プロフィール

aikoiさん

Author:aikoiさん
大野くん自身と
彼から広がっていく嵐メンたちの
癒しの空気が好き。

ほっとする。

毎日が忙しい私には
そういう癒される場所が
あるということ
見つけれてることに
感謝してます。

いつまでも続いていってほしい。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

アラシゴトにに疲れて
しばらく更新ストップさせたブログです。
嵐から距離を置いてました。
ジブンゴトも忙しいことも重なって
今も尚、離れたところから見ています。


☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'

ゴゴイチじゃないといけない
というわけでもなく

ただただ
大好きな大野さんを見てるだけでいい

そして彼を見ていると
私と同じように
彼のことを好きなんだろうな~と
そう勝手に感じられるような
嵐さんたちを見て
さらに癒され倍増しています。

日々の
忙しさ、煩わしさ、イライラetc~を
あったかい気持ちに変換し
なおかつ
心の栄養を分けてもらって

明日もかんばろ~と思っています。

だからこそ

私が受け取る嵐さんたちからは
どんなに歳をとっても
優しい空気がずっと流れていてほしい。


そんな風に思っています。

そんなブログとして運営しています。
それでもいいと思う方だけ
お入りください。

☆+.'+*:;;;:*'.+☆+.'+*:;;;:*:;;;:*'


カテゴリー


月別アーカイブ


心を乱される

見る前から分かっていた。
絶対今日はモヤモヤ感が残るってこと・・・

連行されてエレベーターが閉まるところで
きっと1週間お預けなんだろうなあって予告見たときから
わかっていたから。。。

下の娘なんて涙目になって、榎本くん殺してないよね~
ちゃんと帰ってくるよね。
主人公だから大丈夫だよね~って言ってる。
(でも、わたしも同じ気分)

わたしだって、わかってるんだけど
連行される榎本さんが大野さんとリンクしてしまって
宇梶さんっ警察の資料とかかしてたじゃなかったの?
そんな仲だったはずなのにそんな言い方ないでしょ~
とか
パパ何とか言ってよ~自分が紹介したから巻き込まれたじゃない。
何も言えなくてなにしてるのよ~
とか
榎本さん、なにがいいたかったの?・・・

榎本さんの暴かれた過去が思っていたよりも身近で
身近すぎて本当にありえることのようで逆に恐ろしく感じた。


朝、あんなにはしゃいで癒されてた(ワクワク学校)大野さんのお姿が
余計に・・・
混乱させられ心が苦しくなりました。


ずっと今まで1話完結でスカッとしていたのに
今回だけ引っ張られることにこんなに動揺している私。
1週間待てなくて原作を見て結論が知りたい。とも...
そんな自分に、魔王をオンタイムで知らなくてよかったと思ってます。
ただ、今回の予告で榎本さん警察の中じゃなく出てきている姿を見て
少しだけホッとしてるけど。


玉木さん、たったあの場面だけの出番だったけれど存在感あった。

のだめ以来しばらく大好きだったんだよなあ。
ファンクラブに入ろうかすっごく迷ったけど入らなかったぐらい。
玉木さんみたいなルックスの人が好きになる条件だったのになあ・・・
大野さんとは正反対・・・でかい刑事さんに挟まれた大野さんかわいい。
小さくてかわいいなんてわたしの好きの基準じゃなかったのに
今は・・・
玉木さんより大野さんが全然いい!
ごめんね。玉木さん。。。しょうがないです。底なし沼に落ちてしまった。



昔の彼と今の彼(笑)みたいな感覚・・・


ふたりを見ながら
わたしって、なんて贅沢なんだろう・・と思っています。


本当に長い1週間になりそうです。
幸せにな未来が待っている結末で終わって欲しいです。
榎本さんも大野さんも。





スポンサーサイト
正直、私の頭では一回じゃ解決できません(笑)。
というか1度だけじゃ、一人で完全解決、完全納得できないでいる。
自分の中で完全に納得したいから
課題を残されたままの形で終ってしまうため(まだあるはずと思うから)
さあ~どうしよう。だれか教えて~一緒に考えようっという感じ。
そしてそれがイヤイヤする宿題と言うわけでなく
興味があるから調べたいからもっと深く追求したいから
と言う気持ちが残る宿題みたいな・・・(笑)

わたしが今通っているドラマ評価サイトでは
いろんな価値観の違う人の視点からの感想が並んでいる。
ここは管理人さんのおかげなのか嫌なコメントは見なくてもすむ。
そこを見ては「あ~なるほど」と思い何度も見直している始末。


結果・・・中毒化しています。


でも、うちのブログで感想を述べようと思っても
もうすでにわたしの率直な意見になってなくて
しかも他の人たちの感想でおなか一杯になって
本当は1話1話書こうと思ってた感想が書けないんでいるんです。

そうするにはわたしの頭や文章力では足りないですね~。


わたしのこのドラマの納得するまでの過程・・・
それはまるで、オープニングの隠れたものを探す作業と同じ。

例えば劇場の週で言えば
ゆっくり歩く人。月。。。
「よし!・・・いや、まだなにかある。でも探せない。なんだ?」
そして他のところで曲が違うということを知る。
「あ~なるほど・・・またやられた~
でもまだ他にあるかもしれない。何を見落としているのか・・・」
~ここに数日見ては納得の時間~
「いろんなもの見てわかった。自分の中ですっきり♪はいっ、次!」
・・・という具合です。

私のこのドラマの見方というのは
そんな感じと同じなわけなのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1話ごとに次回があるまでに私の中で完結していくんだけど
その度にわたしの今までのドラマの進み方の
固定概念が崩れていってます。
今までのドラマはなんとなくどうなっていくっていうのは
見ていると分かってくる。パターンが決まっているから・・・。
だから娘と見ていてもきっとこんな展開なんじゃない?というとおりに
なって「お母さんすご~い」ということが多かった。
バッサリやられてます。
今回も犯人はすぐにわかる。鍵になりそうな役者さんを見て
観察していくと分かりすぎるぐらいすぐわかる。だけどそれが早すぎる。
密室を解く鍵の話だからそうだといえばそうなんだけど
そこがまずわたしの考えているドラマの展開と比べて斬新過ぎるのかな。

そこから2つのドラマ《榎本を含む三人のドラマと事件のドラマ》
が同時に展開していくわけなんだけど
演出家が慣れたと思ったら変わるのか、パターンが統一してないので
自分の掴むタイミングが慣れることができず掴めないまま、今です。
でもそれがあきさせないポイントでまたやられてしまった~と
思ってしまって、今の、100%わかってやる!
そして今度こそは・・という次回への気持ちが高まるのです。


それに今回は大好きな大野さんは置いといて冷静になり
純粋にドラマだけを追っていくぞと強気で挑んでいるはずなのに
要所要所の榎本のインパクトが強くその度に我に返ってしまって
榎本にハッとしているのか大野さんにハッとしているのか・・・?
結果、大好きな大野さんだから客観的に見れないからなのか・・・
そんなはずはないんだけどと思うのだが
そこさえもわからなくなってくる。
要するに興味深い榎本を演じている大野さんに
興味が沸いてしょうがないって感じなんでしょう。

チラチラとしか見せられないパターンなので
榎本の不気味な表情や笑み、行動で私の中でドンドン膨らむ妄想・・・
かと思えば3人の掛け合いなどでくすっと笑っていたり
今までに見たことのない斬新でスピードある展開のような気がしている。
そして
このまま恋愛要素は入れなくてクールで謎なままでいて欲しいと思う一方
感情を出した榎本(他のドラマでの大野さんでもいい)を見たい
そして榎本に対して謎を解きたいという欲求


今、11話ある3ヶ月ドラマと言う枠の鍵のかかった部屋に入ってしまって
どうやって抜け出そうかとあたふたしているのが今の私なんです(笑)
今・・・そうだなあ~中だるみっていうのは悪い言い方になるけど
じゃなくて、最初は試行錯誤ガンガン頑張って鍵を解こうとしてたけど
ちょっと鍵が解けなくてどうにかなるから
ボチボチ考えようと思っているころかな。
または力を抜いてちょっと他の方法を考えてみようと思ってるころかな。
起承転結の転の時ぐらい。
そしてこれから終盤は光が見えてきて俄然やる気がでてくる予感と期待。。。


結局、大野さん含む3人と共演者、そして製作者さんたちの思惑に
まんまとかかっている状態なんです。
ま、それもそれでいいかな~と。
製作者側も演者も全ての関わる人が一丸になっている背景が感じ取られる
この良質なドラマにたまたま嵌れている自分が
ラッキーだったなと思ってます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂本くんと大野さん

2人の共演は嬉しかった。予告で坂本くんが映った時すごく嬉しかった。
えっ?この2人の競演が見れるの?って《笑》
なぜなら、過去に舞台などで接点がある映像を見たことがあったり
後に知ったけれどv6の上3人に大野さんは振り写しをしていたり
そして歌もダンスの実力は高いのにジャニーズを辞め社会人になっている
苦労人で興味がある人だったから。

どんな演技をするのかは知らなかったけれどやはり噂どおり素敵だった。
2人の声が聞き心地がよかったなあ~。
きっと他の役者さんがあの舞踊?をしていたら踊りの上手い大野さんも・・・
と思って、嫉妬していたかもしれない。
だけど、坂本くんの美しい形を見ながら素直に素敵だなあと感じていた。

おもしろいなあと思ったのは大野さんに敬語で話す
鬼塚な坂本くんと榎本な大野さん。
きっと逆の立場なんだろうと思うとそこは本編とは別で
裏舞台が見たいと強く思った。
多分、ジャニーズが出ることで純粋な鍵部屋ファンの気持ちを考え
反響などを考慮されたのかな・・・坂本くん登場は全く突然で驚いた。
いろんなところで感想を見たけれど一般でも良かったようで・・・
だから撮影での坂本くんとの会話やエピソードを是非
大野さんの口からやメイキングや雑誌などで
見せて欲しい、聞かせて欲しいなあと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと、今回の宣伝の仕方も好きです。
どんどん宣伝して見せていいってもんじゃない。
きっと、それでもこのドラマに吸い寄せられてくる
ホンモノの視聴者が現れると思われているのではと・・・
大野さん含む3人の演技力の力量と
作り上げられたモノへの自信かな。

なんとなくそう感じられ質が落ちないような気がして
わたしは好きです。







とりあいっこ

5話の予告でチラッと見えた
芹沢さんと刑事さんの間の榎本のとりあいっこ
たった数秒だけしか映らなかった
大柄と大柄の男性の間で揺れる小柄な男性(笑)
されるがまま・・・
相変わらず、かわいい~~~なあ~~~。

鍵のかかった部屋の今まで見た中で
私の中での一番の萌ポイントだったかもしれない。


大野さんはとりあいっこされる中心人物がよく似合う。
それは嵐でも。。。ジャニーズの中でも。。。
いがみ合うわけじゃないんだけど
大野さんの隣が空くと誰かが行きたがるような
かまいたくなるような・・・
なのに当の本人はどっちでもいいようなSッ気がちらり。。。
そんな風景が好きで癒されている私。

だからかな、本当に数秒の力強い腕にゆらゆらしてる
榎本がかわいくてしょうがなく見えてしまった。


・・・・・・・・・・・・・・・・

推理小説が大の苦手だった芹沢が榎本の影響で
謎解きする楽しさを覚えちゃった~みたいな・・・
そして以外にも血相を変えて純子のもとに駆けつける姿を見て
温かい人なんだなあ~って思えました。
というか・・・かわいい。。。


純子は鍵にしか興味のない榎本の心の鍵を自分で開こうと思わせるように
もっていく人なのかな。。。だから純粋でかわいらしい人じゃないとダメですね。
戸田さん、ピッタリです。
わたしには純子はあなたでなければならないみたいです。
4話も若女将(白石さん)みたいな不純な人はすぐ見破られます。
もっと開けさせるようにしむけちゃってください。


今では榎本の最初は冷たそうな部屋が溜まり場になっているのを見て
笑っちゃいました。温かい場所になっているんだもの。
なんか行きたくなるんだろうな・・・。
わたしも行き詰った時、行きたい。


・・・・・・・・・・・・・


ドラマが始まった時、最初は榎本が大野さんに見えなかった。
大野さんはどこへ消えたんだ???って思ってた。

だけど、最近段々と榎本が大野さんに見えてきた。
実はこんな人なんじゃないかって(笑)
なんとなく歌のおにいさんの健太を見ている感じ。
あの時もこれって大野さんの実生活なんじゃないかって
思うぐらい親近感が持てていた。

4話まで来て全体的に思うのは
2人がなんとなく頼っていく姿を見ていたり
綺麗な手で作業をしている姿を見ていたり
的確な判断をしているところとかを見ていると
それに歌番組のかっこいい大野さん・・・
逆にバラエティでいつも見ているふわっとしている大野さんは
実は演技なんじゃないだろうかって
本当は榎本っぽい人なんだろうけど嵐のキャラのバランスを考えたら
そうやってるんじゃないか・・・な~んて勝手に思ってます。

ま、想像はいくらでもたのしくおもしろくするのは自由ですよね!
アイドルさんだから夢を与える仕事ですから
じゃあ~ってことでプラスの方向での妄想させてもらいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それと4話まで見て思うのが
というか今までのドラマ全てを見て思うのが
共演者のみなさんが全て
「あれ?この人ってこんなに演技上手かった?」とか思ってしまうとこ。
高島さんも相武さんも白石さんも・・・
魔王でいったら劇団ひとりさんとか
かいぶつくんで言ったら竜さんとか
(これは特に・・と感じた人たち)だけど共演者全員がそれぞれ光って見える。
そして今までそんなに気にならなかった人たちが
妙に気になってしまってそしてみんなすごくいい人に感じてしまう。
そしてそれから違う番組とかでも見てしまうようになるんだよな~。


今回、浩市パパ・戸田ちゃん好印象 大大大です!


・・・・・・・・・・・・・・・・・


鍵スタッフにまんまとやられています。
普段ならめんどくさいのや考えるのはちょっと夜は勘弁して~
と、思うわたしが背筋を伸ばして食い入るように見ています。
そしてものすごく頭を使っている。
犯人はすぐ分かるしなんとなくトリックも理解はするものの
謎が解ける様子が頭の中で完全に整理できず
「ん?どういうこと?」と思い見返し、人の見解を見てはまた見返し
困ったものです。

特に将棋に関しては無知だったということと名前がスッと入れなかったことから
最初????だったんです。
息子と旦那はす~~~っと理解していたようですが
私は何度もいろんな人の意見を読んでは見るの繰り返し。
おかげで全く興味も無かった将棋の世界がなんとなく分かっていました(笑)

制作側の思う壺ってとこでしょう。。。




わたしの謎が解けた・・・

手合わせした最後に
来栖さん「参りました」といっているのに
榎本さんがうなだれる。

そこが分からなかった。

榎本さんがうなだれてる・・・だよね?
何故来栖さんが「参った」と言うわけ・・・?

わたしは将棋のことが全くわからない。
だから碁盤を見たってどっちが勝ってるのか負けてるのかわからない。
あの碁盤に何かあるのかと思って
将棋の内容が知りたい・・なんて思いながら
もう一度その疑問を解きたいがために見直した。
すると途中から目覚めた
将棋を少しかじってる旦那さんが(昼からお酒はいってたもんで)
黙って見はじめたので聞いてみた。

「どういうこと?」

将棋には榎本は来栖に負け、事件の謎解きには来栖は榎本に負けた、
その「参りました」だよ・・・と。

なるほど!

やっと分かった。なぜ榎本がうなだれたのか。。。
スッキリした(笑)
もしかしたら自分の中で裏の裏を読まねば・・・と
難しくしていこうとしていたのかな。


・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・


3話目。なんとなくこのドラマの流れをつかんできた。
オープニングでもチェーンとナイフ。
それと予告での「一六桂」。
このドラマは誰が犯人か?ではなく
犯人は誰かとわかった上での謎解きだということを学習しているので
わりと早いうちに犯人は来栖さんで男と女のことなんだろうなとは思った。
あと密室になるパターンもいろんなバージョンがあるはず。。。
浅はかなわたしはそこまでだった。

動機と言われても・・・
そこから先はもうドラマの流れを見入ることしかできなかった。
だから今日もまたあっという間に時が過ぎてしまった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は話の展開よりも榎本の変化がより感じられたような気がした。
初回で見た榎本はまるでターミネーターみたいで
普段の大野さんとも私の中の予想の大野さんとも全く別で
まず榎本という人物に慣れるのに精一杯だったかもしれない。
ファンということで余計な邪念も入って純粋に見れなかった部分もあった。
きっと、私の頭が成長していくんだろうなとぼんやり思ってたけど
2話を見て人物像が固まってしまったのかな。
3話では自分の中の榎本という人物が確定してしまったことで
榎本の人間味が邪念みたいなものに邪魔されず話だけを楽しめた。
なので榎本の心の変化がより多く感じたのかもしれない。


そして今考えると
ファン目線での大野さんのかわいさかっこよさが
満載だったなあ~と思い出していて・・・今からリピりそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日、夕方のダイジェストを父が見ていたらしい。
父はかた~い人間でドラマなら大河ぐらいしか見ない人だったから
まさかダイジェストを見たということ自体驚いたけれど
母が言うには、ダイジェスト見ながら面白いと言ってたよと。
そこから先・・・今日から見てくれるとは限らないけれど
かなり驚きました。

うちの旦那さんも
宿敵大野さんのドラマ・・・。
1話は見てくれるのかなと思いつつ
仕事から帰ってきてすぐにやんわり見せた。
見ていたけれど、仕事の疲れもあったのか寝てしまってた。
無理してまでも見て欲しくなかったので何も言わなかったのに
土曜が来て、わたしが二度寝している時に
起きてすぐにだまってしかも姿勢を正して見てました。
2話は1話の時と同じ状況だったけれど最後まで見ていた。
3話はお酒で眠っていたのに途中から目覚めてしっかり見ていた。
わたしが好き=旦那の敵・・・な大野さん。
魔王もしれっと何度も見返していたけど(決して褒めることなく)

けれど見てます。


大野さんや嵐のファンじゃないようなこういう人たちが
興味を持つ、数多くの番組の中から気になってくれるのは
嬉しいです。



・・・・・・・・・・・・・・・


HPでの貴志佑介先生のメッセージに
榎本を大野さんがすると聞いてピッタリだと思ったと。
その上嵐の中では大野さんだろうというぐらいに。
先生は二宮さんの青の炎がきっかけで、奥さんが嵐のファンで
嵐のことにはとても詳しいとのこと。

なんか嬉しかったなあ~

貴志佑介先生メッセージ
原作を見てない。
そしてなるべくいろんな情報も取り入れようとしてない。
けれど、どことなくいろんな人の感想とかを見ていると
原作では泥棒?いやいやドラマではそうじゃないとか?
なんとなく入ってくる情報・・・でもあえて未確認のままにしている。

そんなわたしの挑んだ2話目。
どんな風になるのかは榎本が1話目の終わりに
大野さんになってサザエさんのように予告を教えてくれるのみで挑んだ。
初回での大野さんの細部にわたっての演技に
すっかり中毒化してしまっていて、結局1話を7回も見てしまってて
今日はどんな風に魅せてくれるんだろうとワクワクだった。

なぜか今日は最初から
えっ?まさか泥棒なの?と思ってドキドキした。
私の中では榎本が泥棒・・・?と疑惑がすごく強くなり・・・
それからどんどん話の内容に入り込んでしまって
泥棒疑惑はどこかに消えて正義の味方に感じられ・・・
最終的には高島兄が階段を上っていくところと
榎本の謎が解けるまでの仕草の時は我を忘れて
手に汗を握るぐらいドキドキしていた。

そうかと思えば謎がどんどん説明されていくうちに
えっ?わたしって理数系だった?と思ってしまうぐらい
謎が解明されていく毎に快感(爽快感)を得ていた。

その後のお仕事でのドアの鍵を外す榎本の姿に
もうそれが大野さんなのか榎本なのかわらなくなっていた。
そして泥棒疑惑が大きく浮上してきてそれが榎本だけにとどまらず
実生活での大野さんも?なんて思ってしまうぐらいの感覚になっていた。

そういえば1話目の最後のニヤリもそうだったな。
大野さんなのか榎本なのか・・・。
マニアックな静かなニヤリは実生活でもやってるんじゃないかって(笑)

ま~そのことは置いといて
今回はそのまま話だけが心に残っていた。
きっと1話で3人の関係や人物像が私の中でしっかり根付いたからだと思う。

本当に単純に純粋に・・・おもしろい・・・

そしておもしろいと言っているわたしがまたおもしろい。
なぜかというと小説など最後から読んで安心してから最初から読む私が
ドキドキハラハラしながらしかもそれが快感になりながら
見ていること自体驚いている。
大体こういうの、芹沢弁護士と同じで嫌いだから(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それにしても大野さん・・・
榎本径=大野さんとは理解しているけれど
なんだけど・・・
わたしにはどの大野さんが本当の大野さんなのか
わからなくなってしまっている。

なんでもお世話してもらっている大野さんだったのが
甲斐甲斐しく動く奥さんな大野さん 《 コンビニでいいのに
きっとまんまの大野さん 《 ピカルの定義
かわいい後輩の大野さん 《 中居さん、剛くん、しんごくん
すっごい量を覚えて淡々と話す大野さん《 鍵1話 思ってた通り頭がいいわ~
変人(オタク)な大野さん 《 1話での感想 大野さんと重なってしまう
ツッコミの力強い大野さん 《 しやがれ山コント やっぱり何でもできちゃう人
色気ムンムンの大野さん 《 Face downのPV
パパ目線の大野さん 《 嵐ちゃんのうみかちゃん
実は泥棒なの?な大野さん 《 2話目の感想 榎本の私生活が気になる

正直最近のわたしの頭の中は混乱しています。
そして混乱中、どの大野さんにも何度も会いたくなって
なんども繰り返して見てしまっている。
癒しとかっこよさとかわいさと色気とやっぱりこの人頭いい人なんだ~とか
もういろんな大野さんがぐるぐると頭の中を回りまわっています。
そして最終的に思うのが
この人のファンでよかった♪となるんです(笑)

また、サザエさん風の大野さんの予告のみで次に挑みます。
3話が楽しみです~☆


■いいとも

大野さんとえりかちゃんの間から
なおみと刺原さんの
「泣いてる・・」「すげ~」という会話と彼女たちの視線と表情から
大野さんが登場した時の会場(ファン)の興奮は
目の前にいた共演者の方にはそのまま伝わったでしょう。
だってテレビで見てた客側のわたしまでも伝わったから。

多分なんだけど、若い人が感極まって泣く風景と言うよりも
上の年齢の方が多かったのでは。
アルタの外にいた大勢のファンの方も目にしただろうし。
いろんな話を聞いていたけれど
その状況に改めて大野智の人気を認識されたのでは・・・

と、ピカルの定義を見ても感じたけどあれが彼の普段の姿・・・
一緒にお仕事をしていると全くそういうことを感じさせないだろうなと
思っていたから余計にそう感じました。


えりかちゃんもテレフォンの時に大野さんのことを
何気に天才、才能があると言ってくれて・・・
確か最初は不思議な人でどんな人か興味があるとか言ってましたよね。。。
榎本を作り上げ、膨大な台詞をスラスラ言え
3話を撮り終えたところでの彼女の大野さんの感想はそれなのかな(笑)
だけど、おじいちゃんみたいになるしふわっとしているし
結局不思議なままなのかも(笑)
face down が発売された後のダンス入りの歌っている姿を見たときの
浩一さんとえりかちゃんの感想が聞きたい。


■とくだねとめざまし

浩一さんは大野さんのことを意外と熱い男だと言ってました。
クールだと思っていたと言ってたので
初対面では中村監督と同じような取り方をされたんだろうなと感じました。
浩一さんが大野さんのことをドラマを通じて興味を持ってくれて
人柄や演技だけでなく、歌やダンスまでも興味を持ってくれたら嬉しいな。
目が悪いと言ってたからコンサートDVDを観て欲しいです。
ゴルフ観戦オタクでなくアラシックオタクになってもらいたい(笑)


■そして・・・いいとも

タモリさんは相変わらず大野さんが分からないと言う。
でも、それはわたしも同じかも。。。
いつも思うけれど大野さんの笑のツボはわたしと違う。
なぜココがそんなにおもしろいのかって思うところで爆笑している姿が
かわいらしくて、その姿に癒されて、その場面にいとおしさを感じるけれど
そう思っている。
タモリさんそういいながらもコンビニの時もいいともの時も
自分の行動が大野さんの爆笑のツボにはまったのが嬉しそうだった。
いつもと同じ優しい空気が流れてた。

一番の好きだったところは
時代劇は?の水戸黄門に対してのひとりだけ新撰組。
香取くんも不意をつかれたんじゃないかな・・・。
わたしは大野智のこういうところが好き・・・。
とぼけた顔してたけど、あれは計算じゃないか?って
Mラバ?のオグさんみたいに思っちゃいました。
目先の回答より先輩を立てる・・。
ああいうしれっとする男気とかわいらしさが同居してるのが好きです。
いいともでの香取くんとのガッチリ握手。
コンビにでの中居くんや剛くんのやりとり。
ちょっと前だったけど、紅白での木村くんとのやりとりとラジオ。
あとはごろうちゃん。。。ですね。。。

::::::::::::::::::::


■ドラマについて

もう4回も見てしまった。
見れば見るほどいろんな発見がある。
感情を出さない榎本がそっと出す感情・・・。
一番下の娘が初見で見ていたのに付き合ってたら
金庫の鍵のことを説明することを遮られたとき
「あっ、径くんがっかりした・・・」とボソッと・・。
そんな小さなところでの感情の変化も気づきました。
その他もいろんな発見があった。
そしてオープニングでの注射器とハエがなんだろうと思っていたけど
鍵だったんんだ・・・とも(笑)
なんだかテレビ局側から視聴者への挑戦状みたいで
意気込みと勝算を計算した上でのものみたい。
勝算といえばドラマ初回前のドラマ映像の露出が少なかったのも
好感がもててました。


話がどんどん進んでいくわけではなく
1話完結だから今までと違った意味でワクワクしている。
どんなやり口で来るんだろうと思うと早く次が見たい・・・。
挑戦を受けるような気持ち・・・かな。
そう思ったドラマは久しぶりです。

~ 追記 ~

興味のある方はどうぞ。。。


テレビドガッチ 作る人 小原プロデューサーインタビュー

初回聴率についての記事 
いろんな邪念を入れたくなくて
出来ることならファン目線でなくて
一般視聴者の目で見たかったので
原作も読まず、HPの予告も見ることなく
スポットなどドラマの中の映像を見ないように見ないように
手で隠したり、持ってるリモコンで覆ったり・・・
過度に気持ちが走り過ぎないようにコントロールして
今日の『鍵・1話目』の為に頑張ってきた一ヶ月。。。

脚本も演出も映像も音楽も
そして俳優さんたちも・・・
予想していた以上の仕上がりに驚きました。

終わった直後、フジさんとガッチリ握手がしたいと思いました。


なんといっても三人のキャラの確立と関係性
あとはテンポのいいやり取りが気持ちが良かった。
1話目で土台がしっかりできあがったという感覚です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


径くんのキャラがビックリでした。
振り向きながら「総合セキュリティーの榎本です」
ぐらいは見たことあったけど
あそこまで早口で難しい言葉でしかも淡々と話す径くんに
大野智はどこにもいなかった。
動き回る、人が見ないような隅っこでの演技でも
細部にわたって径くんだし
しかも成瀬さんでもないし・・・。
やっぱり径くんなんだろうな・・としかいいようが無い。

新たなキャラを見せてもらっている途中で
CMが入って一息つくたびに
1人の人間がこんなにいろんな人物を出すこと自体
この人の頭の中は一体どうなっているんだろうと驚いていた。

大野智が誰かを演じてるんじゃないんだよなあ・・・
じゃあ他の人と何が違うのか?って言われたら
何だとは答えれないけれど
なんかやっぱり作り方というか他の俳優さんとは違う気がする。
奇想天外というか・・・
この径くん像をいったい大野さんの
どの脳みそが作りあげてきたんだろうと深く思ってしまうと
一体彼はなんなんだろう・・・と考えてしまった(笑)
そしてこういうところが芸術家なんだろうなあ~と感じてしまう。
1話目でこんな風にがっちりわたしを掴んでしまった径くん。
彼の場合、回が進むごとに
ますますそれがパワーアップしていくのは今までそうだったから
今回もそうでしょうね。。。先が楽しみです。

あと大野さんをあまり知らない視聴者の
早口で話すオタクで理知的な径くんと
普段の大野さんとが合致できずにしばらく混乱するかも・・・・。
でもそれが径くんそのものなんですよね~
怪物くん1話目直後の視聴者の反応を思い出します。
言うまでもなく、あそこまで怪物くんのキャラを確立させましたよね。
そこも視聴者さんたちの大野さんへの見方が回を重ねるたびに
成長していきそうでそこも楽しみでワクワクしてます。
(わたしも通ってきた道だから・笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この話がこの先どうなるかわからない。
視聴率がどうなるかもわからない。
ただ、わたしはおもしろかった。
時間が過ぎるのが早かった。
この三人の掛け合いがこのまま続いていくだろうし
最後まで目が離せないおもしろいものになるだろうなと感じました。
成長していく人間描写とトリックの謎解き部分の両方が
最終回まで地に足が着きながら一歩一歩
歩いていくんだろうなあ~。

と、わたしの感想が一般の視聴者と同じならば
きっと結果も数字や話題として出てくることになるんじゃないのかな
と思いました☆


大野ファンならみんなそうだろうけど

大野智の手、大好き☆
爪の先から指から甲から手首から・・・肩まで
もうどこを切ってもぜ~んぶ好き(笑)

浮き立つ血管も好きで医療関係じゃないけど
むしょ~に注射針を刺したくなるキモチになる(笑)
(余談だけど、下の歯の内側に向いている一本も抜きたくなる)


そんな彼の手が大好物なわたしにとって
大野さんのドラマの鍵師=手を堪能できるはず。

最高です!

見てないのにもう見た感覚になってきてます。

少し爪を伸ばしてくれないかな~とか
手荒れに気をつけて屋外に出さないで水仕事とか誰かに頼んで
温室育ちにしておいておいてねとか考えちゃって・・・マス。

日焼けだけでなく手荒れにも注意してほしいな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日からクランクインされたそうで・・・

ヒロイン役発表ありましたね。
噂どおりの女優の戸田恵梨香さん
(なんかすごくホッとした・・なぜか?それはあなたと一緒かな)
彼女曰く
「普通に笑っていたのを見て
 あっ、笑う方なんだなと(笑い)。少しうれしかった。」と。


そのことば・・・なんとなくわかるような気がします。
コンサートですっごく近くで見た時に(最後の挨拶の時に)
他メンや隣の櫻井さんは普通の人間だと理解できている自分がいるのに
大野さんに対してだけは不思議なことに
『えっ。普通の人間なんだ~っ。すご~い。』とすごく感じて
なんかわからないけど
近いということの嬉しさと普通の人間なんだというショック?と
なんとも言えない感覚になってしまったんです。
なんなんだろうこの感覚は?????
好きすぎて私の頭がおかしいのかなとまで思いました。

今のわたしの大野さんの情報を集めて思うことは
どの大野さんがホントの大野さんなのかわからない。。。
なのか、ほんとにどうしてそう思うかまったくわからない。
やっぱり好きすぎるのかな・・・。

結局・・・ミステリアス・・・ってことにしておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不思議な人と前々から言ってあったし
共演することで
戸田さんの中の大野さんの謎をどんどん解いてほしいです。

絡まってしまって解けなくなるか
スッと解けてしまうかは、まっ、その人次第でしょうけど
少し感じることがあったらこちらにもその情報おすそわけしてほしい。

前作品では少なくとも竜平さんはどうしようもなくなってますよね(笑)

きっと座長の大野さんの仕事ぶりや雰囲気などを直接感じ
クランクアップされたころには
だから国民スターと言われる嵐のリーダーなんだ
だからみんなから愛されているんだ

と認識されることになるかな。


::::::::::::::::::


大野智の世界に足を突っ込んでしまった戸田さん
「いらっしゃいませ~」って感じです。
この森に深く入り込んだら底なし沼のような危険があるから
くれぐれも撮影の影響の無いようにお願いしたいものです。


他の共演者はだれかなあ~。
本当に楽しみになってきました。

あっ、でもなるべく情報は最小限でいくことは心がけて。

鍵のかかった部屋

相葉&大野主演タッグ!フジ&日本テレビが同時発表

・・・・・・・・・・・・・・・・


ようやく発表されましたね。
この二人のテレビ局の枠を超えた同時発表にすごくほっとしました。

正直話を聞いた時、とっても複雑だったんです。
なぜ…月9? なぜ…松本さんの後?
なぜ…先輩の中居さんや草なぎさんと同じクール?
なぜ…相葉さんと同じ21時なの?

月9となればすごく恵まれている枠という分やっかむ人も多い。
比較される。しかもジャニーズとなればなおさら。
今までの批評サイトなどを見ているとその枠ということで
しかも今までの役を演じて・・・
見る側の気持ちも大きく膨らんでいるのも分かる。
矢面になるはめになる大野さんを想像してしまって
喜びよりも先に心配のキモチの方が先に走ってました。

でもこの同時発表ニュースと
今朝の大野さんのラジオでの話をファンの方のブログで読んだ時

ようやく安心できました。


・・・・・・・・・・・・・


昨日仲良くしてもらっているブロ友さんに近況をメールで伝えました。
今こんな気持ちなんだよ・・・って。
ブログをあげるために帰ってきてはいるものの
ふらふらと旅を続けているんです。
まだ浅い霧の中にいる感じなんです。


数日前、カップリングの「ついておいで」♪を聴くことができた時
今のわたしのキモチにすごく合ってたのかハッとしました。
まるで霧の中をさまようわたしに
大野さんの手がそっと差しのべられた感じがしたんです。

今、その手をとって何も言わずとぼとぼ歩いてる状態かな。
あっ、大野さんの後姿と手しかないんですけどね。
私のイメージとしては(笑)


周りに振り回されずにただそばにいればいい・・・

誰かと比べたがる 君の癖にはにあきれるけど・・・


何も言わずにこの手を信じて 幸せへと連れて行くから
未来ごと抱きしめる きっと大丈夫さ




嵐さんからファンへのメッセージが入っているのかなと
すごく感じた曲でした。特に私はそのままだったから。


そういえば
ガイヤノコトバハシカトスル!ハハッ!もそうですよね。



ブロ友さんにキモチを書いている時自分の中で整理ができたんでしょう。
私の中での固定概念といろんな情報とでどうかしてたと気づきました。
そう・・・ネット社会の怖いところっていうのは
自分はしっかりしているって思っていてもダメなんです。
真実は一つしかないのに想像で良い方にも悪い方にも何百通り、何万通りというふうに変わっていく。
それは同じことを感じている人がいると思うと自信がつき
どんどん膨らんで暴走していくことも。。。
もしかしたらコトバは悪いけど洗脳っていう風になっているのかもしれない。
そしてそれは嵐さんたちを大好きなのに苦しめることにもつながっていく。
そうじゃないんでしょうか・・・。


ならば・・・

夢でも幻でもいい。
私の中では 嵐=楽しい=平和 であってほしい。
その姿を見ることで癒され、尊敬し、
毎日の生活に活力に潤いを与えてもらい続けたい。
楽しい夢のまま覚めないでいてほしい。
それは彼らだけ要望するのではなく、担当が違ったとしても
ファン同士みんながそうあってほしい。
そんな嵐ファミリーっていうことで
みんなが幸せの方向だけで洗脳されてたい。


そう思うと・・・もうネットの旅はやめようっと思いました。



      *    *


今日から、これをエントリーした時点から
鍵のかかった部屋HPと特定のブロガーさんところ以外は
行きません。。。プラスの評価も視聴率も見ません。
共演者や作り手の人の過去のことなんで調べないし気にしない。
だってクリック一つで調べられてしまって邪念が入ってしまうから。
(すみません、決意表明しないと行ってしまうから)
アナログな人間になります。
    


      *    *


大野さんは彼の周りに全力でサポートしたいと思う人が
不思議と集まってくる。
それは過去のどの作品でもそうだった。
知らない頃のドラマHPを読んでいるとそれはわかる。
どれもこれも温かく一丸となって作品が出来ている。
きっと今回もそうなることでしょう。

昨日HDDを整理する時に見た
ZEROとスッキリで号泣の話をする大野さん
そしてこたつDE嵐で思い出しました。
大野さんや嵐さんのまわりのスタッフさんの笑い声だけでもそれはわかる。


そう率直に感じるわたし自身を今からは信じます。


ほんと・・・そういう人なんですもんね。
わたしの好きになった人は・・・。
だから好きなんだ。尊敬してるんだ。。。


だから・・・
わたしも白紙のままドラマに入り
見たままそのままの純粋なキモチを感じることにします。

そしてそのキモチのままここから発信しようと思います。


鍵のかかった部屋HP


そして・・・純粋に嬉しい。。。
怪物くんニュース シネマトゥディより

藤子不二雄A氏から
主演の大野や監督、スタッフへの感謝の手紙が読まれる。
それだけでも感動した表情だった大野にさらなるサプライズ。
本人が登場し、花束を渡すという演出も。
感無量の表情の大野は
「藤子不二雄A先生と出会えたことが僕にとって宝物です。
個人的にもお手紙をいただいて……というか
先生からは本当にたくさんいろいろなものをいただいていて
申し訳ないというか、うれしいです」とさらに顔が崩れる。

そんな大野ら共演者に
「僕はこの映画を3度観ました。
今まで僕の作品はいろいろ映像化されてきましたが
この映画は、中でも最高ですね」と藤子不二雄Aも絶賛。
会場からはこの日一番の拍手が巻き起こった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度読み返してもウルウルします。

怪物くんツイッターを見ていると
昨日のPR活動に多くのファンのつぶやきが殺到していたり
ZEROでは全スタッフさんが
怪物Tシャツや怪物帽子を着用されてたとか
また、わたしたちファンが大野さんが誕生日になるその瞬間を
迎えれるように粋な計らいをされていたとか・・・

なんだかじ~~~んとします。


::::::::::::::::::::::


映画 怪物くん
今日お昼に見てきました。

今まで、ずっと宣伝PR映像で映画の画像が出るたびに
手で隠したり横を向いたりしてみないように心がけてました。
あらすじを見ないようにずっとしていたので
大地の子で好きになった上川さんや大奥で好きになった北村さんが
どっちが悪役なのかもわからない状態でした。


だからすごく新鮮!
なんにも考えないで観てくれって言ってた大野さんのコトバを
そのまま受け入れて素直な気持ちで観ました。

冒頭はなんだか息子の卒業式とか生活発表会見る感じで
なにかにつけてウルウルしてました(笑)
大野さんが出てきた瞬間は近くの女子高生が
「大野くんだ~☆」って嬉しそうに言ってました。
わたしも心で言ってたけど。

そのうち
テンポもぽんぽんと早くて泣いたかと思うとくすっと笑ってる。
我に返るとあちらこちらの子供達の笑声がして
あっそっか。子供向けなんだよな。この作品・・・
って感じでいろんなものが同居してるけど
でも筋が一本通ってるからとてもよかったなあ。。。
3Dということもあり、
どんどん怪物くんの世界に入っていけました。

いつからかなあ~。涙が止まらなくて困ったのは(笑)
ピラリを危機一髪で助けたところからかな
デモキンとデモリーナのところでも泣いてたし
最後の岩石男との戦いは心の中で
そんなに大野くん・・いや怪物くんを痛めつけないでとか
本当にソコにいる気持ちで
「がんばれ~!がんばって・・起き上がって」
・・・って手に汗握ってみてました。
映画ってこと忘れるぐらいに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

もう観終わって2時間経ちますが
ドラマならすでに再度観ているわたし。。。

もう一回観たい!とひじょ~~~に強く想ってます。
よかったです♪うん。ほんとによかった♪
続編みたいです☆

怪物くん続編もみたいけれど
同時進行に人間がっつり大野智の大人目線の話も観たい。
両方観たいと本当に思いました。


怪物くんSP悩んでたけど買っちゃお~~☆

そして今から中3の親の飲み会です。先生も囲んでの・・・。
いっぱい宣伝しまくってきます♪
大人も子供も楽しめる映画でした☆

映画 怪物くんオフィシャルツイッター

Powered by FC2 Blog