プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


MEN OF THE YEAR 2011

JQ JAPAN
MEN OF THE YEAR 2011

おめでとう~~☆

さとしっくとしてはとても嬉しいお話です。

坂本龍一さん
ダルビッシュ有さん
佐々木則夫さん(サッカー日本女子代表監督)
田中良和さん(グリーの代表取締役社長)
そして
大野智さん・・・!

::::::::::::::::::::::::::::

ある意味「必要」以上に謙遜するが
歌やダンスは嵐、いやジャニーズタレントの中でも随一。
さらには現代アートの巨匠とも交流があり
彼らがその芸術センスを絶賛する。
知れば知るほどこの男、天才なのか----?

      *

「特にやりたいことはない。与えられた仕事をやるだけ」
微笑みながらこの言葉は
「やれといわれれば何でもがんばりますよ」
の裏返しにも聞こえた。
自信があるのに必要以上にアピールもしない。
まさに”不言実行”を体現しているのではないだろうか。

冒頭で天才と評したが彼は才能という言葉を嫌う。
そして
「没頭できること、続けることこそが本当の才能」
とも話している。
それであれば、やはり大野智はアイドルの枠を超えた
とてつもない才能をもっているのではないか----。


~ JQ JAPAN No.105 2012.2月号 記者さんより抜粋 ~



::::::::::::::::::::::::::::



私のブログの2011年のの締めくくりとしては
最適なお話です♪

大野さん・・・がんばってましたね。


昨日年末年始の録画のため
お誕生日=怪物公開の数々のPR活動などなど
すべてDVDやBDへ移し
HDDは削除し容量を減らしつつ
いろんなところの大掃除をこそこそとやっておりました。


1つ1つがその時はとても新鮮なのに
12月の上旬でさえもうすでになつかしいと思えて見てます。


それだけサトシゴト、ワタシゴトが忙しかったんでしょう。


FNSの彼らの歌っている姿を見つつ
頑張ってるし、野っぱらに放り出されたような音響なのに
やっぱりうまいよ~これ。。。。
と、もう沈静化している周りの様子、整理された自分のキモチ
あらためて冷静に見てもそう感じました。

かれらにとっては最初から笑い話で終わってることだろうなって

今もなおどんどんといろんな話が進んでいく中で
ファンだって着いて行くのが大変なのに
しかもかれらの親交の深い仕事仲間なんだから
何事もなく
前へ前へ進んで行っていたんでしょう。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

怪物くんの秘話

Q.今年一番のHAPPYだったことは?

いっぱありますけどね。
まあ今年で言ったら基本今年一年怪物くんだったので
映画が無事に公開されたことですね。

     *

連続ドラマから僕の中でずっと続いていたんですね。
その間いろんなスタッフの皆さん、共演者の皆さんに
お世話になって全て協力していただいて

公開した僕の誕生日ですごい感じで・・・・

泣いちゃいましたね。
もう・・なんか、ヒック、ヒック言いながら・・・笑



スタッフや共演者の方への感謝から男泣きした話をしてくれました。



~ 今朝のスッキリより ~


::::::::::::::::::::


年末にこんなステキな話が聞けるなんて・・・すっごく嬉しかったです。

実は昨日MEN OF THE YEAR 2011の話で
今年を締めくくろうと思っていましたが文がまとまらず
明日にしようと思って寝ました。
そしたらこんなステキなお話が大野さんの口から出てきているのを見れて
ラッキーでした☆

きっといろんなお仕事をひとつひとつクリアしていくしかないぐらい
いろんなことを考える余裕などないくらい
ものすごいスケジュールをこなしていると思っています。
普通の人間ならばキ~~~ッとなるかもしれない。
(わたしならなってます)
けれど、その中でもこうやってひとつひとつ何事も楽しく・・・
そういう彼の根本的にある考えや仕事に真摯に向き合う姿勢をもが
回りの人間のキモチをもそうさせるんでしょうね。。。


本当にあったかいキモチになれました。
そしてやる気も出てきました~☆
ということで、年賀状と大掃除をまた再開します。
年賀状の表書きは筆ペンでちゃんと書いてるんです。
携帯が当たり前になった今・・・
旦那さんの仕事の人とかわからないんでずっとそうしてます。
裏は印刷まで完了したので今から表とコメントです~♪
大掃除は12月に入ってからボチボチとやっていたので
あとは冷蔵庫の中と壁天井廊下を拭くこととカーテンを洗うことかな。
あっ、忘れてた・・・30日は実家の大掃除とお餅つきだった。
大晦日もお正月のお客さんの料理作りや紅白。。。
三が日も来客+アラシゴトがあるので
エントリーはゆっくりなってからにしますね。



では・・・よいお年をお迎え下さいませ☆



スポンサーサイト

Mステ

なんだか安心して見れました。
やっぱりこういう音楽番組っていうのは何も考えないで見たいもの。
そして終わった後にはよかった~☆が残って欲しいもの。

特に年末のスペシャルは
日常では名のごとく(師走)せわしいけれど
夜はこうやって音楽の祭典を聞きながらゆったりとし
1年がもう終わろうとしているんだなあ~と
今年の歌や過去の歌と共に
振り返るような時間であってほしい・・・っていうのがホンネ☆


あたりまえのことだけど・・・今回の年末に
公共のお仕事だから、多くの目に映るものだから
全国へ発信する側の裏方の細心の注意が必要とされる仕事と
パフォーマンスする側の・・・
互いの完璧度の高さが要求される
祭典なんだなあ~と改めて感じさせられました。


今回わたしのお目当ての嵐の順番は終盤だったけれど
最初から見ていた私としてはいろんなアーティストさんたちの
危なっかしくない堅実なパフォーマンスを見ていると
今日は全てが大丈夫・・・だよ。って思えていました。
(ただイヤモニを見てしまう癖がついちゃった・笑)

::::::::::::::::::::::


いろんなアーティストさんの歌を聴きながら
口パクなのかそうでないのかはもうどうでもいい。
とにかく
安心して見たい。こういう安心しているものがいいな。

だって、あそこにいけないけれど
4時間という時間を
夢のままの時間で壊されることなく終わって欲しい・・・って。

無理せずに安全パイで。。。それでもいいから・・・って。


:::::::::::::::::::::


テレビの中のものはどこまでが本当なんでしょう。

現実に芸能人の人がテレビのままかって言ったらどうかしら。
もちろん嵐だってみんながあのままの人かっていうのもわからない。

彼らだって

自分達で作り上げたキャラも
その情報でわたしたちが勝手に想像して作り上げた人間像も
雰囲気もなんでもかんでも
もしかしたら虚像なのかもしれない。


でもね・・・
そのまま虚像のままで私の心の中に生きていて欲しい。
あの仲のいい雰囲気のまま、大野さんが好きなメンバーで
ずっといて欲しい。
(大野担だから・・ここは各担ごとそこを中心にそれぞれだと思います)

だってそれがわたしにとって楽しいものだから。


嵐だって
その他のアーティストさんだって
俳優さんだって
芸人さんだってそう想います。


いろんな事情やいろんな理解できない理論や
それぞれの担当担当での想いがあるかもしれない。

けれど
エンタの世界=夢を見る場所、見せる場所なのかなと思います。

だから極力その夢を壊さない方向で無理しないでほしい。


☆Mステ素敵でした☆


映画怪物くんの動向を見たいのと
FNS歌謡祭の時から
パソコンにはまっていました。
他の人がどういうキモチでいるのか?
同じファンの人。ファンでない人。アンチの人・・・
動画、2ちゃんねる、いろんなブロガーさん・・・などなど
散歩してました(笑)

いろんな温度差のあるコトバがあります。

その中でもものすごいキツイコトバを見ながら
こういうネット上という場所で発散することが
(ちょうど刃物の少年の事件の時期と重なり)
現実もしかして起きるかもしれないことが収まっているのかなとか
鋭い言葉の裏にはどういう家庭環境があるんだろうとか
社会的にもいろいろと考えてしまってました。

でもその中でなんとなく・・・
あれ???と思ったこと。


それは何故アンチさんが
嫌いなタレントのことをとってもよく知ってるのかってこと。
それもわたしが知らないようなことまでも。
わたしなら
グループ自体嫌いなら
見ないのに知ろうともしないのにスルーするのになあって
不思議でした。

好きの裏返し???

そう考えると
えっ???もしかして
アンチさんの中に嵐ファンの他の担当さんがアンチさん?
と不思議だけど思い始めました。
だと考えると、いつも見るところに目に付く人がいる。。。

そう考えたら確かに過去に自分にも軽くなんだけど
そうしなきゃいいのになあ・・・ぐらいなことは覚えがあるし
実際そういうブログにも複数たどり着いたこともありました。
ひどいところはブログ閉鎖されることになってた。

もちろん嵐全体やジャニーズが嫌いな
時間のいっぱいあるきっと社会に出られたら戦力になりそうな
頭のいいアンチさんはいると思う。

でもそれとは違うなにか・・・身内???みたいな。
なんとなく・・・なんだけど疑問が消えました。

まっ、それはわたしの漠然とした見解なんですけど。


::::::::::::::::::::::::::


多分、今の嵐さんはやっぱりすごい勢いがあると思う。
彼らの行動や言動の影響は大きい。
雑誌の売れ行き、視聴率、行った先、行動、言動・・・
なんやかんやいっても大きい。
テレビの画面で見る機会は多い。
FNSの反応だっていい例のひとつだと思います。


もし、その見解が成立したとしたら・・・

出てしまった杭は打たれる・・みたいな心理もあるかもしれない。

でも
その人気が、自分の担当の人が好きという盲目なキモチが
結果的にそういう人を作るとするのなら
同じファンなのに悲しいです。


それは、もしかしたら彼らにとって
背中合わせみたいな感じで
一番嬉しいんだけど一番悲しいことなのかも。

そして・・・そういうことが
いろんな制限を背負い込ませているのかもしれないのかな

そう感じるようになりました。

またファンのキモチが強ければ強いほど
彼らのハードルがどんどん上へ上へ上がっていってるように
思えて、なんだか複雑な想いにふけってました(笑)


でも、それも彼らが人気があるからこそ出てくることだろうし
そういうこと自体
アンチさんがいるということ自体
芸能人にとっては人気のある証みたいな幸せなことだということ
でもあり、なんだか複雑かな。。。。



だからなのかな~
最近、もう少し落ち着かないかなあと思ってます。


:::::::::::::::::::::


というちょっと考えてしまっている自分がいて
うまく整理がつかなくてなんとなく更新できないでいました♪


でも、今までそうだったように
大野さんが言うように

何も考えず
楽しんでひとつひとつ進んでいく・・・

ことかな(笑)


そう言ってた大野さんのコトバの記憶が
『大丈夫だよっ』パワーになって引き寄せてくれてます。


やっぱり、これからずっと

楽しく ...
 嵐ファン、智ファン
やっていこう!

って思い整理がつきました☆


/////////////////////////////////


もうひとついいたいこと☆


同じ嵐の仲間じゃん~
同じ日本人じゃん~

・・・・って

歌番組の内容がどんどん韓国のアイドルの枠が増えるのを見るたびに
あれ?これどこの国の番組だっけ?
いやいや。司会はよく見かける日本の人だけど(笑)
あっ、やっぱり日本の番組だァ~
という機会が増えているような気がしてます。はい。

韓国のアイドルが嫌いじゃないし
すごく頑張っているのも好きだし全然好意的なんだけど


いろんなアンチさんのコトバを見ていると
内側に向かっているように見えて

いやいや・・・
もっと大きなくくりで見てみませんか?
もっと日本人を応援してみませんか?
日本人に生まれてきた自分達を好きになってみましょうよ
・・・ってそう思います。


それが
やさしいキモチになれるし
そうすると
自分自身が一番楽に生きれるし
結果
幸せに感じられると・・・思うから。

嵐がアルバム&音楽DVD首位
 
アルバムV3は男性歌手初
オリコン年間ランキングの
アルバム、ミュージックDVDの両部門を嵐が制覇。

≪アルバム部門≫

7月に発売した『Beautiful World』が年間90.8万枚を売り上げ
男性歌手史上初の3年連続首位。
『All the BEST! 1999-2009』(09年・年間売上143.3万枚)
『僕の見ている風景』(10年・同105.3万枚)に続き
3年連続で年間アルバム首位を獲得した。

男性歌手としては井上陽水 が持つ2年連続首位(74~75年)を
36年ぶりに塗り替え史上初の記録を打ち立てた。

::::::::::::::::::::::::::

≪ミュージックDVD部門≫

ライブDVD
『ARASHI 10-11 TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~STADIUM』が
『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』(09年)
『ARASHI Anniversary Tour 5×10』(10年)に続き3連覇。

今年1位の
『ARASHI 10-11 TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~STADIUM』は
99年に発表を開始したDVDランキングのミュージックDVD部門で
史上最高の年間79.3万枚を売り上げた。

2位には
『ARASHI 10-11 TOUR“Scene”~君と僕の見ている風景~ DOME+』
(同67.3万枚・6月発売)が入り
ミュージックDVD史上初の1・2位を独占。

同部門の総売上金額では
2位のAKB48(24.6億円)の4倍以上となる101.7億円を売り上げて首位に。

年間で4冠を獲得した。

*********************************

AKB48は年間シングルTOP5独占☆
6位、7位が嵐さんでした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

残念ながらしょうがない・・・ですね。AKBがんばってた☆

AKBの子たちについてはどちらかというと
秋元さんのプロデュースに乗っかった商品みたいなもの・・と思ってて
日中問わず働きづめで、私生活もがらりと変わっただろうし
上のランクの子たちは結構ひどくアンチさん(それぞれの担当の?)に
醜く叩かれているのを見ていると
娘を持つ親の感覚でかわいそうだなあって思ってたんです。
目立ってるとこだけ。あとはあまり興味ないかな~。

アイドルの女の子なんて旬な時って短いだろうなあとか
どれくらいの子達が残っていくんだろう・・とか
あんな大量の人数にいくらの給料が渡っているんだろうとか
淡々と見てました。


でも
報道番組で
日本でもどんどん入ってきている
韓国のアイドルの特集?みたいなものがあっててぼんやり見てたけど

韓国のアイドルは国を上げて時間をかけて育成されたんですね。
(知ってはいたけど改めて見てビックリ)
国のブランドがアイドルを通して価値(評価)が高くなることを願って・・・

実際に他のアジアのお姉さんたちが
韓国ブランド(サムソン)とかを一番とか言ってて
それを見ていてへ~~~っと思いました。
その上、グラフを見ると液晶テレビの順位が
韓国製品→中国製品→日本製品で
正直日本が一番と思われているだろうと思い込んでいたわたしは驚きました。

まるでうさぎとかめのうさぎさんでした。(わたしがです)

〈中略)

そこで秋元さんが話してたのが
韓国のアイドルがプロの集団だとしたら
AKBは高校野球児みたいなもの・・・って。
(なんとなくぼ~と見てたから違ったらごめんなさい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思うに・・・少女時代やKARAみたいな
韓国のアイドルと同じものを作り出そうとしても
今頃気づいたところで焦って作ろうとしても急にはできないだろうし
同じものを作ったところで超えれない。
日本での対抗する独自に作られていこうとしているのが
AKB戦略なのかなあと
そう思うとちょっとだけ見方が変わりました。
(あっ、わたし個人の考えなんですけど)

:::::::::::::::::::::::::::::

と、いうことで今回の結果だけ見ると
戦略的にどうかなあとか
嵐とAKBが同じ土俵じゃない(怒)みたいな感覚になるかもしれないけど

国として考えたり
今の震災で傷ついてその上、不景気な日本を内側から考えると
よろこぶことなんじゃないかなあ~と思います。
だって日本を活気づけてくれる元気になる素になるものだから。
わたしはおめでとうっていいたいし
これからも大いに頑張ってくださいってエールをあげたい。

それに嵐を含めジャニーズ全般の売り方だって
他のアーティストさんからしたらAKBと変わらないような・・・。
大所帯なトコロはやっぱりなにかと有利だろうし。


:::::::::::::::::::::

なんとなくそういうのとは別枠で


嵐は嵐・・・でいいじゃん。。。
なんかそう思うんです。


男性でのある程度大人になった人たちの
若さや勢いだけでない、落ち着いた・・・
なんというのかな~
これから益々ホンモノ思考みたいになっていくのかなと
いや、なって欲しいなあ・・・と
もうこの数年での波の乗せ方、乗り方、そして今の現状を見ていると
わたしを含めて多くのファンが嵐のいろんなパフォーマンスを知ることになり
そしてそれがぶれない強いものになっているものを感じていると
それでいいんじゃないのかなあって思っているわたしです。

今からは基礎は突っ走ってきてしっかりできてきたから
今まであまりの忙しさで出来なかっただろう
足元を振り返って見つめなおし地盤をしっかりと固めて
もっと強いものになるよう・・・
そうなっていけばいいなあ~と思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だからね・・・
今回の映画怪物くんやドラマ怪物くんだって

なんかいつもの映画の感覚じゃない新しいものに感じて
それが人間の心の原点的なことであり
内容もイケイケドンドンのそういう時は大きく変化する時は
特に・・・忘れがちな当たり前だけど大切なこと・・・

なので、わたしは好きだし多くの人に見て欲しいなあ~。
日本を越えて・・・(笑)

大野さんはいい作品にいい時期に出会われたと思ってます。


♪みかけ~じゃなく~て、こころ~を抱いて~♪









いや~~~、かわゆすっ☆
ほんとになんなんだろう・・。あの人は。
竜さんが竜兵会そっちのけで大野さんに夢中になるのわかる。
アメトークでも同じ話になってたし
いろんな場面を見ていてもそうかなあって思ってた。

年上の奥様キラー??・・いやいやおじ様までとりこにする・・・
(テレビ上の虚像とかじゃなくて見てる限り実際ってことでしょ)
きっと本当に性格が優しくて愛くるしいからだろうなあ。
大野さんのイラッとしたコトバは基本が温和な優しい人があるから
毒にならない・・・。

そしてそれは嵐さん5人ともかな。


庄やでのかえれま10やってる間中の疲れている大野さんに
早く帰って休んでもらいたい・・・
少食なのに無理して食べてもらいたくない・・・

そんな感じが
画面の中の全ての芸人さんの盛り上げ方
見えないスタッフさんの笑い声から感じ取れてすごく楽しかった。

ツボはたくさんあったけれど
一番嬉しかったのは大野さんの笑い声。
竜さんの行動に昔よく声を出して笑ってたあの高い笑い声。

なんだかFNSで
なんとなくキモチがいまいちだったものが完全に吹っ飛びました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


FNSに関してはしょうがないか~っていうキモチにはなっていたんです。
憶測はどうもがいても憶測だし・・・。
けど、WEB上にはホントかどうかわからないいろんな情報が溢れてて
やっぱりチクチクしたコトバが並んでいたり
それを一生懸命擁護しているコトバを読んでると
(いかなきゃいいのに、ついつい・・・)
やっぱりファンですから、かわいいし、大事に思っている分
その波に乗ってしまってしまうんですね。

そしたら
人間の嫌な部分に注目していったり
社会に対してもネガティブな気分になったり
・・・だったんですね。

きっと嵐じゃなかったらふ~んで終わってたぐらいだったはず。

::::::::::::::::::::::::::


自分にも経験があるけれど
大きい何かが起こったときって
当事者っていうのはなにも言わないことが大事なんです。
時がたつと一番早く沈静化してた☆ってことになるもんなんです。
そしてそれが一番早い解決方法なんです。

芸能界ってとこはより目立ってしまうところだから
一般の人よりもそういうことは日常茶飯事だろうし


今回のことは嵐さんたちだけでなく
あの会場にいた人たち全て(表にいる人も裏にいる人も)
当事者なんです。

利口な人はだれも口を割らないでしょうね。


そしていつまでも引きずってしまうのが
嵐を大好きなファンさんと大嫌いなアンチさん・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そうは思っていても動揺は隠せなかった。。。
結局、昨日まで引きずってました。

けれど、昨日のかえりま10を見ていて
大野さんの心から楽しそうな顔を見ていると
周りの人たちから「やってあげたい」っていう風な様子を見ていると
愛されているんだろうなあって思えて


なら嵐さんたちみんな愛されてるから大丈夫って感じました。
しかも、視聴率16.2%だとか・・・(笑)
もう~すっきりです☆



FNS歌謡祭 2011

友達からテレビ見た?ネット上で騒ぎになるんじゃない?
とメールが入り、娘の習い事のお迎えに行ってた私は
外出先から帰ってドキドキしながら見ました。

また、大野さんのマイクの音が入らなかったのかな・・・
だったら嫌だなあ~~~。って風に・・。

そんな風に思いながらテレビをつけて見たら
まず最初の二宮さんの声が入らない。音自体拾えてない。
そこを聞いただけで
上手い下手とかではなく
これはもうマイクじゃんて感じました。
(逆にマイクじゃないって思う人がいるの?って風に)
嵐だから贔屓目ではなく、客観的に。
きっと他の歌手の方が同じようになっても同じように思ったと思います。


その後も少しは拾える音の量が増えたかもしれないけど
それでも聞き取りにくい。
他の歌手の方に比べると全く音が違う。
エコーが入ってないマイクみたいな
コードがつながれてないギターみたいな感じ。
上手い下手うんぬんというより次元が違う。
簡単に言えば音響が違う。ただそれだけのこと。

本人達もすぐにきづいたように感じました。
でも、現実をちゃんと受け入れて
丁寧に歌い上げているように感じました。

何度か大きい音で聞いてみたけど
リードボーカルの大野さんの声が聞こえない分、
他メンのハモリもよく聞こえるし、だれかが外してる風にも聞こえなかった。
トラブル発生にも投げ出したりせず
いつもより丁寧に歌って丁寧に踊っているように感じて
もしかしたらあの人たちはああいうこと(不運なこと)に慣れているのかなあと不憫に感じました。
そしてあの彼らの様子を見ると笑い話にして終わった後も誰も責めたりしないような気もします。

こんなにもてはやされて天狗になっていいだろうに・・・
なんだかひたむきに歌う嵐さんたちを見てて私の評価は上がりました。


あの歌い上げ方が普通にエコーの入っている
もう少しちゃんとしたマイクなら(音響)だったら
どうせまた口パクだのって言われるだろうなあって・・・。
わたしにはマイクなしで歌ってる感じで
そのわりには完璧に近く聞こえてへ~っと思いました。

大野さんのソロの部分だけはマイクが音を取ってくれて
聞いてても完全生声だとわかるしアカペラ風にも聞こえて
あのトラブルを吹き飛ばしてくれました(わたしは大野ファンだから)
しかしあそこも少しエコーを効かせてくれたらもっとよかったのになあ~

その後もまた主旋律が聞こえにくい状態になっちゃったけど....
全体的に聞こえにくくなったけど...


きっとあの場にいた芸能人もそう思ったんじゃないかな。
大野さんのソロの後におぉぉぉって
観客の方から聞こえるような気がするんだけど(ちがうかな)
同業者だもの・・・同情の方が強いような気がするし
同業者だからこそ、さすがだなって思ったと思います。


おととしだったかな。
槙原さんとのコラボの時の大野さんのマイクだけが音が入らなかった
あの時に比べれば、全く怒りはなかった。
逆にミスった音響を含めスタッフさんたちは
おかしいということに気づくものの
嵐という存在で余計に頭が真っ白になってしまったのかなあ~
と考えると、怒られるだろうなあ~処分されるだろうなあ
今頃FNSは大問題になって悩んでるだろうなあ
かわいそうに・・・と感じました。


もしもファンの方で悲しんだり嵐を避難する人がいて
それで辞めてしまう人がいるかもしれない。
でも、それはそれでいいんじゃないかっていう風にも思う。


トップにいることは
彼らを妬む人々にさらされてしまうことが続くってこと。
100%以上の力を出すことが当たり前。
99%じゃ許されない。
なんでもかんでもすべてにおいて出来ないといけない
アイドルなのに・・・アイドルな彼ら・・・。
なんでも屋さんです。

何をしても誹謗中傷をストレス発散のように
いつまでもしつこくいう人の言葉を見ていると
人気と引き換えに
いろんなものを捨てるしかないんだろうなあ~
諦めるしかないだろうなあ~
でも自分達のできることをコツコツと
信じてやるしかないんだろうなあと感じていたから。


今回のようなことでフラ~ッと
変わる人がいればそれはそれでいいんじゃないかって。
文句いいたい人は言えばいい。
残りたい人が信じれる人が残ればそれはそれで
妬みや嫉妬も減るだろうしアンチさんの数も軽減される。
コンサートや舞台だって行きやすくなるだろうし
音響設備の不十分なドームみたいなところではない
ちゃんとした音楽施設での会場で
歌声やパフォーマンスをもっと近くに聴けるし感じれる。
大きくなってしまった嵐からしか、わたしは知らないから
そういうところでのコンサートを望んでいる私はそう感じました。


なんだか、あんまり気にならなかった。怒りもない。

むしろひたむきに歌う嵐さんたちを何度も見てると
勇気や元気が出てきます。


ただ・・・嵐さんたち頑張ったねっ☆

拍手したいぐらいかな・・・。
ん~~~、よくがんばったねって言って
頭なでてあげたい。



Powered by FC2 Blog