしのお年玉。
それは嵐5人のババ抜きでの山でした。
あの翔さんの柔らかい笑顔。
大野さんの「あなたババを見すぎ」と話をする時の甘い表情。
大野さんとのアイコンタクト。
あれが一番のご馳走だった。

翔さんが特別に大スキなわけではなく
わたしの特別は大野さん。だから大スキなのは大野さん。。
なんだけど
大スキな大野さんから引き出された翔さんのあの優しい顔は
めちゃくちゃ大スキでめちゃくちゃ癒された。





なんだか一年が優しい気持ちで進みそうな予感です。。。




Powered by FC2 Blog