プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


紙箱に新聞紙をシュレッダーして作ったトイレ。。。
偶然になのか
ちょっと座らせてみると
おしっこをした!
しかも大量に・・・・。

それからもうバッチリなのかと思っていたら朝はトイレのよこのダンボールの上にしてた。

あらあらと思いながらも

トイレを見計らって連れて行きたいものの
なかなかおしっこしない

仕事から帰りゲージの外の新聞紙のトイレの上においてみると
手で掘るようなことをする

おっ。

と思ったらじっとしている。。。よくみるとうんこだ。

えらいえらい!

そして終わった後、自分で汚いとわかっているのか今までに見たことのない
ジャンプでうんこをよけ、飛び出てきた。

えらいえらい!

でも・・・・
うんこしてるときのうんちんぐスタイルのときに足に・・・・

まっ、いいか。

スポンサーサイト

でかい猫

小学校の役員のことで知り合いのところに行く
そこには猫がいるという。
私は家の中オンリーで生活している猫ちゃんの家にはあまり行ったことがない。
ゆっくりいる。。。というのは初めてかもしれない。

どんなもんなのかちょっとわくわく。。。

押入れで寝ていたねこちゃんを見たいというと
つれてきてくれた。

で・で・でかい!うちのまり~が小さいのでそれを見慣れていたから???
いや違う!
やっぱりでかい!

びっくりした。ねこじゃない。虎の子って感じ。

目はビー玉のよう・・・直径1センチはあるんじゃないかな。

太っているんじゃない。全体的に大きい。
「申し訳ないけど、獣みたいよ」
と、言ってしまった。

山に捨てられていたのを赤ちゃん猫のときつれてきたという。
彼女もこんなにでかくなるとは予想していなかったらしい。

いまだにあれは猫と虎かなんかのあいの子????そう思っている。

衝撃的だった。

初うんち

家に来て哺乳瓶の乳首が大きすぎ(ヌーク)だったため急きょ離乳食開始!

出てくるうんちが成功か失敗か・・・。
と思っていて数日が経つ。

おしっこさせるのにティッシュで刺激させてたら、

にゅるにゅるにゅる~~~~~っ

長い長いウンチが出てきた。

ん???

人間で言うとばっちりのいいうんちなんだが。。。。

ねこは???

あれ???かたくてコロコロなの???

じゃあ、これは何?猫で言えば下痢?

よくわからない。

けど、まっ、いいかあ。
2008_0324逕サ蜒・014_convert_20080324232209
生後3週間ぐらいだろうか?2008_0324逕サ蜒・016_convert_20080324232122

今日ついに病院で預かってもらっていたまり~を持って帰る。
まだミルクということで哺乳瓶を入手していたが、ヌーク(乳首がお口に入らないくらいの大きさ)だったため、口に指先をやってみたら歯が生えている上、案外噛み方も強い。
もらってきていたキャットフードにミルクをひたし、ドロドロにして指につけ食べさせてみた。

食べれる!

じゃあ、ということで小さいお皿に入れ食べさせてみる。・・・食べれた!
あとは今度出てくるうんちかな。

おしっこのさせかたもしっかりできる。9歳の娘もできた。

たった三週間そこらでこんなに成長するもんなんだと感心してしまう。

だいぶん慣れた夜。
少しだけ獲物を狙うようなしぐさをした。

そして、一番ねこ嫌いの旦那になぜか寄り添っていた。

今日はみんなに新しい環境に来て、不安とさわられまくりで疲れただろう・・・・。
ゆっくりおやすみ・・・。


目が開いた!

2008_0317逕サ蜒・007_convert_20080318235627

三匹のうちこの子だけがまだ半目開いていなかった・・・。

どうしよう。
このままだったら・・・。

ちょっとだけ頭をよぎったが、それはそれで仕方が無いかな。
縁だもの。目が開かなかったからと言って要らない!というのはダメ。。。

だからもしそうだとしても引き取ろうなんて思っていたけど

今日見に行ったらしっかりぱっちり開いていた。

早くおうちに来て欲しいな。。。

出会って二日目。

2008-03-15_17-30.jpg

よっつとっと~!
少しずつ動く距離が。。。といっても何cmぐらいだろうけど
確実に昨日より動いてた。。。
人間の赤ちゃんしか見たことのないわたしは
「おっ。首すわってるじゃん!すごい」と思ったけど
それはあったりまえのこと。。。

2008-03-15_17-27.jpg

ねこらしく???なってきたかな。
出会って二日目のまり~。
右目はまだ開ききってません。。。開くんだよね~
2008-03-14_14-38.jpg

3匹の兄妹。
まだ2週間ぐらいしか経っていないとか・・・。
朝、動物病院の玄関前に箱に入れておいてあったということ。
冷たくなっていなかったと言うことだったので
飼い主さんが病院の開ける時間を見計らってそっとおいたのかもしれない。《そう信じたい》

わたしは新聞に書いてあった受付時間になったら即電話して「女の子を!」と言った。
30分くらいして病院に見に行ったときにはすでに何件か電話が入ってたらしい。
しかも女の子が欲しいという・・・。

お昼に見に行ったら男の子2匹も里親さんが決定していた。

案外病院の前に置いていった飼い主さんもこの様子をそっと見ているのかもしれない。
おなかを痛めて産んだお母さん猫もきっと子猫がいないのに気づいて悲しんでいるだろう。。。

幸せにしてあげたい。




初対面の猫ちゃん

手のひらにすっぽりはいるおおきさ・・・・・・2008-03-14_14-36_0001.jpg

2008-03-14_14-37.jpg
かよわそうな・・・でもちゃんと生きてる。。。温かいし、心臓の鼓動も伝わってくる・・・
命を感じるってこういうことを言うのかな。。。
他の兄弟も離乳するまで病院で面倒見てもらうということだったので
わたしもお願いすることにする。
10日ぐらいすれば我が家に迎え入れれるとのこと。。。。。
2008-03-14_14-35.jpg


今日の朝刊にひさしぶりに
「ねこを譲ります!」が・・・。

早速電話して見に行く。

生後2週間まだ目がキチンとあいていない。

でもでもでも・・・・

そう思って私は将来どういう風な猫になるのか???
病気を持っていないか???

でも

乗り気じゃなかった旦那が後押ししてくれた。

だから

これは何かの縁!

と思って

「ください!」と言ってくる。


ねこが欲しいと思ってから一向にその出会いがない。

里親探しにしてもなかなか出会えない。

なんだかつかれた・・・・

こんなに気が重くなるのなら可哀想な猫を待つより
買ったが早いんじゃないか・・・・

なんて思ってしまう。

春休みに入るからそれまでに来てくれたら
子供たちも世話するだろうに・・・・

とりあえず

猫ちゃんのお見合いを旦那に却下されたので

保健所に電話してみる。
やはりまだいないらしい。

しかしとりあえず連絡先だけは言った。

4月になると毎月譲渡会を県全体でするとか・・・。
まだ検討中ではっきりいえないことみたいだったけど

そうなれば出会いやすいのかな。

地方の情報誌は月末。

どちらが早くビビッとくる猫ちゃんに出会うのだろう。。。。




やっぱり・・・

強硬手段で行こう!
ときめたものの、やはりなんとなくいけるかどうか不安。

それと土曜留守の予定だった旦那が少年野球の審判講習で車を使うとのこと。
帰ってから別件で電車で出かけるとのこと。

分刻みで計画していた、その後のスケジュールが狂ってしまった。

結局、正直者のわたし、うそがつけないわたしは
旦那にこういうことになっている。どういう道でいけばいいか聞いた。

旦那いわく
そんなよその土地でわざわざもらわなくても身近の可哀想な猫を拾うこと!
じゃなければ、飼ったらだめ!

そう・・・。

前に霊感のある社長が私に言った言葉。

「春になったら地元で飼うべき猫が現れる。待ちなさい・・・・。」

本当なんだろうか????


あせる気持ちがいっぱい。早くかわいい猫ちゃんが家に来て欲しい。
私の目の前に誰か猫を捨ててくれ~!
と言いたいぐらい・・・。



里親ページを見ていた。

前書いてた黒白猫ちゃんがいない。
もしかしたらもう里親さんが決まったのかな。

そういえばこの保護主さん。
わたしが良いなあと思うねこちゃんで開いたときに
よく見る名前の人だった。

今回また新しく載っていた。
「おっ!」と思い、連絡してみることに・・・。

いろいろ悩んで猫ちゃんとの出会いがなくなるより、行動してそして縁が無かった方がいいかもしれない。と、思ってきた。

しかもこの保護主さん。どうもなんどもお目にかかる名前。。。。
もしかしたらご縁があるのかも。。。

とりあえず、連絡してみる。

Powered by FC2 Blog