プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


hikouki

娘が修学旅行に行った時に乗った嵐☆飛行機。
福岡⇒東京(降りてすぐ)で撮ったそうです。
生徒は整列しなくちゃいけないトキだったので
先生に無理やり頼んだそうで・・・
母へのなによりのお土産になりました。
ちなみに撮ってくれた先生の名前はサトシ先生です(笑)

翌日、国際線のところで伊藤英明に会ったそうで・・。
握手してもらってかっこよかった~と話してました。


::::::::::::::::::::::::::::::


TVLIFE☆年間ドラマ大賞
鍵のかかった部屋 5冠達成♪


作品賞  
主題歌賞 
主演男優賞 おおのくん
助演男優賞 こういちさん
助演女優賞 えりかちゃん


主演女優賞と新人賞は鍵屋さんにはエントリーする人がいないから
該当するものには全て入っているんですね。すご~い。拍手☆彡

::::::::::::::::::::::::::::


■大野さんのコメント

この作品で思い出すのはとにかくセリフを覚えたこと。
明けても暮れてもせりふ、せりふの毎日。
しかも一生懸命覚えて撮影したところが
放送見たらナレーションベースになってたところもあって
「ええっ!!」って思った衝撃は今も忘れられません。

動きがあると覚えやすいが声のトーンや動きがないから
丸暗記するしかない。
動きどころか眼球まで動かさないでねと普通に言われてた。

クランクアップの時はセリフから開放されることがとても嬉しかった。
大変だったけど、あれだけのセリフを覚えられたことで自信になったというか
次どんな作品が来ても大丈夫だって思えるから感謝です。


~TVLIFE 2013.3.15号 No.6より抜粋+少し私の言葉でまとめてます~


■佐藤浩市さんの大野さんについてのコメントだけ抜粋

大野くんは他の仕事もあって特に大変そうでしたけども
そこはある種の覚悟をし、現場に立っている気がして。
傍目で見ながらも大したものだと感じました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


TVLIFE年間ドラマ大賞は
怪物くんも5冠(内容は鍵屋と一緒)
魔王は3冠・・(作品賞、主演男優賞、主題歌賞)
そして鍵のかかった部屋、5冠
大野さん主演男優賞は3作品目の受賞です♥

そしてなんとなくなんだけど。。。
それぞれのコメントの最後には続編なのか?ってコトバもあります。
まったく話がないのなら話す必要ないんじゃないかなあ~
大野さん以外はみんな・・もし続編があったら~前向きコトバ
大野さんは・・もし続編あったら~ちょっとだけ後ろ向きなのか・・・

わたしはどちらでもいいですね。
そのままエスケープでもいいし・・・
あるんだったら
う~ん、じゃあ玉木さんと友達になってて欲しいな
っていうかどうでもいいです。ほんと。
やってもやらなくても話がどんな風に転んでも
楽しめるだろうって思ってます。

でも、それもいいんですけど別に
大野さんに人間で・・・
違う役柄で思いっきり感情を出させてください。
そうだなあ~・・・
泣きたい。
心がキュンとなるようなせつない気持ちになりたい。
そろそろ準備が出来ました。渇望・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それはそうと、最近鍵屋の感想を見ました。
さらっと前から見てましたけど。
男性で嵐のではなく
根っからのドラマファンだろうなって方が投稿されています。
多分鍵屋が始まった頃はファンとアンチ投稿がほとんど占めてた。
だけど、あるときから客層(?)が変わりました。
智ファンだろうっていう意見も減りました。
投稿される文章力が質が高いというか・・・
わたしも投稿するのは控えて見るだけでした。
もう一年も経つのに・・・今だに続いてます。
数多くの作品や俳優さんがいる中
一般のドラマファンに純粋に愛された作品になったんだなあと思うと
大野さん担当として嬉しいし誇らしいです。

本当におめでとう~でしたっ!





スポンサーサイト
その時も今も深くは考えてもいないし
おもしろかった~☆で終わってますけどね。



松潤の冒頭でのMMDA発言に「?」。
ん・・・そうだっけ?
一瞬時が止まった。

大野さん、しれ~~~っとすご~~~く
成績にこだわる人だなあって最近より一層感じてたから。


いつものむちゃぶりなのか
台本なのか(だったら松潤お気の毒です)
こちら側はまったくわからないけど・・・
担当だから甘いのか?わたしの記憶では
大野さんのミスはあまりなかったような・・・
松本さん曰く人のせいにするのも
筋が通っている上の場を盛り上げるためで
それが番組が楽しくなるためじゃ・・・
あれ?・・・ちがった・・・け・・・?
はりせんぼんの春奈の時だって
正月のクラフクライムの時だって
他にもいろいろ
キレキャラにしても無茶ブリにしても
筋が通らないことを大野さんが言ってた記憶はなかったんで。
(気づかないのが甘いのかもしれないけど)
それに結構縁の下の力持ち的なことはじみ~にやってたと思うな。
上がったハードルでこまったチームを引き上げる地味なこと
例え結果が他のひとがさらってしまうことになったとしても

まあね、実際数字もわかんないし
そこをスタッフから突かれることになるんだったらそうなるだろうし
お仕事だから誰かヤな役目しなきゃいけないだろうけど
だったらどうすりゃ番組がおもしろくなるんじゃいってさじ投げたくなるわ
わたしだったら・・・。はい。

ま、いいけど・・・。
損な役回りはいつものことだし。昔に比べりゃ~・・・。


過去にもなんにも悪くない時だっていつかはMDAにならされてたし
寝てましたか~とかの時だってその場を盛り上げるためコントを続けてたし
怒るときだってドS番長の無茶ぶり発言に
結局は大野さんや他メンがやらなきゃいけないパターン
とかじゃなかったかなあ~記憶はうすいけど
自分のみのハードルアゲというよりも
巻き込んでのまたは他メンのハードルアゲのような。。。
松本さんにはそういうのが目についた記憶があります。
あいまいですけどね。
だからなんとなく・・・理不尽感が。。。
(まあ、喋らない率はダントツでそこを言われたらもっともこうもありません)

そう思うのは甘甘な大野担だから?
松本さんや他の担当さんに聞いてみたいな。
わたしにはいつだったかカゴを投げ捨てた松本さんに
ス、スタッフさんに失礼じゃ・・・とかのイメージの方が。。。
私の中では数字だけじゃなくて全体的に誰?
って言ったら松本さんだったものもあるのかも(笑)
(今回はよくわからないけど、前回は私の中では松本さんだったから)



いいなあ~。それも末っ子のわがままで済まされるんだろうな。
4人が同じことをしてもそうはいかないような・・・
うらやましい(笑)
わたしも末っ子なので末っ子の立場に感謝しとこ~☆

でも、でも・・・
もしかしてそういう最初からのシナリオどおりの展開だったとしたら
松本さんちょっと損だったかな・・・


::::::::::::::


でもその発言のおかげでドラマチックな展開が見られ大満足な回だった。

まず「俺結果は出してると思うけど」という男前発言を導き出し
それにかっこいい~と賛同するメンバー愛が見れ
翔さんがそのあと
ずっとず~っと夫を建てる妻になってくれた感じがして
あちらこちらに大野さんよいしょ発言とフォロー発言を
もらえてたように感じて心地よかった♪
コロコロも更にハードル上げてもらったおかげで
本気の大野さんに切り替わったし
(そこが潤くんには納得いかないのかな・・そんなことせずとも本気になれと)
おかげですっごく面白い展開になったし
あの流れ、やっぱり大野さん何かもってるんだなっていうのも感じられた。
そばに来ての相葉さん、翔さんの応援もめちゃかわいかったし。。。
ニノちゃんはすっごく気を使うような伺うような・・・にも見えたな~。
(わたしが勝手にニノはリーダーが好きと勝手に思いこんでるから大野さんより顔にでてたような・・笑)
松本さんはいつもと変わりなくだったから
発言には自信をもってたんじゃないかな・・とは思わないでもないけど(笑)。


最終的には大野さんはあの展開に懐がでかいとか
やっぱり結果を出せる人ってことが証明されることになって
おまけに嵐愛もたっぷり満喫されることになって
私的にも大野さん的にも全然結果オ~ライになった感はして
それもこれも潤くん発言のおかげでだと思って感謝なんだけど・・・。


それよりも・・・松本さん、
大丈夫かな~って感じました。はい。
昔、潤くん好きだったんだけどそういうとこだったんだ~
わたしが潤くん担じゃなくなり嵐に一旦興味がなくなったきっかけって・・・。
バラでの数々の「ん?」発言だったんだ。


それに今回、大野担のわたしでなく
純真無垢な小学2年の娘もちょいとぼやいてたから(笑)
松潤の言ってることおかしくない?って。


大野さんうんぬんよりも松本さんがちょいと心配になりました。
だって昔好きだった人だったから・・・気になります。(笑)




ニノさん

ニノ初MCおめでと~~~☆彡
わたし、二宮さんは企画力や発想や頭の回転が早いだろうなと
だからこそデレクター力やMC力が秀でているだろうなあって
ずっとずっと思っていたので一人で持つってことは
その二つができるってことですよね?なんだか嬉しかった。
プレッシャーや成果があの細い肩にかかっちゃうってことになるけれど
彼の本領発揮ってことになるんじゃないだろうか・・・。
いつも誰かを盛り上げるために
自分を犠牲にしているんじゃなかろうかというぐらいの
鋭いツッコミ。
それが一般に受け入れられるか否かはわからないだろうぐらいの
ツッコミ具合を見るたびに
『嵐の誰かをいじめるなら、慣れている自分がそれは引き受ける』
そういうようなことを語っていた彼の言葉を思い出していた。

バラエティがやりたい。持ちたい。・・・と
ニノの口からもひみつの嵐ちゃん内で言ってたし
大野さんと同じくそういうことを絶対自分から言わない人と思っていたから
翔さんの4月からの新しい番組が始まることを知ったとき
ニノの顔がでてきちゃったんだけど、今回の話・・・
すっごくよかったねって思いました。

そして、12月の雑誌(ラストホープもあって)
で30歳という節目を迎えた相葉ちゃんのインタビューで話していた
大野さんの話とかのあとでの・・・
やっぱり大変だったと思うんだよね。リーダーも翔ちゃんも。
これからもそうだと思うけど、
いつも先頭を切っていろんなことをやってかなきゃいけないし
翔さんや大野さん・・・
~TVガイドPERSON vol.4より抜粋~

とか言ってたのを思い出しました。
それとこれがつながって話してたかどうかはわからないけど(笑)


今回、翔さんが
ひみつの嵐ちゃん(5人という枠)から最初に飛び出たわけで
ゴゴイチが好きさんや他担当さんからの嫉妬とかを
彼が一身に受けてかわいそうだなあ~と思っていたんだけど
(お産も子育ても最初ってのは大変さが大きい・・)
翔さんのおかげで和らいで、ニノMCの冠番組の受け入れ方が
やっぱり・・かな・・・柔らかく感じてます。
そういう意味で彼ら一線に並んでいるようだけど
山のお兄さんたちが風の弟たちに
慕われている関係はいまだ変わらないんだろうなと
嵐の仲の良さというか上下の関係というか
そういうのが見えてきます。



5人の枠の中だからこその鋭いツッコミが冴えるニノが
一人羽ばたいていく。
うるうるした目の濡れたワンコに見える二宮さん。
5匹だったからこそ、内弁慶みたいな感じな態度だったのが
1匹だけ引き取られて行っちゃった。
でも持ち前の甘え上手、だけど一人がいいとちょっとひねくれものに
なりはしないのかとちょっと心配・・・笑
いやいや、大丈夫。かわいがられることになるはず♪


そして、櫻井さんと一緒。
壁にぶつかっても温かい4人がいるHomeが待ってるから。。


もうすぐ15周年。
嵐の進むべく道も変わらないといけないトキがきたんでしょう。
だからこその変革・・・
きっとその方向性はずっと前に計画されていたのでしょう。
今となっては24Hテレビでファンと自分たちに向けた
リーダー大野さんのコトバが核となっていくことになるんだ・・・
と、すごく力強く感じられてきました。

僕ら、嵐の未来。
松潤、相葉ちゃん、翔ちゃん、ニノ
どんな時でも笑っていよう
何があっても5人で乗り越えよう
そしてこの先の未来も
ずっと5人でいよう     By大野



:::::::::::::::::::::::


わたしは大野さんの最近のお仕事の様子やラジオでの近況
それとオンエアよりちょっと前(収録)の彼の姿を見つつ
期限あっての?時間を有効に使っての制作活動も
ようやくできるようになり喜んでいます。
今の充電期間がそう長くは続かないだろうけれど
だからこそ、時間を有効に使っているんだろうなあって思ってます。
忙しい人こそ時間の使い方が上手い。。。みたいな。
水面下ではきっと先のスケジュールがびっしり詰まっているんだけれども
どうしてもずっと止まざるを得なかった
しかしその期間でのいろんな出会いによって湧き上がる制作への想い・・・

制作活動ができないものの
仕事と同時に彼はいろんなものを吸収できることになっていた。
そういう期間に
彼の財産となるようにしてもらっていた周りの環境に
すごく愛されている人なんだろうなあと思うたびに感謝しています。

ようやく制作が出来る今。
だけど、今もなお彼は目標設定を定めて
自分に厳しく動いているように感じてます。
なぜかっていうと、ドラマが終わっても大野さんがぽっちゃりならない。
シャープなままの体型やふっくらならないお顔を
維持している大野さんを見るたびに
ドラマがそこに待っているように感じています。わたしはですけど(笑)



きっと大野担は水面下は見えないけど
今はそんなキモチなんじゃないのかな・・・。

翔さんやニノの新しい船出を各担当さんと同じキモチで
楽しみにして、応援したいと思ってます。

そして
大野さんの嬉しい話が飛び込んでくるまで
いい子で待ってます☆彡



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

せっかくだから相葉ちゃんのその時のことばで
ここのエントリーには関係ないけど
素敵なことを言ってたのでついでに載せておきます。
「いろんな思いを背負ってるからね。
グループで動くときはそれを
”やる、やらない”その判断が慎重にならざるを得ない。
でもそれはみんな同じだと思う。
だから、個人で活動するときは
はっちゃけることもあるだろうしチャレンジもできて。
5人それぞれ個人的にはいろんなやりたいこともあるかもしれないけど
今は目の前にあるひとつひとつのお仕事を
がんばってこうよって言い合ってる。
で、その時のベストを尽くして結果を出し続けていく。
それがまた僕たちの新しいスタートになっていくんじゃないかな」 By相葉


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




あったりまえですが。。。
どの担当さんもそうでしょう。。。けど

わたしは大野さんが好きって言ってくれる芸能人は
無条件に気になったり好きになったりしていきます。
でも、それは今の人気ある嵐に媚びて言っている人か
それとも本当に好きかどうかということは
人生をある程度歩いてきているわたしという厳選な目が
ほんとか~と様子を観察してしまいます。
今回のVS嵐でのスリムクラブの内間さん
先にネット上で智担だということを知りました。ほぅ~
それで厳選なチェックが入った今回のVS嵐。
その結果、彼はわたしと同じ仲間だ~って(笑)
判定しました(拍手)☆彡
いやいや、判断もなにも最初っから
『内間は智担と公言・・・』という文字にかなり押されましたけどね。
ともかく
わたしの脳内に身内感としてインプットされました。
ついでに真栄田さんも。好印象。

わたしはあまりテレビを見ない人なのでこの人たちのネタとか
正直全くしりません。あ、名前も初めて覚えた。
ただ、顔は知ってた。
けれど、これからは贔屓目で見ることになりそうです。

智担を公言してくれる人。大好きです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうことで・・・


2013.5.10のVSを見ました。
わたしバッサリ編集しててたった7分しか・・・ない。
MDAは大野さん
理由は特に誰が悪いって該当する人がいなく
スリムクラブにあえて言うなら誰?と聞かれ
「話すこともなく接点がなかったという理由から大野さん」
と、真栄田さん。
で、自分でも指差し(納得?)で落ちた大野さん
最後に「スラムクラブもういいわ~」で終わってました。
あまりの短い編集にここでは内間さんの様子や目線は全くわからなかった。
大野さん視点でしか編集しないから話してないなら
尚のこと、バッサリでした。はい。
だからこの日の分でのわたしの内間さん大野さん本気度の分析は不可能。



2013.02.14のVSでの検証・・・
内間さんが本当に大野さんのことが
ガチで好きなんだろうなって感じたのは
メンバーが大野さんを
なんとなく包囲網の中に入れてるように感じたのと
内間さんの顔が本当に赤くなってたり
ドキドキしてそうな表情のバンクボウリングの時と
ローリングコインタワーの時にチラ見してた時。
あれって番協さんたちがスタッフさんにテレビに映るから
贔屓のメンバーだけを見ないでねって言われているけど
ちょっとだけならいいよねってチラッて見る目だった。
なんとなく本当にわたしと同じ匂いを感じ親近感もちました。
そしてそれをよ~くわかっての
真栄田さんの大野さんとの絡ませるためのフリと
そして「ふざけんなよ」って言われたあとの
傷心の内間さん(色が白いから本当に正直に顔に出る)
へのフォローがなんとも優しくて素なんだろうなあって感じた。


しかしまあ
今回よ~く感じたのが、
大野さんガチ好きさんが来たときのメンバーの包囲網。
・・・に笑った。
編集してるときに感じたのが内間さんのそばになるべく座らさない。
だれかが常に隣にいるとか・・・。
一回ぐらい隣に座らせて話すぐらいさせてあげればいいのにって。
最初の敏腕マネージャーといい
ニノのオーラでの無の圧力とするどい目線とか
逆に大野さん、仲良く喋ったらメンバーがヤキモチ焼くから
そうしないみたいな・・・それでいいでしょ・・・
的な内間さんへのSな態度??
「ふざけんなよ」と「あなたが一番ひどかった」の
身内とそうでない人への使い分けとか(笑)

プラス、本当に全員に守られているみたいで
そして彼もその守られることにまんざらでもないようだし
なんだか大野さんがまるで姫に見えた。


あんなに至近距離なのに
見えない大きな壁が内間さんに立ちはだかって
すごく同情してしまいそうだった。
ほんと~に好きなんだろうな~
内間さんも強引に行けないとことか
メンバーの無言の包囲網を見つつ
なんであんなに
大事にされる・・・愛される人なんだろう・・・って
不思議だったなあ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


グループの数だけ個性的なリーダーがいる
実はじゃんけんで決まったという大野は
仕切っているイメージこそないが
実力の面では誰もが一目置く才能豊かな縁者だ。


目に見えて引っ張っていってる様子はないものの
みんなが「リーダー!」と嬉々として
声をかける、それが大野。
あからさまにリーダーぶらずとも
実力を誇示せずとも、人はついてくるもの。
というか、ただ単に一緒にいたくなる存在なのだ。


オリスタ 2013.02.25より



なんとなくなんだけど、
大野さんに気づきファンになってしまう外部の人と
リーダーは僕たちだけのものみたいな外部を寄せつけない感じ
がなんとなくリンクしたので載せておきます。


あ~おもしろかった♪

じぶんごと

最近のわたしは生活改善しています。


底なし沼にはまり続けながら
大野さんという風景を一生懸命に見る・・・のではく
ようやく、そこなし沼の縁に腰を落ち着けながら
ゆっくり大野さん、嵐さんという風景を
眺めれるようになった感じです。
切羽詰らなくてよくなったために楽になりました。

3年半。。。


慢性的に寝不足でした。
子育て放棄、妻怠慢、家事怠慢・・・
してなかった。。。とは、断言できません。
(ひととおりちゃんとはしてたけど、
 納得かと言われれば自己評価は悪いです)

ただ、自分の生き方については
大きくいい方向に変化したということについては間違いはない。
これは断言できます。
家庭の要としてのひまわり(自分で言うか~ですけどね)が
常に太陽を向いていれるようになっていたということ・・・
それについては間違いないと思ってる。


だから・・・
結果的に出会うことができて・・・
かなりよかった☆彡です。



・・・・・・・・・・・・・・


最近、食器洗浄機が壊れてしまいました。
私の大野さんの時間を作るのに大きく貢献してくれたもののひとつ。
子供も大きくなり手をかけなくてよくなったのもあり
もう買い換えず使わないと決めました。はい。
昨日粗大ゴミとして市のゴミ処理場に持って行きました。
もちろん大きく貢献してくれていたモノだったので
その分の時間はかかることになります。
でも自分の手でキレイになるキッチンを見るとすっきりした。
キレイにしようと思えばどこまでも続く・・・
料理だって、掃除だってそう・・・でも、それが家事。
「どこまでするか」っていうのは
その人それぞれのものさしであってきりがない。

おうちごとへの自己評価が数ヶ月前より
随分上がったと思うような私・・・
それにも慣れることができました。


それはきっと
大野さんの時間を作るためにガサツに用を済ましていた
ということから
大野さんの時間はわたしの時間の余裕の部分の一息に変化したからかな。


ようやく、ずっと自分でわかってた大野さんに出会ってからの
自分に甘いダメな私を
やっと、やっと、変えることができるようになりました。
なので、一番の病気=パソコン中毒がやっと完治した。
もう開かない日があっても大丈夫になれたんです。
寝不足についても、結局動画を見るため、WEB散歩をしたいがために
どうしてもやめられず・・・
これも0時には寝る。。。を心がけるようになりました。
すると、慢性じんましんだったのが気がつけば治ってました(笑)

アル中だた人間がお酒をたしなんで飲めるようになった。。。みたいな
この例え・・・おかしいかな~


ははは。。。
馬鹿だったなあ~
でも、楽しかった~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近驚いたのが
仕事の昼休みで時間がある時に
大野さん好きさんたちのブログ散歩をしようと
「大野智 ブログ」で検索してみると
わたしのブログが上の方に来てしまっていることにギョッとしました。
わたしが好きで通っているブログさんたちと並んでいる。。。汗
なぜだ?エントリーも減らしたし
カウントだってそんなに前と変わることないのに
正直、これについては下がってますように・・・
と恐る恐る見るたびにどうしようと思ってる。

数多くの智ブログの中の一つのブログ
...で、よかった。
...が、よかった。

ご縁があった人だけがなんとなく入ってこられる出会いだったらいいなと
思っていて続けいたのに、こんなに前に来てしまうと
なんだろう・・・だけでのポチッの確立が高くなってしまう・・・
正直、自分の気持ちを一方的に綴っているだけでコメント欄も閉鎖しているし
大野さんのこともなにも知らないのに・・・
わたしなんかよりたくさん素敵なブログがあるというのに
なんで、こんなとこに・・・困ったなあ・・・
検索15ページぐらいのところにひっそりいて欲しかった。
気が楽だった。。。


一番最初はこのタイトルで子育てのHPを作ってた。
2004年ぐらいだったかな~
そのあと違うところでblogへ移行して
あの時はどうやったら検索エンジンにかかるかとか思ってたのになあ。
今となっては・・・皮肉なものです。



でも、しょうがない・・・のかな

大した場所ではないということが分かり
再度来る人が減っていくことを気長に思いつつ...
私がやめないんであれば
自分は自分のこのままのペースでやればいいのかな・・・
とあまり考えないようにはしてます。

そんでもって、あ~今まで以上に
本音はオブラートに包みデリケートにしなきゃいけないんだろうなと
キモチ的に窮屈だなあ~って思いました。


ただ、これって・・・
宿題くんとかのおバカさんやってる過去の嵐くんたちを見ながら
今じゃ、いくらファンが昔の嵐を求めようともできないだろうなと
思うのとリンクしてしまって
嵐さんも同じだったんだろううなって
ちょっとだけキモチがわかるような気がしてます。



下がれ~ 下がれ~  







わたし、大野さんのそんな顔や表情が好きです。。。(笑)


VSで言えば、グットタイミングでのくしゃみの大野さん。
(出したよ・・・で、なに? ← みたいな感じの無の顔)
そして自然なものは出さなきゃ。ってごめんじゃなく言いきった。。。

長瀬くんの大野智がコワイっていう説明を聞いているときも
関ジャニのときに
「なんでそんな真顔で見れるん?」と言われてた声が聞こえてきそうだった。

そういえば多々あるよなあ~大野さんのそんな表情。
きっと大野担だったら、たくさん思いつくんじゃないのかな。
わたしは思考能力が弱っているのでここでやめますけど♪

しかし、他の芸能人が同じことしてたっけ?と言えば思い当たらないっ。
やってるかもしれないけど・・・
というか一歩間違えば見てて(  ̄っ ̄)ムゥ~な態度だもん。
やる方はリスクを考えてしまうはず。芸人ならともかくアイドルなんだから。
だからこそ成立させてしまっているというころっていうことがおもしろい。
そこがいいんだ。特別感・・・だから好きなんだ。
そういう腹の座った・・・
人気とか心配して媚びるような態度を見せないとこ。
ああいう商売している人の私の
「・・・だろうな」的な固定概念を崩される。
そしてそういう言動は今に始まったことではなくて・・・
翔くんが話してたJrの時に鼻ガンガンほじって客席見せてた話とか。
過去の映像を見ていてもあ~変わらないんだ。この人
・・・と思うことが多くて。点と点が線になっていく。
他の人がすると、角がたったり、鼻にかけたように見えてしまうけど
大野智だからそう感じない。きっとずっと貫いたからこそ
一般的に大野智って人という人物像が確立されたことだろうけど。
反対意見もあるだろうけど、結局大野さんが好きっていう人は
彼のそういうところが好きの一つなんじゃないかと思ってます。


ダンスだって演技だってそうなんじゃないのかな。
自分だけかっこよく魅せたい、目立ちたいというとこよりも
その場の色に溶け込む、逆に引き立て役になることが
彼の美学だと考えていることなのかな・・・
とファンの私からしたらモヤモヤさせられるそういうところが
彼を応援していかなきゃ、埋もれた才能を教えてあげなきゃと
思ってしまう心理になるのかも。


彼の今の一般的に受け取られている彼という人物像と
ブレないそういう態度が
点と点が線になっていって更に確立され
結果、他の人がしたらNGなことがまかり通っている。
だから、くしゃみの一連の流れ(一番印象に残ってる・笑)
が全部消されてもしょうがないところなのに
オンエア(採用)されたってこと・・・。すごいことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここからは私の近況をダラダラと・・・





今日少年倶楽部のスピンオフで歌ってたWISH。
見たとき、この間見てた黄色い涙の頃だろうなあ~って思った。
act+ の嵐の次のページに僕の妹に恋をする潤くんがいたから
松本さんは今風なかっこいいまんまだったけど
(現代風の高校生役だったから)
他4人は・・・・ねえ~って感じ。(昭和40年ぐらいの匂いがプンプン)
当時、わたしはというと
松本さん好きから玉木宏に移行しているころだった。
一度、嵐が嫌いになった頃かもしれない。
きみぺやごくせんで松潤が好きで花男に続いて↑いってたんだけど
そのあとに見てた歌番組の役じゃない潤くんに、ん?と感じたのかな。
何があったかといえば覚えてないけど、
その頃見てた嵐というグループの空気が嫌いだった。
大野さん?かどうかわからないけど
誰かに対しての刺のある言葉が飛び交ったからかな?
後に今動画とかを見てなんとなくここかなって思った・・・
嵐じゃなかったらリーダーと友達にならなかったとか
まごまごで反省したと言って謝るものの上から目線だったときかな。
あの頃の私は松本さん中心の嵐でしか見てなかったから。
きっとよくファンの間で言われている松潤の反抗期・・・
なときだったかもしれない。

私自体があまりキツイ言葉を耳にするのが好きじゃないし
体育会系な旦那さんに先輩後輩をしっかり植えつけられてたから
どうしても歳上の人を敬うという根本的なところがあったからなのかダメで
歳上の人には敬語じゃないとどうも気になってしまう性分なので。
嵐さんから完全にバイバイした。その頃かな。
ま、最近になって
やっといじられることがおいしい役どころ・・・
ということに慣れてはきたんだけど
それに多分今のいじられると
あの頃のいじられるは全然違ってたとは思ってるけど(笑)
(そういうのを感じるたびに長く応援している先輩ファンはすごいと思ってる)
だって10周年の時と今とでも違うって感じてるから・・・。
ま、想像です。

そんなことを思い出しながら
でも、最近の黄色い涙を見てあの頃の役を演じてた嵐さんたちだったから
今までと違う感じ愛着わいた感じで見ました。
(それくらい私に響いたんです。黄色い涙にしてもピカンチにしても
イケてない嵐さんがそういう作品を残してくれそれが見れたことに
感動だったんです・・・そう、今じゃもう聞けないあの頃の嵐の曲みたいな)
こういう作品を選んだという彼らや事務所の方針については
アイドルはキラキラ☆彡なイメージなので斬新といえば斬新。
きっと先見の目があったのかどうかはわからないけど
今となっては素晴らしい作品ありがとうってかんじです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


玉木くんと言えば・・・
最近のだめカンタービレを見返してます。
いや~~~彼にはまってたなあ~と懐かしく見てます。
顔もスタイルも声も演技も。正真正銘の俳優さんって感じで。
瑛太も小出くん、向井くんも
魔王の女刑事(美佐ちゃん)やエリーゼに吉瀬美智子
最近ピカンチも見たから水川あさみちゃんも愛着ありだったし
いや~たくさん出てた☆彡
玉木宏好きになって松潤♥は終止符を打ったな~と思い出しました。
潤くんで友達に誘われまでしたけどファンクラブに入るとか考えもしなかったけど玉木くんはかなり悩んだ覚えがある。結局入らなかったけど。

その頃の私と嵐はともかく、大野さんとのご縁に関しては
皆無だったんだなあ~と改めて納得してる今日この頃です。

そしてそんな玉木くんと現在大好きな大野さんが
鍵部屋最終回硝子のハンマーで一騎打ち・・
わたしにとって最高のコラボシーンだったんだって
改めて感動してました。


最近いろんなものを見直してます。
ドラマ怪物くんも新鮮な気持ちで見たし
ピカンチもピカ☆☆ンチも黄色い涙も歌のお兄さんも最後の約束も。
大野さん絡みでないドラマも映画も見れるようになりました。
今まで見る余裕なかったから・・。
それに大野さん作品だって
あまりにもたくさん急ぎ足で詰め込みすぎているので
まだまだじっくり見れてないものがたくさんあります。
魔王もその一つ。
わたしにとって魔王はまだ時期が来てないような気がしてます。
(何度も見てはいるし、今でも見返してる。んだけど、まだ今じゃない)
今は余裕は出来たとは言えまだまだ・・・なので
無理せずそのトキが来るのを待ちます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あらしちゃんでの発見

あかちゃん人形をなにげに扱う大野さんを見て
かなり赤ちゃん慣れしてる人なんだと思い驚きました。
抱っこひもでの手を添える様子や顔を動かす様子
なによりも膝に置いて何かをしたり、話したりするときに
首の座ってない赤ちゃんへの慣れてるからこそ出る
自然と支える動作を見ててそう思いました。
ま、おねえちゃんも青木さんの奥さんの頃に結婚されてたし
実家に住んでたならば接する機会あっただろうし
いや、もしかしたらそこらへんの育児してないお父さんよりも
慣れてたように感じました。好きなんだろうな、きっと。
しかし、リアルに松本さんが慣れていないことに笑えました。
人の子は壊れそうで怖くてどうしていいかわからないって言うのが
普通の独身男性であり(いや女の人も慣れてないとそう)
だから松本さんが普通だと思う。
でも、その温度差がおかしかったです。はい。



マリさんの時のお母さんの話
大野さんのお母さんがどういう人なのかっていうことに
興味がすっごく湧いていたので話が出て嬉しかった。
雑誌 Hanako(2013.2.14)で話してました。

どことなくウチの母ちゃんと雰囲気が似てて接しやすかったね。
雰囲気、特に顔の雰囲気とかかな。
ウチの母ちゃん、夏木さんみたいな感じです!
と。
 インタビュアさん
「ほんわかした雰囲気の方だと・・・」
いや、そうでもないのよ(笑)。
洋楽が好きで、くせっ毛で、ちょっとロックな感じ?
母ちゃん母ちゃんしてなくて、ざっくばらんにいろんなこと話せる感じ。
姉ちゃんは違うね。
どっちかっていうと、静かな感じ。
ウチは母ちゃんがいちばんパッとしてて、姉ちゃんがおとなしくて
母ちゃんと姉ちゃんのあいだに、僕と父ちゃんがいるってことだね。
だから大野家の中心人物はって聞かれたらやっぱり母ちゃんなのかな(笑)



こんな情報の収穫ができるなんてマリさん出てくれてありがとう。
そしてマリさん、わたしは里見八犬伝、たしか妖怪役。
からずっと好きです。コワイ役が多いけど、ずっと美しいし大好きな女優さんです。
大野さんのお母さんに似てるって息子が言うんならさらに好きになりました。



Powered by FC2 Blog