プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


自分自身が完璧だって思うものは最後の最後までないんじゃないの?
目標があってそれを達成いた段階で納得した手ごたえはある。
だけど自然に次の目標が見えてくるんだよね。
次へ次へと果てしないんだと思う。



もっと向上させたいのは踊りと歌だね。

デビューして一年目は仕事に欲もなかった。
そんなころ・・・

レコーディングしたら余りの下手さに凹んだから
友達の録音機材で歌を録って聴いたりして
それなりに努力してきた。
今の今までもっと上手くなりたいって気持ちがどんどん強くなっている。
だけどまだまだ自分の中の理想には届いてはいない。



アルバム「One」の話があったのでその頃だと思います。
切り抜きなので何に載ってたのかわかりません。
アイドル誌 ARASHI more(もっと・・・)というテーマかな。


:::::::::::::::::::::::::::::::::


昨日の大野さんのラジオの話で
またもや素が見えたようで嬉しかった。

そう・・・
彼のゆったりした雰囲気から見た目そういう感じがしないけど

超多忙だろう・・・な大野さんのスケジュール。
それに加え時間のかかる趣味もお持ちで・・・
普通に考えても時間を最大限に有効に使わないと
とてもとても24時間では収まらないと思う。
(そんなに忙しいわけでもない私でさえ24時間足りないと思ってるから)

ダンスにしても歌にしても
わたしに見えている大野さんの仕上げ方は
「適当」という言葉は全く見えない。

正確かつ几帳面・・・実にストイック。。。

に私には見えます・・・けど(笑)

もちろんそれは今までの蓄積しているものがあるから
1から始める人からしたら時間も短縮して自分のものにしているだろうけど
なんせ、常に進化する姿を求められてしまっている立場だろうし。
しかもどっしり構えているリーダは
時間に追われてあたふたしてる人からはでないオーラだと思っていたので
テレビで見るゆる~い大野さんの裏では
きっちり大野さんが常に存在してるのではないだろうなあとは思ってました。

だからダラダラやりたくない。とか
スパッスパッとやったらスッキリする。とか

だろうなって思いました。。。


そしてそれは自分に対してであって
人がそうしててもそれにはイラッとしてるようにも感じないかな。
結局自分に厳しくて、他の人はなんでも受け入れる・・・っていう
言葉に結びついています。。。


::::::::::::::::::::::::::::::


私このところ、パソコン中毒は少し控えれるようになりました。
その代わり今は嵐の曲をピアノで弾けるようにっていうことに
ハマッております。。。

最初は櫻井さんがコンサートで『Blue』を弾いてたのを見て
よし!わたしも・・・。と思い・・・
実は大野さんを好きになって楽譜を2冊買ったのはいいものの
ずっと宝の持ち腐れで・・・。
どんどんキーが変わっていくのやら♯や♭の多さにめげつつも
とにかく『blue』は何度も曲を聴きなおして仕上げました。
もう頭が固くなったのと慣れてないのとでめげたりして
時間がかかったけれど
CDでの嵐さんたちが歌うのに合わせれることが出来た時は
まだまだ下手だけど「やった~」と思いました。

それが1年前。

で、あまりの大変さにずっとやめてました。
でも半年ぐらい前からボチボチとやり始めていくうちに
数が多い♯や♭にもようやく慣れてきました。
少しずつ弾けるのが早くなってきてる・・かな。
ただ、間奏とか入ると面倒になってそこで他の曲に移ってしまうのが
わたしの悪いところで、仕上がってない中途半端なものが増えている。

ストイックではなく、アマアマなわたしです。

きっとラジオで話してた大野さんの言葉は
自分に対して短気で几帳面なんでしょうね。
わたしは真反対。自分に対して気長でずぼらです(笑)

途中で投げ出しているたびに
大野さんはこんなんじゃいけないんだろうなあっていつも思いますね。
正確さも確実性も要求されるし多くの数をこなさないといけない。
しかもいろんな分野で・・・。
結果も期待されてしまっている分、答えなければならない。
正直すごい・・・はずです。

jrの頃からバックで踊る時からそれは要求されているのであって
短時間に習得し少しでもずれることなく踊らなくてはいけない・・・
「できません」は通用しない厳しい世界。そして瞬発力も必要。
そういう厳しい環境におかれていたんだろうなあ・・・。
職業病といったらそうなのかもしれませんね。

だから、
いろんな姿の彼を画面を通して見ることができる私はいまだに
尊敬してしまうし好きだということが止まらないですね。

スポンサーサイト
過去とかいろんなことを振り返ると
意味があったり、全部つながったりするから。
あっ、ああいうこと起こったのはここにつながってたんだとか
それをすごく感じるからかな。
だからやらなきゃいけないんだよねえ。
でもやるからにはたのしくやろっかなって感じ(笑)。


~「H」2009.12 vol.103  嵐10th ANNIVERSARY SPECIAL より~


この本の大野さんと記者さんの話はどこを取っても好きだった。
だからどこを抜粋しようかすごく悩みました。

だけど、私が読んでいて
そうだよねって・・・一番「らく」になったところ・・・かな。


この言葉はスーパーアイドル大野さんだからだけでなく
普通に生きている一般人のわたしにも共通する言葉。
たしか、個展の本「FREESTYLE」のインタビューを読んだ時も
別の内容だったけど同じ気持ちになったのを覚えている。

生き方は人それぞれ。。。
いろんな顔があるようにいろんな生き方考え方はそれぞれ違う。
与えられた時間(1日24時間)はみんな平等。
それをどういう風に生きていくのかがポイントだろうなあって・・・。

どうせなら楽しくいきましょ・・・。

大野さんに出会う前の私はどちらかというと
見た目は楽観的そうで内側はマイナス思考だった。
多分、大野さんを知るたび、彼の言葉を見るたび
そしてそれが過去の動画によって結び付けられていくたびに
自分がいつの間にか「らく」な生き方を選んでいるように感じている。
もちろん大野さんだけの影響ではなく
わたしの身近な友だちや出来事の影響もあるんだろうけど
でも、これだけ雑誌や動画やいろんな大野さん情報を
見てしまっているから、多分影響は大だろうな・・・。

そして大野さんから出るこの言葉は
いろんな経験をしてたくさん苦悩して
出した答えだろうなと感じるのでとても重みがあります。
彼よりも数年長く生きているわたしも
彼のようなこゆい人生を歩んできたわけではないけれど
いろいろな経験をしてきたからこそ
すんなり身体に入ってきた言葉だと感じました。



今は、常に何事もするなら楽しく・・・を心がけています。
何かが起ころうと、苦難がやって来ようと
これはわたしが一歩成長するなにかなんだろうなと受け止めています。
だから「らく」になってます。(時折わからなくもなりますが・・・)


でも、それが一番だと思います。


まだ22だよ・・・

知り合いの息子さんが亡くなった。
22歳という若さで。。。

死因は突然死。
原因がわからず司法解剖してもらったけれど
それでも原因不明との結果だったらしい。

お盆に帰省して家族みんなで送り
多分亡くなっただろうという日は
バイトをして深夜みんなで食事をして帰ったとのこと。
数日後、バイトに出てこないということと連絡がつかないということで
店長と彼女さんがアパートの管理会社に部屋を開けてほしいと・・・
保護者の了解がないといけないからということで連絡がはいったとのこと。

他県に遊びに行っていた先でのことですぐにその場に急行したが
すでに警察が入って部屋にも入れず、息子さんにも会えず・・・。
それでも原因がわからないため、司法解剖をされたけど
わからなかった・・・。

ご両親を知っているけれど
ものすごくやさしくて物腰が柔らかくとても温かい人。
お葬式の時お友達がお別れの話をされてたけれど
ご両親と同じような人柄だったんだろうなあと思いました。
姉弟の仲もよく、2月にイギリスに行った写真が飾ってあった。

うちの息子と8つしか変わらない。
人柄も良く頭もよく前途を楽しみにしていただろうに
ご家族や親しい方の気持ちを思うと言葉にならない。

わたしでさえ、まだ親しい友人の葬儀には出たことがないのに
斎場にいたあの学生さんたちはまだ若いのに
友達を見送らないといけない現実が悲しかった。

ただ、お顔を見ると安らかに眠っているようで
苦しまずに静かに逝ったのかなあと感じ、それだけ少しだけ安堵した。


この年になると
生きている分つきあいの幅が広くなる分いろんな話を聞く。
原因不明の突然死はこれで3人目。
原因がわかっての突然死は数人いる。
わたしの祖母も小学3年の時
祖父の寝ている足元で倒れて亡くなっていた(心筋梗塞)。
朝起きてトイレに行って顔を洗い身なりをきちんとして倒れたようだけど
大騒ぎしてたからすぐに姉と見に行ったけど眠っているようだった。


若い人の原因不明の突然死については今まで憶測してた時もあった。
でも、本当にそういう現実があるんだなと・・・知りました。


生きていく中で何があるかわからない。
たとえ神様にあたえられた時間が決まっていたとしても
長く細く生きていくよりも
短くとも太く生きていくことが大事だと
一日一日を大事に生きていくことが大切だと感じました。


ひとつにこだわらず
いろんな世界観を見せられたらいいね。
今年は震災があったから
皆に少しでも元気になってもらいたいっていう
気持ちはもちろんあるけれど
そういうことは簡単に言葉にできることじゃないから・・・
僕達の姿を見て何か感じてもらえたらいいなと思うんだけど。



月刊ハイビジョン 2011.9月号
全国ツアー「Beautiful World]開幕記念 大野智トークより



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大野さんの24時間テレビの怪物くん
全国で宣伝したにもかかわらず
一部放送をのぞく・・・の地域が多すぎましたね。
大きなさとしっくの波があの日周辺動いたような感じがしてます。

でも、これもまた一部地域を除いては
地方放送でもいろんな時間帯に放送されたみたいだし
そんな悲しんでいる地方のファンの為に
すぐに動画にて上げてくれたファン。。。
翌日のワイドショーも反響を知ってなのか
怪物くんの歌う姿の割り当てが多かったのかな。。。

そしていろんな形であれ、あの映像を見た多くの智ファンは
「大野智のファンでよかった」と心からそう感じたのではないのでしょうか。

豪くんに接する姿や対談の言葉でも思うけれど
大野さんという人は
自分に対して思い上がる様子を全く見せない。いや・・・
むしろ自分はたいしたことが出来ないと思っているような感じがする。
(それは震災関わらず今までの言葉や過去の動画や録画を見ていると点と点がつながっていく)

震災が起こって少しずつ見にするテレビでの彼らを見ていても
今の嵐だったら・・
私の中ではこういうときこそ自分達が・・・と出てくるのかなと思っていたら
逆にやきもきするぐらい引っ込んでいる感じもしていた。

けれどこうやってこういう言葉を見ると
彼は彼らは自分たちが本当に苦しんで悲しんでいる人からすると
非力だけれども何かを発信していくことで
いろんな状況の人が感じ取ってもらえるかもしれないし
感じ取ってもらえないかもしれないけれど
もしかしたら、なにかひとつでもきっかけになってくれたらいいなと
だから目の前のことをがんばろうかなと思っているんだろうなあと感じます。
発信するものは弱い光でも〈決して強くない光だとしても)
じわじわと確かに効いてくるまるで温熱治療みたいな。


::::::::::::::::::::::

本当に大好きだよというのが微笑ましく映る豪くんの姿
そうだろうなあ・・・と思わせる彼の穏やかな和やかな雰囲気を醸し出す
VTRの大野さん・怪物くんになって武道館にいる大野さん・小窓にうつる大野さん
「大野君がだいすき」という言葉に恥ずかしそうに嬉しそうに笑う大野さん
ちびっこダンサーを気遣う大野さん
たった15分の時間にいろんな優しさをふりまいてもらいました。
そしてそのひとつひとつの表情や動作が
彼の思い上がることのない素の姿に感じました。


24時間での15分間の
あの優しい二人のやり取りを見ていることによって
障害者への・・・という考えだけではなく
人としての思いやり、人への接し方、物事の考え方が
わたしの心の中に強く残ったような気がします。







大野さんを動物にたとえたら・・・わたしはうちの猫と思ってます。

                       ごろにゃ~ん☆
TS3V00080001.jpg


かわいいです。はい。

飼う前までは猫は怖い存在で猫派より犬派でした。
なのに今では断然、猫派です。

ほとんど鳴きません。とてもおとなしく、静かな猫。
においも無臭だし、爪とぎも爪とぎ器以外にしないし
トイレもトイレでしかやりません。
人が来ても動物を飼っているとわかりません。
ごはんも自分のお皿でしか食べません。

だから人間と変わりないです。・・・な、はずはないか~。。。
でも、とてもきれい好き。いつでもどこでもどんな格好でも寝ます。

自分がこうと思わないと動きません。
猫はきっとどの猫もそうだと思うけど
こちらの意向には自分がそう思わないとやってくれません。
何を考えているのか黙ってじっとわたしや家族の動向を見つめています。
なので観察は好きみたいです。

なのに自分の思うままに動くしぐさが愛らしい。

テレビの嵐やコンサートを見ていると
寄ってきてわたしの前に座って見てます。
とくに大野さんは
何度も見ているだろうから聞いているだろうからもしかしたら
なんか見たことある・・・ぐらいは認識できてるのかもしれません。

ご飯やってるわけじゃないけどわたしが一番好きみたいです。

トイレについて来くるし、お風呂では待ってるし、
気分がむけば外出する時や帰ってくる時に玄関まできます。
あっそっ。って感じですけど。

一番下の娘が抱っこしてぶんぶん回しても
「だからなに?」と物怖じしません。
あっ、さわがしいよその子供たちは基本苦手のようです。
うるさかったりさわがしかったりすると、消えます。

いつもまったり行動やそんな格好で寝るかと思う姿なのに
動こうと思えばものすごい俊敏なのです。
ジャンプ力やバランス感覚・・・
動きを見ていると身体能力がすばらしいです。
愛らしくて癒されて慰めてくれる
新聞や大野さんの雑誌を見ていると
その場所にわざわざ寝てどかないふてぶてしい態度。。。
そしてまったりなのにやるときはやるところ。。。
得意技は気配を消すこと。

歌わないし喋らないしどや顔もしないし踊らないし
外に出たこともないから
焼けないし釣りも知らないし絵も書けません。
もちろん人間でないし、おんなのこなんだけど


わたしにとっては、まるで大野智です。。。
と、いつも思ってしまってます。


名前を「さとちゃん」にすればよかったかな・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※注意

 あっ、難点がありました。毛は落ちます。
 なので我が家はいなかった時よりきれいになりました。
 そして毛がつくのが嫌だからいろんなものを置けないから
 スパ~ッとしてなくちゃいけなくなりました。
 たんすの後ろまでも定期的にお掃除しなくちゃいけないし。
 
 猫はそれぞれ性格もちがうだろうから
 そんなにかわいくて楽ならほしい~と気軽に思っちゃだめですよ。
 うちの猫は嵐5人の中でもどのタイプかとしても
 大野さんタイプの性格なだけです。
 たまたまうちに来た猫がそんな性格でしたってことです。


........................................................


☆追記☆

武道館での怪物くん見れました。
地方に切り替わる前に武道館玄関前で一瞬だけ。
わたしはその後は
関東のお友だちがメールで実況中継してくれてました。
映像の方は、あと数時間待てば多分見れたんですけど・・・

そんな地方の人たちの悔しい想いを
どうにかしてあげたいという気持ちだと思いますが
ありがたいことに早急に上げてくれた方がいらしゃったので
見ることができました。

感想は・・・
VTRでは大野さんも少年もすごくいい表情でした。
24時間TVは重い内容になりがちですが
彼の表情や笑いかた優しいトーンの話し方がやわらかくしてくれます。
武道館での小窓にうつる大野さんのやさしい表情がまたよかったです。

パーソナリティは関ジャニなので主役は彼らたち。
全面的に大野さんのことが大好きなこの少年との話はもしかしたら
全国区でなくてよかったのかもしれません。
地方に切り替わった時、地方番組でよくお見かけするスタッフさんの
出向かれてイベントを盛り上げ募金を募っている姿を見ていたら
そう思いました。

反響があってなのか最初からそう決めてあったのか・・・
地域ごとに別枠の時間などで放送されるようになっていますよね。
それでよかったのかもしれないなあ・・・と私は感じました。

9月にキャンプに行こうと計画してたので
あの場所に行ってみようかな・・。
うわさでは耳にしてますが本当かどうかわからないから
行ってみて同じ場所だったらうれしい・・・かな。
一応あの日はそう・・・あんなにひどい雨でした。
途中からくもりになりましたね。

同じ場所があったならビンゴでしょう。
その時はここにアップしますね~。


24時間テレビもあと少しになってきました。
がんばれ~♪
2年前の今日の今頃かなあ・・・
旦那さんが残業で遅いから待ってるときに
大野智っていう名前をまだ知らなくて誰だろうって思って
とりあえず『大野 ソロ』でクリックしたのは。

いや~~~
最初誰だかわからなかった(笑)

その日いろんな宿題くんを潤くん中心で見ていたけど
大野さん相葉さんは名前と顔が一致してなくて
興味も全くなくて・・・そんなぐらいの私だったから

『なんじゃ、こりゃ~~~』

あのソロダンスを踊る大野さんは本当に誰だかわからなかった。
口が開いたまま、とにかく釘付け。。。同じのを何度もリピった。
多分「なにこれ?だれこれ?なに?なに?」
旦那が帰ってくるまで深夜にパソコンに向かってつぶやいていた。

最初は嵐のジャニーズの芸能人のどうとかじゃなく
とにかく日本人の男性が
こんなにかっこよくリズミカルに踊ることができるんだ~と驚く。
一番衝撃的だったのが
ゴムマリみたいになんともいえない軽い感じに驚いた。
(すぐ後で下の方のコメントで重力の無いっていう言葉を知ったけど)
ダンスのことをよく知らないけど
音楽とダンスの動きがなんとなくピッタリ合ってるということにも。

次にジャニーズ事務所ってとこが
そういうすごい集団をたくさん抱えているところだということに驚く。
プロじゃん・・・って。
失礼な話・・・
アイドルって才能とか努力とか必要がないとこなのかって小ばかにしてた。
嫌いじゃないし、ドラマとかも見てたけど
わたしにとって俳優業とか歌手とか芸人とか
1つのことしかしていない人たちからすると
宙ぶらりんっという感覚をもっていた。

第一、この私がはまる様になるとは思ってもみない世界だった。

大野智という人物にとにかく驚いた。
そしてとにかく調べたくなった。
調べれば調べるほど興味がどんどんわいてしまう・・・
今までに無い自分になってた。

それからは旦那さんの仕事の忙しい時期と重なって
シメシメっ感じでパソコン中毒のはじまり・・・で。

::::::::::::::::::::::::


大野さんの演技や歌声にもまだ気づいてない。
とにかくダンス。あとバラエティとかでの人柄。
そっちの方だけでいっぱいいっぱいだった・・・。


::::::::::::::::::::::::


今日、会報が届きました。

と、共に3回目の更新の振込用紙も入って。
なんか・・・懐かしい気持ちになった。

あの時、いつがきっかけというのが分からなくなりそうだったから
4日後の旦那さんの誕生日にファンクラブ加入する手続きをした。
最初は郵便局で記入する時、恥ずかしいなあ・・・と思いつつ
『大野智』って書いて窓口に出したのを覚えている。

すごい決断の早さだろうけど
たぶんその3日間でジャニーズへの見方が180度変わり
このわたしが加入しようとまでも納得するぐらい
相当な時間を費やしてたんだろうな。
旦那さんに相談してOKでたから4日目の仕事の昼休みに行った。

それから時が過ぎ
本屋さんでも女子高生の横で立ち読みすることに慣れたし
本屋さんのスタッフさんにも気軽に予約や入荷について話してる。
(地方は遅いから・・・)
子育てや日常のことを書いてたブログをもう一つ持ったけど
そしてココのブログはうちの猫のブログにしてたけど
子育ての方はだんだんと大野智になっていき・・・
使い勝手のいいこのブログに引っ越してきた。
そういえば猫の前は潤くんブログにしようかと思ってて
最初のココの題名はjunjunだった(笑)
まだ初期だったから消しちゃった~か、あっちに持っていったかな。
忘れちゃったな・・・

:::::::::::::::::::::::


あの衝撃は、今思い出しても鮮明に覚えている。
私が墜ちていった様子もよく覚えている。

        *

大野担当の中で仲良くしてもらっているブロ友さんがいるけれど
2.3日前メールでのやりとりに
何気に今日が誕生日だと書いてあって鳥肌がたった。
わたしの大野さんと出会った日と
大野ファンの中で一番仲良くしてもらっている人の誕生日が
たまたま同じ日だった。

少し落ち着いた?気持ちと
新しい発見と
振込用紙という現実と・・・

わたしの大野さん3年目にかんぱ~~~い☆です。


2009.9.4のわたしの書いた日記・・・興味がある方だけどうぞ

気分転換。。。

昨日お友達のところにいたら
ガーデニングの好きなうちの母と同じくらいの方の
お宅訪問されてもらえることになり見させてもらいました。
これ・・・マンションの11Fなんです。
うちもマンションで植物は好きなんだけど
いまいち植物くんたちが痩せているみたいな感じになって
ベランダでは無理なのかなあとあきらめてましたが
11Fというのに家の中から見ても1Fのような雰囲気。
青々と茂った植物たち。
すっごく癒され、うちでも出来るっていう
勇気・元気をもらって帰ってきました。
季節によってはバラがすごくきれいに咲くらしいです。
外に向かってきれいな花が咲くそうで
車で気づかれた人や路上を歩いている人足を止めて見ていくそうです。
(そういえば私も下からすごいなあって見てました)
玄関もお部屋もすごく素敵だったなあ~。
これはベランダの方から部屋の方に向かって撮ったものです。
わたしの背中から左側のところにいろんな種類の薔薇や植物たち。
ちょこちょこっと顔を出している小物・・・。
あ~~~、センスがいいってこういうことだろうなあ・・・
広くないマンションのベランダを有効に使われている・・・
かっこいいなあ~うちもこんな風にならないかなあ~
ってすっごく感じました。
家の中の水槽ではご主人が育てている
めだかの赤ちゃんもいて・・妊娠中のめだかもいて・・・
愛情かけることっていいなあって思いました。
わたしもおうちに愛情かけてみよう。。。っていう気持ちになりました。

TS3V00230001.jpg

お土産にもらってきた植物たち。。。
葉っぱがまるまるとして幸せそう・・・♪
お友達からもらった有田焼のコーヒーカップに入れました。
もったいなくて飾ってたけど、これなら大事に育てれる予感。。。
左下は小1の娘が小学校で地域のおばあちゃんからもらってきていた
紙で作った薔薇です。
これも捨てるのにはなあと思ってなおしていたものを探して出してきました。
なんだか、今日訪問させてもらって実家に眠っているいろんな陶器思い出し
よし☆もらいに行こう~♪と前進・・・な気持ちになりました。

TS3V00280002.jpg

写真撮影していたらうちのまねきねこがやってきました。
そういえば白くて目が青いから首輪をとるとアフラックのねこに似てるかな。

TS3V00300001.jpg


前回のブログではわたしが気を落としているのかなと心配されたのかなと
コメント読ませてもらいながらそう感じました。
ありがとうございました。へこんでいたわけではないです。
なんかすっごく冷静な自分でした。
常に思っていたことを書こうかなというきっかけになりましたが
それが○か×かは正直わからないです。
ただ、今のわたし個人としての考えとして書かせてもらいました。
今、少しだけクールダウンしていた時でもあったので
大野智オンリーファンブログにしているのが自分にとって
重いなあと思っていたので、このままドロンしても・・・
なんて感じないわけでもなかったんですけど
こうやってコメント読んでいると
わたしのこんなブログでも
一人でも遊びに来られている方がいらっしゃるなら
やっぱり今のまま自分のペースで続けようかなって思いました。
ちっぽけなわたしでもそう思うんだから
多くのファンを持つ大野さんも
こんな感じでがんばろうかなってやってきたのかもしれませんね。
コンサートではリアルにファンの顔もリアルに見れるし
そんなファンの笑顔は大野さんのがんばろうの栄養なんでしょうね♪


こんなとこでよければまた遊びにきてください☆



私のブログ上での動画についてご指摘がありました。
いろんな人が出入りするであろうこういう場所。
確かにいつかは言う人も現れるだろうなとは思ってました。
今回を機に動画について考えてみました。
これは日常的になっているわたしの生活の一部としての見解です。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

よく行く動画サイトでのコメントを見ていると削除されアップされの繰り返し。
反対される方の意見も目にしているし
逆に感謝している人の意見も目にしています。
私の中でも
j事務所や嵐ご当人さんたちからしたらタブーなこととも分かっています。
この場所で動画のことを書くのは
いけないとはわかっていながら話題に出していました。
それだけわたしの大野さんへの想いには動画という存在というのは
切っても切れない大きな力となっていました。

最近は保存する方法を知らない私が
地上波でオンエアされたものなら許されるのではないのかと
自分の中で記憶として忘れないでいたいから言葉の記録として
あとで読み返しながらその映像を思い出そうかなと
せっかくだからココに来てくださっている同じファンの方と
共有しようかなとのことで上げようかなと思っていました。


ご指摘を真摯に受け取り
今後は自分だけの記録として残して共有という形はやめようと思います。


:::::::::::::::::::::::::::

動画については
私個人としては全面的に『感謝』という言葉しかありません。
もちろん、それは悪用〈下げる)という形のものは呆れます。
(そういうものの善悪の判断は私を含め
ここでこの文を読まれている方ならできると思います)
それにココで誘導するということが「良し」ではないとも理解してます。

しかし私の今の大野さんへの想いというのは
どう考えても動画なしでは考えられない。

まず動画なしでは彼とは出会ってなかったと断定できます。
TOP SECRET が彼や彼らへの想いの第一歩で、
それからその後に見た昔のいろんな映像から彼の人柄が
自分の今までの経験とそういうものを結び付けて
多分こういう人なんだろうと想像していきました。

スキャンダルについても
自分の中に虚像だろうけど出来上がった大野さん像というのがあり
十分に跳ね返すものも備わっていました。
その人間像は今でもなお継続しています。
多分あの時テレビだけでの情報での私の中の大野さん像であれば
ふ~~~んそういう人なんだというだけで離れていったと思います。

家に並んでいるDVD、CD、雑誌・・・
この我が家の風景にしてもここまでハマらないとあるわけがない。
もっと知りたい見たい聴きたいと購買欲を高めたのは
やはり動画の力というのも過言ではない。
ワンクリックして、4日後にはファンクラブへ加入。
そしてすぐ手に入れたのがコンサートのDVD。
ジャニーズに対してどちらかというとアンチだった私が
2008年一緒に行こうと誘われて
「ジャニーズのコンサートには恥ずかしくていけない」と言ってた私が
躊躇なく即座に踏み込んだのも動画でのいろんな映像を見てから
彼らのエンターの素晴らしさに驚いてのことでした。

もちろん
育ち盛りの子供達がいる家計をやりくり主婦としては高い買い物です。
それでも欲しい。そんな価値があるものだと・・・。
大野さんを好きになったきっかけが
私と同じTOP...のようなソロダンスからという意見をよく目にしていました。
嵐が特別好きでもない人が彼のソロダンスを
レンタルで借りれるものでもないDVDの中に入っているものを
動画以外で目にすることはなかなかないのではないかなとも思います。
そしてわたしのように
動画によって同じように堕ちていった人は少なくないと思います。

そして、わたのような年齢層の心を掴んだグループだからこそ
2世代や家族ぐるみで好きになっていき
経済効果もここまで大きく動いているのではと思います。
それに嵐というグループが韓国、台湾などのアジア
アメリカやペルーなどの日本以外での
嵐ファンの方の人気というのはどうやって増えたのでしょうか?
ずっと考えていることだけど、やはり動画の影響ではないのかと思います。
そして実際にロスにいらっしゃるファンの方に聞いてみたところ
やはりわたしと同じぐらいのかなりの量の動画を見てらっしゃいました。

::::::::::::::::::::::::::::


起爆剤。

いくら才能があっても素質があっても
何かを起こさない限り知ることはない。
気づくという発火があり
火種がどんどん大きな火となるのではないのでしょうか。
火が安定したらあとは消さないように上手く繋いでいけばいい。。。
ここまで大きくなった嵐という存在は
テレビや雑誌だけでできたのものなんでしょうか。


タテマエはわかります。
でもホンネのところ事務所はどう思っているんでしょうか?
動画について完全否定をしているのでしょうか?
きちんとした1企業だと思っています。
ならばきっとこれまでの人気の経緯など分析結果も出していることでしょう。

私が見る限り、プロ並みに勝手に作成されたまるでPVみたいな映像。
必要以上に仲の良すぎるような映像・・・。
善良なファンの想いが勝手に作り出した虚像・・・かもしれない。
でもそういう仲がいいグループと植えつけられたものがあるからこそ
テレビでのちょっときつめのコトバにしても
それが愛があるからと思ってしまう。
または、よりいっそう微笑ましく解釈してしまう・・・

そういうプラスの効果が
マイナスの部分を上回っているのではないのかと思ってます。


::::::::::::::::::::::::::::


過去に戻ることはできない。

大野智という人物に出会った時、彼をよく知っていくうちに
何故もっと早く気づけなかったのだろうかと悔やみました。
しかし、それらを解消できるのが
雑誌の言葉が点と点が線になって証明されていくのが私にとっては動画です。


動画について反対されている人の意見を目にするたびに
「ではあなたは動画を見ることは一切されないのですか?」と聞いてみたい。
なぜなら、動画サイトでのコメントにだめでしょうと書かれているのを目にするたびに
何故ここにいるの?といつも不思議に思ってしまう。
見回りに来ているだけではないと
純粋に見たいと思っているからではないのかと思ってます。

::::::::::::::::::::


世の中にはホンネとタテマエがあちらこちらにある。
それはこういう世界だけでなく
政治にしても社会にしても会社にしても友人関係にしても
夫婦にしても親子にしても・・・
大きなものから身近なものにしても・・・
もちろんそれは白と黒だけでない
グレーゾーンという場所で行き来しているものであり
それを効率的に有効に使うこと賢い生き方なのではと思います。

だからこのわたしの発言は読む人によっては
黒か白みたいになるのかと思うとグレーのままがいいのかなと・・・
公開しようかどうしようか悩みました。
大人になるにつれて黙っている方が利口だと思えてきている自分がいる。
タテマエしか書かないほうが利口です。
でもタテマエしか書けないブログならば続ける意味があるのかなと
そう思って公開しました。




俺、ダメ出しが大っ嫌いなの。

~2011.8/16ラジオにて~


::::::::::::::::::::::::

なんかね~、そうだろうなあって感じがしました。

まごまごボート部を見たときに
この人は何も言わず、いろいろ聞かず
人の背中を見て感じ取って自分で努力して
自分のモノにしていく人なんだろうなって

男なんだなとか職人さんみたいだな~となんとなくそう思った。

だから頑固とかそうのじゃなくて
自分で納得して創り上げたものに後で言われたって
しょうがないじゃんって感じなのかな。

うちの旦那さんもそういう人。
自分の目標とするものに対して日々の努力がハンパないです。
そして彼も助言は聞き入れなさそう・・・。

わたしは真逆。言ってもらわなきゃわかんないし
言ってもらったが早いと思うタイプ。
確かに早くなんとなく思ったとおりになるけれど
努力しないでそうしてるから中味が薄いって感じですね。

きっとうちの旦那さんがこのラジオ聞いてたら同感してるだろうな。


:::::::::::::::::::::

ところで最近キスマイくんたちの動向を見てます。
最初出てきたときはふ~んぐらいだったけど
募金の時、北山君が大野さんと一緒にピースしててそれがきっかけで
彼らが嵐のバックで踊ってたことを知ってかわいいかなと思って。

美咲ナンバーワンのときはふ~んだったのが
美男ですねのドラマではがんばれ~みたいな感じです。

なんだけど・・・

いろんなバラエティに出始めて見てると
なんかなんか彼らには自由がないのかなって
なんとなく気になっています。
遅咲きくんたちならいろんなグループのバックや舞台経験があるはず
なのに
スマップスマップ・・・というのが見え隠れどころじゃなくて
ば~~んと見て過ぎて・・・

いや~スマップはわたしも好きだし、同世代だし、今過去の映像見てもかっこいいなと思ってるし・・・なんだけど、なんか・・・この人たちには発言の自由も無いのかなあって
他に好きな先輩いるんじゃないのかなとかいろんな苦節ならではの話も
そんなのもジャンプするえさにしたっていいんじゃない?って思ったり・・・。

歌を歌う時も三人はバ~ンと出て、後ろはjrの子なの?みたいだし
なんだか頑張って欲しいけど見てるとせつないなあって気持ちになってます。
デビューしたばかりの今はどうしていいかわからないだろうけれど
早く軌道に乗って他のグループみたいになってほしいなあ。


::::::::::::::::::::::::::::


今日、動画の旅で3.11の津波を見てしまった。
見たらつらくなってしまうからと思って封印してなるべく報道番組も避けていた。
オグさんの特別番組を見た人が見てよかったという感想を見たので
思わずクリックしてしまいました。
5分ぐらいかな。山に避難した人が真下まで津波が押し寄せてくる瞬間まで。
ずっと向こうの家が破壊されて車が飲み込まれてどんどん近くは来ているけれど
まさかココまで来るはずがないというような距離。
それが目の前まで来ていました。
本当に恐ろしい光景でした。
そしてその映像はあの日以降数日は毎日見ていた映像です。

なのに・・・もう私の中では風化してました。

そこに驚きました。強く強く残っていると思っていた私。
教訓にしなきゃと思っていた。
けれど、こんなに恐ろしいものだったのかと
改めて津波の自然の猛威を目の当たりにしたことに
風化しちゃいけないんだと感じました。

そしていま、何不自由に生きている自分の環境に
感謝しなきゃいけないと思います。


::::::::::::::::::::


あと・・・
しやがれの最後に24時間に怪物くんが出るとの告知があったけど
どうも地方はわからないようです。
わたしの地域(福岡放送)ではその時間に無くて24時間が終わった後の地方番組らしいです。
しかも全部が流されるようでもなく・・・(局に電話して聞いたらしいです)
反響が大きければ検討されるとか言われたようですけど
どうして全国ネットで告知されたのがそういう風になるのかよくわかりません。
正直、毎年見たいと思って見るんじゃなくなんとなく見ているもので
今回は怪物くんが出るなら正座して見ようかなと思ってたけど
なんとなく残念な気持ちです。。。
関東のお友だちは録画予約のところのテレビ欄に
ちゃんと大野智の名前があったとのことなので間違いないと思いますが
他の地域は確認されたがいいと思います。


では、いろいろだらだらと書いてしまいました。

大野さんの笑顔

大野さんの笑顔にはなんか癒される。。。

それは、作った笑顔とかじゃなくて(作った笑顔もだけど)
それよりもこれは本当におもしろいんだろうなと思う笑顔が
とびっきり私にとって癒しパワーがある。
今までも、ちらっちらっと画面の隅っこにでも映っている
大野さんの笑顔を見つけては密かに喜んでた私。

そしてそんなわたしのキモチを知ってなのか
カメラさんがGood jobしてくれる。

尊敬している竹中さんのしやがれがそれを証明してくれた。
番組の1出演者というのを忘れたんじゃないかって言うぐらい
楽しそうな大野さん。

今まで見ていた番組とかの中で
お題をだされて一発目で当てたりするのを嫌がって
当てないようにしているのに当ててしまったりすると
あちゃ~~~っていう表情を見せたり・・・
そういうのを見ていると、
すごく大野智というキャラを守ってるんだろうな
ってそんな風に思っているのに
あの日はもう本当に大野さんツボ満載だったんだろうなあ~

キャラどころか素って感じで
見ているだけで幸せな和やかなキモチになりました。


::::::::::::::::::::::::::::


この一ヶ月ぐらいかな。ちょっとわたしごとで思うことがあって
少しキモチが・・・テンションが下がりつつでした。

まあ、短い間に
動画もいろんな智ファンのブログもかなり見たし(といっても2年がたった)
いろんな雑誌やDVDやドラマ、音楽・・・・
今更ながらファンになって
同じ智ファンと同じスタートラインに立てるぐらいになったかな。

10年分を2年で情報を頭の中に入れましたって感じで
家事育児仕事の上に智・・・怒涛の生活だったのかもしれない。
睡眠時間もすっごく減っても全然平気みたいな・・・(笑)
でもそれが楽しくて幸せで・・・。

大野さんと出会ったのは確か2年前の8月20日の
動画top secretへの1クリックなんだよなあ~。
あの時は自分自身へこんでいたのもあって嵐に出会って
大野智にハマって墜ちていって
もしかしたら現実逃避してたのかもしれないけど
でも今思えば楽にそして充実してた時間が経過していた。

今回は・・・う~ん・・・
あの時の大野智が好きな期間って言うのは
幸せの土台の上に成り立っていたものだったんだなあって感じてる。
今は大野さんよりわたしごとの方が上回っていてしまって相殺できないでいます。

・・・はい。まっ、そんな時もあるさ。。。


正直こんなに芸能人を好きになって長くはまるってことも今まで無かったので
この2年も続いたということ自体、自分ながらにすごいなあと思っている。
そして、その新しいときめきみたいなものが量は減ってきたものの
いまだあるんだよなあ~・・・。すごいです。彼は。

テンションは下がったといっても
自分の中での情報収集がいろんな液体になって
なんでもかんでもコップの中に入れ込んでそれが一杯になって飲み干して
じゃあ、2杯目は上質なものでゆっくりじっくり探して作っていこうか
みたいな感じかな。

キモチの変化みたいな感じではあるけれど
でも、大野智への想いは相変わらずかわらない。
曲も大野さんの声が少しでも入っていないと物足りなく感じるし
もともとテレビをあまり見ないわたしは
嵐や大野さんが出ないものはわざわざ見ようとはしない。
(たまたま子供がつけていると横から見ておもしろかったら見ることはあるけど)


そんな感じでもうすぐ満2歳を迎えるわたしの大野智ファン歴。

わたしの生活の一部として
楽しい時も苦しい時も悲しい時もそばにいてくれる
色んなものを通して目に触れる耳に入ってくることが出来るように
がんばってくれている

そして分かち合える
同じファン同士のやりとりや
勝手に読ませてもらっているブログたち・・・

大野さんつながりのそういうものが私の生活の一部にあり
健康食品みたいな感じで身体を浄化させてくれてるような
元気にさせてもらっているような気持ちにもなってます。

だからあの素の笑顔には癒されたのかな~。


怪物くんの頃はヒートアップしそうな気もしてるけれど・・・
とりあえず今は
私の心の中の傍らにそっとそばにいてくれている大野さんという存在を
そっと置いたままボチボチやっていこうと思ってます。

そして心地よい風が通っていくのを待っていようかな。。。

 


まごまごの動画がいっぱい上がってて見てました。
どれも前に見たことがあったけれど
やっぱり嵐さんたちいい人だなあ~と思う。
(色んなのを探してみたけど大野さんがらみと一緒の他メンはそれぞれ見たな~かなりがんばって探しました)
あの番組は今みたいに売れている時期とかじゃないから
変な力が肩に入っているわけでも重圧もないから
正真正銘の素って感じで大好きです。
関東方面だけなのかな。うちの地域は放送されてなくて
こうやって動画にあげてもらわないと見れないお宝映像。
UPされた方に本当に感謝です☆

沖縄のアセロラ回での結婚式では涙して
海女さんのトコに行ったときのおじいちゃんとのやりとりは
本当の孫みたいだったし、おじいちゃん本当に孫みたいにかわいがってた。
時間が無くて見なかったけど
きゃべつもやぎもいちごも神楽も神輿もらんちゅうも豆腐も酪農も
おみやげや、蕎麦屋、大野さんがもらい泣き、大野ファンな銭湯のおじいちゃん・・・
あとなんだったかなあ~・・・

結構頑張ってみましたが、どれもこれも全部好きです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は都内のチアダンスのおばあちゃんたちのところに
大宮でいったことを書きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大野さん
いつも踊っているかっこいいダンスと違ってなかなか覚えれません。
しかも、イヤイヤやっているから?笑顔もなくて・・
最初はふざけてました。
特訓されてますが、なかなかやる気も集中力も出ない様子。
そんな時、特訓係のおばあちゃんと2人で話します。

きついときとか笑顔がでないと弱音を吐く大野さんに

笑顔で楽しくすごいんじゃない!という形で見せたいと話すおばあちゃん。

旦那さんが病気のそのおばあちゃんは
苦しい姿を見ていると今日は休もうかなとも思うけど
みんなの中に入るとキモチがかわる。

勇気をもっていないと病気の人を助けれない。
だからこそエネルギーをもらってうちに帰ることができる。
明るい気持ちで接するにはそのエネルギーはとても必要なもの。
それの繰り返しなんだよと・・・。

そのことばで
大きなステージに立つ自分と
今のおばあちゃんたちとチアをやっている自分が

踊りや場所は違うけれど人に元気を与えることは変わらない。

それに気づかせてもらった大野さん・・・


それから心に火がつき集中して笑顔も出てました。

その後おばあちゃんたちの家族を読んで発表会。
大宮の息の合ったタンブリングでさらに華やかになり
素晴らしかったです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まごまごを見ていると
あ~いい番組をさせてもらったんだろうなって気持ちになる。

もちろんそう思うのは彼らの雰囲気が
おじいちゃんおばあちゃんのキモチをそうさせる何かがあるから
そういう方向へいったんだろうけど・・・

こういういろんな経験を仕事としてさせてもらって
世代関係なく、出会いがあって・・・
もともと持っている人格に蓄積されていき
ああいう人柄が形成されていったんだろうなあって思います。

本人にも今でもたまに見てほしいなあ・・・。

しかしこのまごまごを見るたびにおじいちゃんおばあちゃんたちは
今の立派な姿の大野さんのことを見てくれたんだろうかって思います。
わりと高齢の方もいたからなあ・・・。
長生きして映画怪物くんでまたさらに大きくなりそうな彼を見て欲しいな。

智がもっと活躍するまで死ねんぞ!というキモチを持っててほしいな☆


本当にいい番組です♪



ひざに人形がいた

おいらの背後は人形だらけだって言われたよ。
最初に挨拶したときにおいらの後ろにいっぱい見えてて・・
だから江原さんの様子がちょっとおかしかったみたい(笑)

アイドル誌だと思う・・・あらまし嵐 16回   テーマ 2007年前半の仕事 より
~明日への扉 江原啓之&嵐 現代人の悩みを救え のロケのこと~


/////////////////////////


多分オンタイムで見てたんだよな。これ。
ただ、その時は嵐がすきでもなんでもなくて
その上大野さんって人が誰とかもわからなかったころ。


でも・・・なんとなく人形のキモチわかるなあ。
わたしも好きなの一緒だから(笑)


大野さんを好きになってから改めて動画でこの様子見ました。

この雑誌に書いてある内容は

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江原さんと最初に会った時は打合せの時
よそよそしい江原さんにやりずらいなあとの印象。
(うしろにいっぱい人形達がいたから)
打合せが終わった後

江「大野君さちょっといい?」って。
江「5年ぐらい前に人形のいっぱいいるところにいったことない?」
大 (UFO~のロケでニノと行っていたと返答)
江「だよね。そこで人形の一体にすごく好かれちゃってるみたいだね。
今大野君の膝を両手で持ってる。今までずっと膝いたくなかった?」
大「そうだな。確かに痛かった」

で、お払いしてもらったみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これ、UFOも江原さんと大野さんとのやり取り(ロケバスの中だったと思うけど)どちらも動画で見てました。

髪の伸びる人形のいっぱい祀られているお寺?に大宮でロケに。
夜、多分・・・人形たちと二宮さんと大野さんは寝ていて
大野さんはぐっすり。二宮さんは怖がってカメラマンさんのほうへ来た。
そこで終わってて・・・

江原さんとのロケ前のバスの中で
上のようなやりとりで、静かにお払いしてました。
その後ロケにいったかどうかなんだったかは覚えてません。
あの頃は嵐に興味なくて江原さんに興味があったから
内容はなんとなく覚えていないわけではないけど誰が何を担当したとかは
全く・・・です。はい。


後で見た動画は10分ぐらいで作ってもらっているから
場面場面は覚えていたけれど・・・
ずっと後にこの雑誌の話を読んで
ようやく2つが結びついて納得しました。しかも本人が話してくれてるし。


で、雑誌かなにかいつの話かも忘れてしまったけど
階段とか降りる時に膝がすくわれたようになるとかどこかで見たような気がする。それにサポーターしてる大野さん見てファンの人も心配してたなあ~って記憶もある・・ような・・。
(それは10周年の時のスケルトン衣装のARASHIのを見てなのかな???)
そこは点と点が結べてないんですけど・・・。


今はどうなんだろう。。。



:::::::::::::::::::::::::


今回仲良くしてもらっているブロ友さんが北海道コン参戦してきて
まるで羽がついたようなダンスだったと教えてくれました。


きっと、すごい練習力、努力があってのあの惹きつけられてしまうダンス。
今はサラッと練習して本番にいける実力もあるだろうけど
そうなるまでの膝への負担の蓄積は相当なものじゃないのだろうか。。。と思ってしまう。だって、そうまでも思ってしまうわたしの心を魅了してしまうダンスだから・・・。


重力のないあの足技。
やわらかい足首。
全身から指の先まで細部にわたって音楽と一体感になってしまう流れるような動き。


彼のダンス・・・ずっとずっと見ていたい。魅せられていたい。。。。



人形は江原さんのおかげでもういないかもしれないけど
もしまだ大野さんのまわりにいるのなら、いたいなあと思うなら
守護霊として大野さんを守ってほしい。。。です☆




Powered by FC2 Blog