プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


2002年の青木さんの奥さんをペンと紙を持ちじっくり見ました。
即興芝居、アドリブいっぱいコント満載なドラマでした。
なによりも大野さん相葉さん櫻井さんが若い!
そして笑をこらえて向こうをむいているその姿がかわいい。
そして見せる側として勉強になっただろう・・・
いろんな物事の考え方や一息も入れられない即興アドリブ。
出し尽くしているだろうにそれでもなお出さないといけない過酷な修行・・・
みたいに感じました。
あっ、そして最後の場面はPLAYZONEのコーンの感動のシーンを思い出しました。
そしてもう一つ。2話の最初だったかな。すごく指が綺麗だった。
もしかしたらわたしが今まで見た一番綺麗な指先だったような気がして何度も見てしまった。
爪がちょっと伸びて、まるで手のモデルのようだった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■メイキングの中の河原さんとカメラマンさんの会話です。
河原さん「大野君はとてもハイレベルのボケをする」
カメラサン「そうですね」
カメラサン「天才かと思ったくらい・・・」
河原さん「ツッコム方も・・・」
河原さん「即試されてるみたいな気がする。
いや~。ハイレベル・ハイレベル!」
カメラサン「そうですよね・笑」



■めっちゃかわいい大野さん、相葉さん、櫻井さんで見ながら和気藹々しながら話してる(反省会?・・犬のキモチみたいな格好???)
 で、大野さんが


大「俺に比べたら、あんたら楽じゃなかった?まじで。
  だってさあ、例えばアレやってみろといわれてさ
  俺やるわけじゃんかさあ。
  何度も何度も初めてのことも急にやらされて。そりゃあネタつきるわ。
  でもさ、(あんたら)見本見せてくれと言われてさ、やるじゃんか。
  その間いくらでもおもしろいこと考えるじゃんか。なんで考えれないの?」
相「ばっかだなあ~余裕がないんだよ~。」
大「ほんっとに修行だよなあ~。」



■大野さんのカメラマンと話してます 
「なんかあんま考えない方がおもしろいかなあ~」
 
 ↑このころからこの考えはあったんだとなんとなく感動した♪
  いや、もしかしてこの過酷なお芝居でそう悟ったのかな??

::::::::::::::::::::::::



大野さんファンになった今だからこのドラマ楽しめたけど
当時深夜にあってたのかな・・・
その時遭遇しててもおもしろいと思ってみたかどうかは
ん~~~だと思う。
だって、わたしの笑のツボは大野さんとはどうもちがうようで
志村さんのバカ殿もおもしろいけど何度も見たいとは思わないそうなそんな人だから。

けれど、大野ファンになってる今見るとおもしろい!
そしてなんといっても
このドラマって大野さんはすごく勉強になったんだろうなあって
なにをどう急に振られたってどれもこれもオチにできる今の彼を見ていると
天性に持っていたモノが
こうやって修行させてもらって磨かれたんだろうなって思いました。
この作品もこの後のミツオもすごく勉強になったんだろうなあ。
どんな経験も今の大野さんには大事な財産で私たちファンの宝物です。

どの役者さんもすごい無茶振りだらけで
特に主役の大野さんが一番大変だっただろうなあと見てて思うけれど
相葉さんや櫻井さんもかなり追い詰められてたと思う。

だから今も5人でテレビに出ている彼らのMCを見ていると
うまい間合いや上手い掛け合いが場を読む姿などなど・・・
こうやって作られてきて、今画面を通して見られるんだろうなあって思いました。


**********************

一週間ぐらい前かな~
岡村俊一さんていう演出家(藤谷美和子さんの旦那さん)が
ツイッターで大野さんのことをつぶやいているって聞いてちょっと調べてました。(たしか入所記念のころでした)
そしたら青木さんのメーキングに最初っから出てきてビックリ☆
なんだか感動しました。
ミュージカル PLAYZONEなどでもご一緒された方みたいです。
こういう裏方さんのことは表に出ないからよくはわからないけれど
こういうつながりっていうのは
ファンのわたしにとってはとても大切な宝物です。

:::::::::::::::

演技のことで書いてきたのでついでに書いちゃいます。

先週の三谷さんのことです。
おもしろかった。各メンバーが適材適所でした。
ただ大野さんの位置が二宮さんがいうようによく分からなくて
もやっと残るものがありました。
でもそれは嫌なもやっというものではなかったのです。
ブロ友さんにそのことをメールで吐き出しました。
ブロ友さんは元スマップファンの方です。
そこで三谷さんは慎吾ちゃんのことがお気に入りだよって教えてもらい
なんとなく自分の中でですが点と点がつながりもやがなくなりました。

だって、どうしても
大野さんと「大脱走」の時の話でツボが同じという三谷さんの子供っぽい表情が
あと、大野さんの「限界だ」で0点と言ったものの噴出しそうになった表情が
忘れられなかったんです。
なんだか最近怪物くん関連でよく目にしている雑誌の中の
中村監督と同じニオイがしました。(わたしだけの勝手な想像です)
たしかどこかで読んだのが中村監督は映画の話が来るまで知ってはいたけど見て無かったとか。
そして前に共演した人に大野さんとは絶対気が合うから仕事を一緒にしてみたがいいといわれていたと・・・。
実際大野さんとすごく気が合われたみたいですよね♪

で、それから三谷さんのことをちょっと調べてみたら
喜劇の方なんだ~と知り(即興劇がシリアスだったので誤解してました)
そういえば怪物くん関連にほとんど一緒に載っている
落ち武者姿の西田敏之さんがいたなあと思い出し
今までのドラマとかを思い出すとそうか~と思いました。

一緒にお仕事をされるかどうかは今後どうなるかはわからない。
今までもご存知かどうかもわからない。
ただ、あの三谷さんの表情が忘れられなかったので
なんとなくご縁があれば気が合う同士なんじゃないかなあと思いました。

まっ、これはわたしのひとりごとですけど(笑)


余談ですが、HDDの整理をしてしやがれの即興劇を改めて見てたら
大野さんってば、松本さんと相葉さんがゴタゴタしてる時に
さっと画面から外れていったので気づかなかったけど
声が入ってました。大宮でちゃんと演技してました(笑)
パパラッチにマークされている俳優なだけにゴタゴタの現場から
そっと外れながらも演技続けていたんだ~。
それに気づかなかったのはわたしだけ・・・かな(笑)


*****************


話を戻します・・・

青木さんのドラマ収録時の周りのスタッフさんの笑い声もよかったなあ~。
ちらちらとスタッフさんや見に来てた人(関係者だろうけど)
ソコにいた人も映画怪物くんを見に行くんだろうなあ。

歌おにのHPのスタッフ日記を見ていても
魔王のHPのスタッフ日記を見ていても
どこを見てもとてもあたたかいそして楽しい雰囲気が残っている。
大野さんの歩んできたいろんなチームの人たち・・・
表にいる人も裏にいる人も多くの身近な人も行くんだろうなあ~。
もちろん大野さん以外の共演者の方も同じですよね。
いろんな人が家族単位で行きそう。

そういう関係者の方も関係者でないわたしたちでも
あたたかいキモチを持って帰りそうな気がしてます。


今日は怪物くん飛行機も発表されます。。。もう・・いいよね。。。
セブンイレブンの垂れ幕もどこを見ても怪物くんとお供たちが出迎えています。
どんどんどんどん膨らんでいく大野さんの怪物くん。。。
震災という日本の大変な時期にたまたま実写化されていた怪物くん。。。
時代に選ばれた人なんだなあと思ってます。

::::::::::::::::::::::::


やっと公式にでました~♪

☆夢と希望の翼 ★ 怪物くんJET☆


スポンサーサイト

参考までに

知らない方のためにです。

映画怪物くんオフィシャルコンプリートボックス

本と箱が離れますよ。
今日教えてもらってやってみました★

やり方は、小学館のHP「コンプリートBOX」で検索すれば
動画で教えてくれます。

それを見てもいや~~うちのはノリがべっとりで
特別に無理なんだと不良品じゃないかと諦めてました。
友達に電話したら、その友達もべっとりノリがついていると・・・。
でも、その後にメールが入りカッターで切れ目を入れてやったら
すぐに外れたとのこと。
それを聞いてわたしもやってみたら出来ました♪

パカッ・・・と。

買ってきた当初からなんて見にくい本なんだとモヤモヤしてましたが
やっと晴れ晴れしました。あ~すっきりした~(笑)
いい本に変身しました~☆



:::::::

あとね・・・月曜のZIPは録画準備すべし!
雑誌ごとが増え、紅白の発表があり、少年倶楽部では国立の映像が流れ
久々なVSやひみつの嵐ちゃんや森永CMやらでわたしの頭の中は飽和状態です。

あまりにもいろんなことが押し寄せてくるものだから
ブログ更新するにも頭の中が整理できずにいました。。。
嬉しい悲鳴です♪
サトシゴトはなんか幸せいっぱいで満たされてます(笑)


正直なところ、雑誌ごとはわたしには満足のいく内容ばかりで
ブログ更新のものとして、どれからどうしようみたいな感じでいました。
どれもこれもサトシックにはツボ満載の雑誌たち。
もしかしたらサトシックとしては
普段口数の少ない大野さんがいっぱい話してくれるってことだけでも
ツボのひとつなのかもしれない。
少しでも新しい情報が入るととても近くに感じることができる。その上
自分の中の勝手に想像していた大野さんとちょっとでも結びついてしまうと
それでまた尊敬しちゃう・・・みたいな~感じかな。

ビジュアルも怪物くんばかりでなくかっこかわいいんだよなあ~♪
本人はいつもとかわらずなんだろうけど
衣装さんやメイクさんやカメラマンさんの気合が入りまくってるし


ということで雑誌の感想にこだわってると
更新が遅れるのでボチボチすることにします。
あっ、しないかも。

::::::::::::::::::::::::::


この頃思ったこと・・・まとめます。

■少年倶楽部国立映像のALWAYS
もう・・・かっこよくて何度繰り返して見たか・・・。
ほんとにしょうもないとこでツボってます。
何もしなくても踊らなくても音楽と一体化してるリズムとってるだけでそれだけで好き♪
踊ってるのはもちろんのこと、先頭きってリズムに乗って歩くとこ。
座って?立つとこ。(表現悪いですけど・・・わかってくれるはずですね。そうそこです)
それだけでも、あ~~~~かっこいい☆
相葉さんが蹴って大野さん方向に行く水しぶきを見ながら
まだ見たことの無いソロを想像すると
あ~どうしようって思ってしまいます(笑)
あの髪型と怪物くん仕様な痩せた感じとほどよい黒さ・・・
DVD出たら即お買い上げ決定!
ドームも見たいけど雨という素敵な演出の野外バージョン早く見たいっ☆

歌声....素敵だった。
実際国立に行ったブロ友さんが教えてくれたけど
前の国立コンで夏の名前の出だしが本当に素敵で息をのんだと・・・。
本当にブレないしCDよりずっと素敵なんだって~。大野さんの声。
他にはいつのコンサートかどこの場所か忘れたけど
seasonもみんな大合唱なんだけど
大野さんのソロの時はみんなし~んとなるって...見たなあ。
国立すごく距離も金銭的にも遠いなあって思ってたけど
歌声がどこまでも通っていく野外での大野さんの歌声聞きたいなあ~
よし!来年は国立って書いちゃおうかな~。あっ、当たりっこないか。
でもブロ友さんにも会いたいしなあ・・☆


■マネキンファイブ
作戦負けだったかな、下位のおふたりさん。
作戦勝ちしたのは上位のおふたりさん。
一番きちんと勝負した人は相葉さんだけだったなあ~。
と、わたし論です。

いろんなブロガーさんが自身のブログに集計とってあって
なん箇所か見たけれど同じ比率でみごとに結果どおりでした。

大野さんと思われるものはどれ?の集計も
1位桜井さんの3番
2位大野さんの4番  ・・・でした。

ということは大野ファンとしても作戦負け。
1位しかかけないから
大野さんが3番と推測しての組織票が流れたかなって感じかな。
わたし。。わたしは4番にしました。
だって一緒に歩くならあのくらいが好きだったから。
そして大野さんなら何番だろう作戦で前回のマジコーディネートの桜の花びらを
一番好きだと思いつつもまさか大野さんじゃないだろうと思って
他のにして失敗したから今回は本気で好きだと思うのを投票しました。
けど、ネットだったから見れなかったクロコダイルの靴は嫌いだったな。

あれはやってるほうも投票する方も主旨が変わってきてるなあ~
だいたい、本人達が着るのとマネキンが着るのとは全く違うし(笑)
相葉さんの着てるのは一番嫌いだったのに相葉さんが着たら好きだった♪
ネット投票の威力を考えれば上位おふたりさんのように考えなきゃですね。
勝つには頭脳が必要ってことですね☆
こっちは頭脳でくるかどうかの駆け引きが必要ってことになるけど。
まあどちらにしてもファンの心情は自分の好きな人が選んだだろうものを
選んでしまう・・・組織票でしょうけど(笑)


■嵐のバランス
最近よく目にする嵐さん。
紅白の記者会見を見ながら大野さんや相葉さんの言葉を聞きながら
そうだよなあ~みんなの発言が同だとして、そんなのを5つ並べられたっておもしろくないし普通だなって。
しっかり者がいて、中間がいて、ちょっとおふざけがいて・・・それでひとつ。
だから堅苦しくないけど凛としていて、なのにやわらかい。
まあそれが嵐の魅力なんだよなあって・・・。
キチンと役割分担が出来ている嵐さんだなあと感じました。

演技にしてもそうかな・・・
なんかかぶってないような気がしてます。
日常にいそうな役は二宮さんが
ありえないような役は大野さんが
恋愛系は松本さんが
櫻井さんは解説(セリフ)が多そうな感じで非日常的だけど大野さんとはかぶらない
相葉さんは日常にアリそうなんだけど二宮さんとはかぶらない

歌だってそう・・・
メインの大野さんがいて
きっと他メンのパートをひとつずつ聞いてないけど
ひとりひとりが主を持ち上げる生かせるハモリがあって
メインがとても生きてくる・・・。
その中からチラチラと出てくる各メンそれぞれのソロパートが聞こえたり
大野さんのソロが聞こえたりでそうやってひとつの楽曲が出来上がる。


いろんな面で
嵐メンは何事も非常~にバランスを気にしているんだろうなあって
私はそう見てます。それにはたとえ自分が犠牲になったとしても
個人個人としてでなく5人ひとつの「嵐」としてバランスを見てるのかなあって。
多分これはどちらかというとおいしくない立ち位置での大野さんのファンになってから気づきました。
(前は松本さんが好きだったから)
最初は不満として気づいたけどでも気づけなかったことが気づけたと思ってます。
ま、おいしいかどうかはわからないけど、オチとかおふざけとかよりも
しっかり者とかが最初の評価は高いと思ってるから・・・。
(今でも私の母はわたしの大野さんへの評価がわからないと言ってます)
でも、実際わたしは大野さんに出会う前そう思ってたから今の母の気持ちもよくわかります。

気づいてしまえば大野さんや相葉さんの立ち位置の重要性の重さがぐんと大きくなりました。
相葉さんのファンの人の分析はしたことがないから一概にいえないけど
大野さんの場合ファンのキモチがブレないのはそういうところのもあるのかもしれません。


そんなとこからも自分自身の生き方についても考えている自分がいて
今までわたしが持っていたものさしの計り方が変わり
すっごく楽に考えれれるようになっているんです。。。


と、長々となりました。
雑誌ごとについてはいろんな人がひとつひとつ解説してありますので
私の中ではまとめたいって気持ちが働いています。
なのでいつになるか・・・明日になるか未定です。


☆追伸☆
東京ドラマアウォード2011授賞式・・・二宮さんおめでとう☆
そして嬉しいこと書かれてました♪

『司会の石坂浩二さんに「嵐のみなさんは芝居が上手ですね」
と言われ「…あ、ありがとうございます」と大変恐縮していたニノさん。
石坂さんは「以前、大野さんと芝居(『魔王』)をやらせていただいて…。
怪物くんも好きです」とおっしゃってました。』

duet編集部twitter

朝テレビで見てました。わたしがこの目と耳で確かに見て聞いたのは
ジャニーズの中で嵐は。。でした。
で、その後この内容をネットで見てたんですけど
いろんなとこでニュアンスが違ってきてて・・・
ジャニーズの中では嵐が・・・というのが
嵐の中では・・・になってたりして(汗)
このブログでもよく思いますが
コトバって難しいなあって思いました。はい。

でもまあ、怪物くんというキーワードが出たということはこれですよね♪
きっとこのニュースが載る雑誌の記事を見たら
あ~なるほど・・・そこで切ったか~みたいになるかな。
それはしやがれや嵐ちゃんなどでも編集されるの見て
思うことと一緒じゃないのかな・・・。

わたしごと

昨日友達が来た。5年ぐらい前はよく行き来したり泊ったりしてた彼女。
お互いの息子が野球少年になってしまって
行き来する暇もなく遠方だったからゆっくり話すことがなかった。

もちろん彼女はわたしが大野さんのことが好きだってことは知ってる。
けれど、ここまでハマっていることにも疑問をもっている。
短い時間に話すことはたくさんあると思ってたので
嵐は共通の話題ではないと思っていたので話を聞いてくるとは思ってもなく
まさか大野さんの話をするとは思ってなくて不意を突かれた感じ・・・

 
           *

友「なにがそんなにいいの?テレビで見る限りわからないんだけど。」

私「考え方を変えてくれた。楽に生きれるようになった。」

           *
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雑誌などで大野さんのことばを読んだり、ファンブログや過去の動画を見るとその瞬間瞬間には点と点がつながっていく。
無理のない優しい言葉と表情の裏には計り知れない努力や苦労も見えるような気がして
コトバが私の心にすっと入ってきてじわりと残っていく。
振り返ると「勇気」というコトバになっているんだよなあ~。。。いつも。

だから大野智をよく知らない人に彼のことを語りだせば知ってほしくなって止まらない(笑)

智友だとそれは分かち合えるからそんなことはない。
・・・というか分かち合う前にわかっているという雰囲気がとれるから
わざわざ語らなくてもよかった。
(初めて智会したときにそう感じた。不思議だったなあ~。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大野ファンでない人に彼の良さを知ってもらおうと語ってしまうと
彼を知るまでの自分を知っているからついつい・・・
イタいファンになってしまって後悔したってことが多々あったので
(姉にそれじゃあ~まるで信者じゃんって言われたこともあった)

だからなんとなく、今回は簡単に手短に説明しようかなって。。。
そう思って出た淡々と出たコトバがそれだった。


::::::::::::::::::::::


~わたしの楽に生きるようにかわったこと~

大野さんに出会って周りの人の目を気にすることが減った。
自分が思うことを地道に信念をやっていけば何も言わずとも
周りは気づいてくれるということも

好きだと思うことをコツコツやっていけば
いずれ自分のモノになれるということを

失敗は失敗ではないってことも

苦しい時や辛いことがやってきたとしても
与えられたその時間を自分なりに楽しくやればいいということも


全ては他人へどう自分の姿が映るのかではなく
自分自身がどう生きていくかってことなのかな。。。
だから私は今毎日を楽しく生きていくこと・・・
それだけを考えてる。

楽しく・・・はズボラとか楽するとかではなく
いろんなことを楽しい方向へ置き換えること。。。


そういうことを実際あった出来事を含めて説明しました。

だから演技とかダンスとか歌とか・・・見せたけど語らなかった。
(知ってもいたし・・・)



うちの子が野球を始めた4年生から友達の子供が少年野球を終わるまで
約5年間の間でのわたしが当時電話とかで悩んでいたこととかを
「・・・だって言ってたよ。悩んでたよ」
と言われて、そんなちっぽけなことで話してたのね~
やっぱり変わったなあ・・・自分。って思いあらためて
いい方向に成長したんだなあ~って感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おとといファーストコンサートのスッピン嵐を見ました。

驚いたのが5人が変わってないってこと。
翔くん・・・しいて言えば大野くんもかな
なんとなく尖っていたんだなあって感じました。
多分見えない重圧があったのかな・・・


全体的に不安そうな感じはあるけど彼らは全くかわってない。
デビューしてしばらくしたものばかりを見ていたので
今テレビや雑誌で発信される彼らは
少しなりともいい意味で洗練されて芸能人らしく歳を重ねていったのかと
思ってました。


だけどコンサートでの雰囲気もそうだけど

メイキングみたいなの?での

ニノのちょっとひねったような話す雰囲気も
潤くんのちょっと的を外れたような発言やコンサートとかのカメラ目線も
相葉ちゃんのアンテナいっぱい張ってるような気づかいや奇想天外な発言や笑顔も
難しいコトバで回転よく要領よく話している翔くんも
ゆっくりとした感じで優しい言葉なんだけど的を外さない大野くんも

山はお兄ちゃん・・・
相葉ちゃんは真ん中で
下二人はかわいいやんちゃな弟って感じで

基本な~んにもかわってないっ
嵐くんたちみんなやっぱりいいわ~~~って感じました。


ざっとしか見てなくてメモもなにも取らずに見ていたので
ぼんやり話すコトバを聞いていて

「あっ、これってこんな若い時からすでに言ってたんだ・・・」

と相変わらずぶれない人たちなんだなあ~と思ったので
もう一度ゆっくり見た時にしっかりメモします。
そのうちエントリーできたらいいな。


もうひとつ思ったのが
当時からこの人たちはダンスがそろってるなあって
感心しました。

だれかがどこかのブログのコメで話されたのを目にしたんですが
中居くんがラジオで
個人のダンスのうまい下手は興味はないけど嵐の5人の揃っているダンス
を褒めてくれてたって。そしてそれだけ揃えることができるのは
やはり普段から仲がいいから息が合うのだろうと言ってくれたみたいです。

しやがれの北村一樹さんの話から
ブロ友さんから教えてもらったんですけど

大野さんはメンバーの歩幅まで見てダンスを合わせてるとか。
これは昔からのファンの人から教えてもらったそうです。
きっと、大野さんもそうだろうけど
5人ともそうやっているからなんだと思います。
5人とも思いやりのある頭のいい人たちなんでしょうね。

5人のあ・うんの呼吸のMCにもそれは言えますよね♪
あの人たちの会話はほっとしながら微笑んでいる自分が
気づいたら残されてるってことが多々あるから。。。


手本にしてるだろうなあとか思う人たちは見るけれど
同じような追いつくようなところが出てこないってことは
そういうことだと思います。。。

元祖ってことです(笑)



::::::::::::::::::::::


今回の怪物くんSPですごく心の中に強烈に残ったのが

切っても切れない、離れたくても離れられない
腐り縁・・・鎖縁・・・
まさに嵐だなあって思っていました。

いろんな想いがあったり
普通の人にはなれない過去も今ある立場や現状に
いろんな想いがあるかもしれない。過去にもあったかもしれない。
嵐結成とい時点から
もうゴールのないスタートが始まってしまったんだろう。。。


最近感じてるのが
いろんな場所でこうもまあ人の目に触れている彼らだからこそ
ファン同士も自分の担当の・・・という想いが出てくるかもしれない。
そういうコトバも目にするので・・・。


だけど、だからこそ
自分の担当のメンバーかわいさのあまり、気づいてないだろうけど
ファンがゴールや障害物を自ら作ってしまうことになるんじゃなく

嵐や個々の担当のファンとして
どんどん作られて行く先の見えない未知のゴールへの途中経過を
へこたれそうになった時に優しい声援で温かく応援すること。
よりそうこと。見守ること。

それが、結果的に今を楽しく・・・将来も楽しく・・・
につながっていくのかなって思いました☆











土曜の嵐

なんか大晦日の感覚でした。
待ち遠しくて、お風呂も夕食も全てすませ
相葉ちゃんの動物からしやがれまでずっと見ました。
まさに土曜の嵐でした♪

ドラマ怪物くんの最終回の時は
番宣をあまりにも繰り返し見続けて
頭の中でいろんな映像や内容がなんとなく繋ぎ合わせてしまって
ハラハラ感が自分の中ででてこなくて失敗したという想いがあったので

怪物くんSPと映画の番宣の映像を見ないようにしてました。
(もちろん番宣は録画にとって繰り返し見てしまうけど)
映像が映り出すと手で映像を見えなくして小窓を見る・・・
声だけだと「きみ~の♪」の歌とちょっとだけプリンスの声ぐらい
はどうしても入ってくるけど

でもすごく効果ありました。

昨日は、もう・・・ドキドキハラハラ・・・
アックマーが壊している時も主人公の怪物くんがあそこから
出られなくなってしまうはずないとわかってるんだけど
最後の場面も落ちるはずないとわかってるんだけど
手に汗を握り・・・
怪子ちゃんとのかけあいも楽しくって
お供やパパとのシーンもじ~~~んとするし・・・
いろんなものが入っていました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

しかしまあ~黒い。。お肌も荒れてる・・じゃない?

もう母心で見てしまうので心配という名の邪心が入ってしまいます。
最初は黒さとあれ?こんなにひどいやさぐれ太郎だったかな
とあ~~~アンチさんの餌食にならなきゃいいけどなあ
批判されなきゃいいけどなあ~とそんな心配がふと頭をよぎりました。

でも、ヒロシとウタコのいる人間界を思い出して一変して寂しがっている太郎くんの表情で
そんな心配は吹っ飛びそこからぐわ~~と入っていきました。
遊び心だったんだろうな。。最初は。
でもそこが怪物くんワールド(笑)

お供との絆、腐れ縁・・・よかったです。

なんかドラマ怪物くんが毎週あっていた頃の雰囲気を思い出しました。
もうあれから日が経って、今ある毎日を進んでいっていたけれど
なんかあのカラフルな豆の話がまるでおとぎばなしや昔話みたいで
子供の頃のような純粋なキモチで見ていたんだなあってことを思い出しました。
するめみたいなドラマ・・・何度も見ると違う味がこれもまたしていくんだろうな。
このSPを見て自分の中で準備ができて映画を見れてよかったです☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亀ちゃんの妖怪人間の番宣もあってたけどそれを見ながら
大野さんファン以外の人は怪物くんのときこういう風に思ってたんだろうなあ
よくもまあ亀ちゃんよりもビジュアルがイケてない黄色に変な格好・・・
成瀬さんとはどうかんがえても真反対だし
大野ファンからでさえ罰ゲームと言われて悲観されてたなあと思い出し

今のいろんな書店から大野さんの表紙であるはずの本がないことや
増刷の話や前売り券の話。あとセブンイレブンをいくつかみたけど
どこも入り口に怪物くんの幕がはってあったなあ・・・
そういういろんなことを肌で感じるたびに
本当にほんと~によくぞここまで成長した~すごいなあと改めて感じてます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しやがれの北村一樹さん
なんだか嬉しかったです。ときめいているのはもしや大野さん???
映画の雑誌でも大野さんのこと器用な人と言ってたし
5人で踊っている時に手を抜いてません?っていうコトバって
大野ファンになってしまうと通る道のような気がするんだけど・・・
「どうしてもっと上手いのにうまいんだぞと魅せてくれないの?」っていう
モヤモヤ感とこっそりソコを知ってるんだぞっという優越感とどうにかして誰かに教えたいキモチ

まあ、彼は大野さんと共演したわけでそこから見る視点が・・かもしれません。
大野さんに限らず他メンも輝いている。大野さんや嵐さんが言うように
みんなそれぞれ光るものが違うから・・・だからいいんです。

けれど、大野担の私からしたら北村さんのこの発言から他メンからのイジリ・・・大野さんの困りながらの発言。。。

多分そういうことを考えているんだろうなあと自分の中で整理はついてたけど
本人の口から聞けてありがとうございます♪でした。

でも・・きっと、大野さん的には
こうなった状況、一番嫌がるパターンだろうけど(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜の嵐楽しかった。

相葉ちゃんでは悲しくて泣いて胸が苦しくなったし
怪物くんではハラハラして胸が苦しくなったし
ふたつとも途中はそうでところどころで笑ってて最後は心が温かくなってた。

シメのしやがれでは笑顔になってた。


久々の嵐さんたち・・・
やっぱりいいわ~~~。


***********************

そして今日・・・

大野さんの入所記念日☆です。。。

彼にとってはどういうわけかこうなってしまった運命の日でしょうね。
この日やいろんな分岐点があったにもかかわらず
私たちの前にいてくれるという今があるということ・・・。

わたし自身がこの芸能界と言う大海原から彼を見つけ出し
楽しいなあ~とかがんばろう~とか前進する気持ちになるひとつに大野さんがいる現実・・・

感謝の日です♪
ありがとう~。。
特別番組でいつもであれば週に3回も会える嵐さんたちに
会えない今日この頃・・・

そういった当たり前だった生活がそうじゃなくなった今
なんとなく空虚感が残るっていうか・・・

う~ん、寂しいというよりも癒されたりないって感じかな。
大野担当のわたしでいえば
大野さんを取り囲む他メンとの柔らかい雰囲気に
もう中毒になっていたんだなあ・・・
と、こうもまあスペシャル番組が続いていると
ぼんやりとそうなんだなあと実感してしまいます。
(録画したので癒されてますけどね・・・)
でも、この癒しが無くなってしまう時が来るのかなあと
そしたらどうなるんだろうって思います。はい。
まっ、今を楽しく大事に・・・と思って後々のことは考えません。


そもそも嵐ってなんでこんなに人気がでたのかなって思うと
ソコなのかな・・・という感じがしてます。
そういえば今までのいろんな芸能人から発せられる色に
今まで「癒し」っていうキーワードなかった。
受ける側も攻める側ももっと強いカラーを発していた感じがする。
それが電波を通してわたしたちが見る芸能人というもの。。。
だと自分の中でそう決めつけていた。


そう考えると、もしかしたらとっても斬新だったのかもしれない・・・。
あっ・・・でも彼らはずっとあのままだから~
視聴者が「癒し」気づいたってことになるのかな。


そして嵐の人気とともになんとなく
芸能界全体が「癒し」カラーのキャラが増えたような気がする。
あそこの芸人さんたちも、あそこのグループも・・・
仲良しとか優しいとかいう匂いがする。

けど、元祖「癒し」カラーの嵐さんとは違うんだよなあ~
ちがうけれど、心地いい。
けど、大野さんがいる嵐にはかなわない・・・。


:::::::::::::::::::::::::


しかし・・・
話は変わるけど

とんねるずのタカさんを見るたびに良く思うのが
「やわらかくなったなあ~この人・・・」
そして一番に思い出すのがうたばんでの下剋上コント。。。
そんでもって震災後すぐのVS嵐。。。

タカさんがいつから優しい人になったのかはわからないけど
昔はキツくて苦手だった。
(ノリさんは前から優しい感じだったけど・・・)

気づいたら下剋上での大野さんへ指令を出している優しいタカさん。
わたしが気づいたのがそれだから
あなたも大野マジックにかかったのかと思ってしまっているけど
本当のところはどうなんだろう・・・。
その経緯はわからないけど、
なんとなく私の中では大きく成長したとんねるずが引っ張ってくれた(ように感じました)震災後3日目に収録されたはずのあのVSはさすがだなと拍手喝さいだった。


下剋上といえば中居くん・・・。
なんとなくスマップと嵐は別々感が最近とても強いような気がするんだけど
わたしはうたばんの時のやりとりが今も見たい。
中居くんは後輩をかわいがってる感が感じれたし
嵐は先輩を慕ってた。
リーダー同士のやりとりは強い信頼関係が確立されていて
心地よかった・・・。

両方のグループとももう日本を代表するグループ。
だれでもかれでも仲良しってことは見てておかしいかもしれないけど
前みたいに中居くんぐらいは間にいてほしいなあ~。
だってどっちも好きなファンの人たくさんいると思うし・・・。
競争したりどっちがどうとかというものでもないと思うけどな。

昨日動画の旅に出てたらスマップのバックダンサーとして踊っている
大野さんたちお兄ちゃんズなJrさんたちを見つけた。
コンサートぐらいでしか接点がなかったのかなあと思っていたので
歌番組でガッツリバックダンサーしてたのを見つけれて嬉しかったな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、そんなことをぐだぐだ言ってるけど今日を無事に過ごせば
明日番宣の大野さんに会えるから心が騒ぎだすこと確定♪
ヒルナンデスは確実みたいだし、今日は試写会があっているから
明日の朝からのいろんな番組も映るかもしれないと思って録画準備OKしてる。今夜のzeroカルチャーも。
土曜は王様のブランチで新曲の宣伝で嵐さんが出るみたいだし
夜は土曜の嵐☆

今からも雑誌祭はまだ続いていくわけだし・・・

しばらく週3のレギュラー番組が見れなくなって
当たり前だったのが当たり前でなくなってた期間があって
よかったのかなあってキモチになっている。
贅沢な欲が積まれないうちにリセットできたし。
それに気づかされる期間になったかな。




あっ、そうそう・・・
今回わたしスポットを見ないようにしてます~。
録画は怠らないけど、それは後で見るように・・。
SPや映画はいろんな映像見なくて入りたいな(笑)


そしてもう一つ
うちの旦那さん、何を思ったのか(わたしが大野ファンな分アンチ大野)
お前がすごいという大野のダンスを見せろって言われました☆
TOP・・・他ソロ
まだ見えぬ世界へ
ろーたす
などなど、あとコンサートでの私のお勧めのガシガシ大野さん・・・
途中で寝ずに見てた(笑)
おっ。心を開いてきたかな・・・

いや~わかっていたんですけど
わかってるからこそ、慎重に慎重に厳選して予約・・・

でも、こまったもんです。。。
予約していないものをせめて脳裏に焼き付けようと
本屋に行くと、持って帰らないということが出来なくなる。
だから冷静に冷静に・・・と思いながら本屋に通ってます。

わたしの通っているブロガーさんのところでの
訪問者同士の会話もすごい!
どこで何がいつ出るという速報と内容・・・
どんどん増えていく雑誌の名前。そして総買い。。。(羨ましい・・・)

多分あちらこちらでこの現象が起こっていると思う。
だって、書店に行くとあるはずであろう大野さんの雑誌が

。。。ない。。。

+act が発売3日で増刷されたけれど
その3日目というのは地方組がやっと手に入れることが出来た日。
わたしはネットで予約していたので1日前に手に入っていたけれど
他の雑誌を見に行ったらいつもより多く積まれていた。
多分私みたいにネットでの購入組が多いだろうから売れるのかなと思ってたけど心配無用で数日後行ったら何にもなかった。1冊千円もするのに....

本屋さんでいろんな表紙の大野さんで埋め尽くされる予定だったのに。
これじゃあ、一般の人の目には触れることがないんだろうなあ・・・
という残念と喜びそして一体どれだけファンがいるんだろう・・・と感じてる。


大野さんを含め嵐さんのファン層は
わたしのような主婦層も多いだろうと感じている。
そしてその主婦層をガッチリ掴かむことのできたということは
嵐さんの強みでもあるのではないだろうか。

時間がある。子育てから手の離れた人は余裕がある。家計も握っている。
年齢的にもご主人の収入も若い頃と比べれば上がっているはず。
不景気と言われているこんな世の中でも嵐のファンの中に入っていれば
本当に不景気なんだろうかと・・・。
家計が苦しくてもどうにかやりくりしちゃうことが出来る、家庭内が明るくなる
子供と一緒に共感できることにもなる・・・
将来、その子供達は成長して大人になってもしっかり覚えてることになるだろうし。


中3.中1.小1の母親だけど
やっぱり子育てから手の離れた長男のママ友が嵐ファンが一番多いし
力の入れ方もココが一番。(飛行機に乗って国立に行くまではココ)
一番下の子のお母さん、しかも長男長女であれば
「仕事もしててどこにそんな時間があるの?」と言われると言うことは
育児や家事に精一杯で娯楽への余裕がないってことだし
実際わたしも同じだった。


年齢を重ねている分いろんな経験をしているから
人を見る目というのも年齢の分判断が厳しい。
これだけの露出と動画やネットという便利なものがあるために
長年培った厳しい目でどういう人物かということも簡単に判断材料として手に入ってくる。
それでもこの人が。このグループが素敵だ!と認めてしまったらただのミズモノでなくホンモノという気がする。
魔王の頃に出たスキャンダルも今もなおどこを検索しても出てくるけれども
どういった内容かというのも手に取るようにもわかるけれど
大人な主婦層は厳しい目で判断しそれでもファンとして思えるということは
見た目やうわべだけで判断していない・・
だからこそ短時間で冷めると言うことも無いような気がしてます。
全体的に・・・。


::::::::::::::::::::::::::::


どうせ出費するなら・・・嵐または大野さん

考えるとうちだけのことを考えても
この間は炊飯器を買うことでどこにしようかな~と思っても
やっぱりHITACHIにしたし
掃除機を変えようかなと思ってもきっと嵐さんのとこにするだろう
家族全員auにも変えたし
(嵐が広告塔じゃなかったらわざわざ面倒だからしなかったと思う)
嵐だからわざわざ購入するってことはないけれど
どうせ購入するのなら嵐さんの・・・ってことになってる。
きっと、もうすぐ流れるだろう某メーカーのお菓子も
せっかくだからおやつに買うのもお土産として持っていくのも
ここになるだろうな・・・(笑)


大野さんにかかっていくお金はさすがに痛いなあ~とも思ってます(笑)
でも、震災があってわたしができることとして
被災地へだけでなく、いろんな業界や業種の全体の経済を潤すことも
一個の単位が小さくてもそれが数多く合わさっていくことが
日本を明るく出来ることのひとつになるんじゃないか・・・と思って
言い訳になるかもしれないけれど
あ~無駄遣いだなあと思いつつ、いや、それが出来ることの一つだと思ってますね。


これからも続く雑誌ごと。アラシゴト。大野さんごと。
楽しくやっていきたいと思ってます。はい。




Powered by FC2 Blog