FC2ブログ

24時間チャリティーグッズ ないないっ

24時間チャリティーグッズ
Tシャツもたま~にイオンに入ってくるだけ
グッズ(今はキーホルダーやミラー)サイトだって品切れ状態。

いいけどさ・・・

チャリティだろうから
打ちきりじゃないよね・・・

とは思っているけど

どうせ募金するならグッズで貢献したいって思ってるから
周りの友達にも聞いて集約してるんだけどね。。。

ネット販売もずっと品切れ。

実家の近くの店、イオン系列のマックスバリューも終了しましたってずいぶん前に見た。

これじゃあ田舎のネットできないじいちゃんばあちゃんは買えないね。
かわいそうに・・・
もう8/15
8/24まであと少しなのに

製造が追いつかないんだろうなとは思うけど
全部予約にしてくれてその分収益に入れてしまって
ゆっくり送ってくれていいんだけどなあ・・・・
余るのを恐れているのなら

とりあえずネットで買える分は買っている。
あとはその時に品切れだった分。
買えなかったTシャツは注文後にイオンに入荷してきたから買えたけど
そこでももうジャンジャンなくなっていただろうから
一般の人の目に入るのかな。
せっかくの収益なのにな。

とりあえず26日に東京に行くから汐留に寄るかな。
でもあるかなあ~


スポンサーサイト

ニノのことば

珍しく連投しております。
誰もみるわけじゃないけどね

昨日怪物くんの始まりのころの話をしたときに
その時の気持ちを読み返そうかなって思ったら
見つけきれなかったんだよね
きっとブログにアップせずにあちらこちら好きなブロガーさんのところで
コメントしまくってたのかもしれない
あの頃の自分の気持ちを読みたかった。

だから今は自分があとで見るように綴っておこうかなって思って
それで思ったままを書くことにしました。
本来ブログの意味は日記だから・・・
誰も見なくていい。自分の想いだから・・・

昨日名古屋レポのニノのコトバが目に入っちゃってね
あらあらまたこんなんだったら荒れるだろうなって思ったかな。

『本当に終わるわけじゃないからさ ねっ?ちょっとお休みするだけだから
だからさ、最悪ね、世の中に『大野智』はあと2人くらいいると思うんだよね」笑
「字面だけの感じでいったら再結成するから」笑
ほんっとに寂しくなっちゃうかもしれないけど、楽しくやっていくつもりだし、寂しくするつもりはないし ・・・』
って言葉。

ニノっていう人は私の中でなんだけどアマノジャクみたいなイメージがあって
捻って言葉を発する感じがある。で、意外に確信犯なとこもあって
彼のコトバを読み解くのがなんとなく楽しい~かも。
だからかな
もうそんな冗談が言えるんなら大野智が嵐に戻ることは決定事項なんだろうな
とか
まあそれでも仮にその言葉をそのまま受け止めたんだとしたら
代わりの大野智だったらわたしは嵐ファンから潔くバイバイだわ~
とか・・・ね

まあ、その場面にいたわけじゃないからニュアンスとか感じ取れてないから
字面だけを見たら何とも判断できないし
だけど今の今言うかなあと思うと悪い方向には全く考えが結びつかなくて
ゆる~く考えてた。←だから何とも思ってなかった。

でもさ、ニノって頭のいい人だしゲームみたいに言葉を楽しむ感じもするし
モアの連載を何気に読んでたけど、素直な天邪鬼みたいな(笑)
けど、ちゃんとファンに正直に発信する人のイメージなんだよね。

もしかしたらね
世の中の大野智は二人いるっていうのは
フェイクニュースで存在している癌の闘病での大野智だとか
今いろんなバージョンの大野くんが存在していて
それで心をざわつかせているファンが実際いるじゃない
↑そういうのは即座にウソ/デマ/金儲けってわかるけど
それよりも厄介なのが
大野ファンが作り出すいろんな大野智・・・かな
ホントウは嵐に戻りたがっていないのに無理やりメンバーが・・・
それで発言したメンバーに不満を言うとかね・・・
今渦中にいる大野智は何通りも存在していて
想いが強いほど憎悪が増殖して(アックマーの仕業みたい)
ホンモノの大野智は置いてきぼりだと思うよ
嵐さんや大野くんのキモチは私たち部外者には全く分からないはず
だって夢を与える仕事だもん。実状を見せるわけがない。
2年間私たちだってすっかり騙されてたじゃん(寝耳に水*青天の霹靂とか・・)

メンバーの前向き発言に
腹を立てている大野智ファンをちらほら見ているとう~んと思ったり思わなかったり←私がね

そういうのをぜ~んぶひっくるめて捻って言った発言なのかもしれない。
謎解きみたい(笑)


大野くん以外のメンバーがいろんなところで発言している言葉は
全てにおいて嵐の未来に向かっているんじゃないかって気がしている
言いだした大野くんは4人とは同じ言葉は言えないだろうし
よく考えて言葉に出す頭のいい人だと思っているから頑として言わないはず
帰ってくるまで絶対言わないし、
今までだってこうと決めたら梃子でも動かない、そういう人だったと思ってる。

だけどもうすでに5人のキモチは固まっていて進み始めている。
言えない大野くんの代わりに代弁してるような気がする。

だってそうじゃなきゃ、ここまで未来のことを言うかなあ~
「ナイ」なら言えないんじゃないかな。

僕たちのコトバを信じて・・・はそこに繋がるんじゃないかなとわたしは思っている。

とにかくさ、わたしは大野くんは英気を養ったら嵐に戻りたいと思っていると思うし
全てにおいてプラスになって戻ると思っていて
前向きに明るく時間を過ごしていきたいと思っている。

何年後かな。この考えの答え合わせができるのは(笑)
たぶんね、間違ってないと思うけど。。。
ナケナシノ勘だけど・・・

まあそれもファンが同じ方向を向かないとダメだよね~
特に大野ファンがネックかもね(笑)

怪物くんのとき

怪物くんの話が発表された時のファンの嘆きと言ったら・・・よく覚えている。
わたしは好きになったすぐだったからとにかく先輩ブログを見ていたころで
とにかくいろんなファンの気持ちを知りたくてブログを見回っていた。

喜んでいる人は私だけじゃかったかなあ~というくらい記憶がない
わたしはね、子供たちに夢を与えられるようなドラマを演じることが決まって
きっと彼はとてつもなく成長する作品になるだろうし、
子供が見るということはその子供が大きくなった時に影響が大きいだろうし
この起用は素晴らしいことだ。だから喜ぶべきだと
いろんな嘆いているブロガーの人にコメントしてたなあ~

私みたいな考えはホント少数派というより本当にいたかな。
で、実際始まってみるとどんどんファンの人のキモチ世間の風が変わっていった。
公式ドラマ怪物くんのコメントを読んでいるとその変わり様が面白かったのを覚えている。
更に震災も重なって、子供たちに夢と希望を与えることのできるトキの人となった。
映画の最後に流れるスポンサーの多さに驚いた。
そしてその時の子供たちが大人になってきている。
おそらく大野くんの演じた怪物くんは彼らの心に行き続き素晴らしいと思っている。
彼は彼ら嵐は出てくるべきの人たちなんだと確信した。



今ね、ちょっとその時と同じような気がしてる。
今は大野ファンのツイッターとかを見てるのね。
智担のブログは2年ぐらい前から(大野くんが言いだしたぐらいから)どうも減ったと思う。
わたしも同じだったから。わたしだけじゃないんだあって思ったから。
今思えば忍びの国ぐらいから大野くんの扱いについて疑問を持ってたし
彼の表情がつらそうだったからかな。
それに比例してアルバムだって・・ね。点検だったみたいだろうけど他メンにも事務所にも不満があって

そんなのもあって夕方の一報を見た時びっくりしなくてあ~来たかあ~だった。
誤算だったのは、嵐から独立するんだ~って思ってやっと嵐の呪縛から逃れてよかった
と思ってたら、大野智の活動休止に驚き悲しんだんだけど。。。

今Twitterとかたまに見かけるブログとか見ると
大好きな大野くんを想って大野くんが戻ってくることに否定的な感じ
とか、大野くんが帰ってくるのは彼の意志を尊重せず無理強いさせているとか
よく目にするんだよね。
最初見た時、そんな考えもいるんだなあと思ってたけど
その話に続く同じ大野担当さんたちの同意の言葉を読んでいると
そんな気にもなってくる・・・

わたしは異端児なのかな
そういう風に書かれると違う目線で見たくなるんだよね
で、なけなしの直観とか過去の私の知る限りの情報とかを想うとね
会見での大野くんの話のまんまなんじゃないのかなってね思うのよ。

嵐を2020年で畳みそれぞれの道をあゆんでいいのではないか
何事にも縛られず自由になってみたい・・・

今の余裕のない状況では自分のやりたいこと(おそらく絵を描くこと)
がファンの喜ぶために出続けることにそういう没頭する時間もなく、
パグの絵で批判されるように自由に表現することも制限されてしまっている
【絵を描くこと=生きていると実感していると話していた】
忙しい中睡眠時間を割いてまでもやりたいことが出来ない今の状況
嵐として常にファンを喜ばせるにはもう時間が足りない
なのに相反するように
またライブで明らかに青のペンライトが多いんだよね・・・大野ファンが増殖していた。
たぶんその現状と、愛する故他メンをパッシングしている自分のファンの子たち
特に松潤への非難の言葉やファン同志の争い
恐らく心を痛めていたんじゃないのかなってね。
今になっては思う。(わたしも言ってた一人だけどね)
おそらくこのままでは嵐は綺麗なままでいれなくなっていく・・・。
20周年を機に光続けている状態の時にきれいなままにしておきたい。
そうすると思い出はいつまでも輝き続けるから。

そういうことを言いだした自分は辞めるしかないだろう。
たぶんメンバープロデュースのあの曲だって(大野くんの点検だったと思う)
ファンの喜ぶ感想で自分の声がなくても大丈夫と思い(わたしは嫌な予感がした)
そしてラジオを終わらせる。
同時進行でドラマと映画とライブのそれこそ大変すぎるスケジュール・・・・
彼は最後の恩返しだと思ってやってたんだろうね。
そこまで心を決めていたのに
メンバーに心の想いを吐き出し
メンバーも試行錯誤、とにかくいろんなことを話合い
おそらくアンタイトルは点検ということにして、否定的なファンの声を大野くんに突き付けて
大野智の声がないと嵐の声は成立しないと納得させたんじゃないかな
そして4人では嵐ではない、5人でなければ続けないと決断を下した彼ら達。
それならば納得いくまで休んでいいというそれでも大野智が必要だと言ってくれた
メンバーや事務所になんて優しい人だと思っているのは本音だと思っている。
もう度々出てくるからね。その言葉。

ならば会見の時は
迷っていたけれどもファンや世間が迎え入れてくれるのならば
戻ってくるということに心が決まっているのではないだろうかってね。
あのスッキリした会見を見て、それからそういう風に思って彼らを見ていると
いろんなのを見返していくと漠然にそう思うんだよね。
そして
ライブ初日の挨拶を読んでても少しずつ私の考えは間違ってなかったんじゃないかって
なんとなく思うんだよね。

帰ってくるかはわからないけどふり幅を広くして
翔くんが言うように本当にファンが彼らの言葉を信じていくしかないのかなってね
素直にそんなに思ってます。

だってわたしはやっぱり大野くんに帰ってきてほしいから。。。


5×20 and more が始まった 

心配していた大野くんが矢面に立たされてしまうこと
わたしが一番心配していること。

納得している悲しんでる恨んでる諦めている前向きに思っている
いろんな感情がある多くのファンたち
大野ファンだって気持ちが様々なのに
他メンファンさんだって大野ファンとは違った意味でいろんな気持ちを抱えているはず
そんな不特定多数のファンの人たちの前に直に立つんだからね。
信じてはいるものの心配だった。
でもよかった。

潤くんが温かかったと。そして彼らはいつもと一緒だったと教えてやってくれって。
安心を他のファンに伝えてほしいって。自分たちもホッとしたんじゃないのかな。
だからレポや公式のあいさつ文を見て何事もなく温かい空間だったんだと安心した。
レポを見ると
ありがと~の連鎖があったって。
嬉しかった。
大野くんが始終楽しそうにファンさをしていたと見たからホッとした。
恐らくアンチまがいなことをするようなファンはいなかったんだろう。
もしもそうだったら一瞬でもでも悲しい顔をするだろうし、
それを大野ファンが見過ごすはずないし
他メンの態度やコトバが違う内容で見ることになってたはず。

嵐さんたち5人の挨拶見てたらきっと
心をなでおろしたんだろうな~っていう言葉だったから。
だから本当に温かい空間だったって証明されている。


大野さんの挨拶は
4人が優しい5人が仲がいい現状と
休止するまでの目の前にあることことだけを一生懸命にするということ
もしも戻ってきた時の為の体をキープ・・・
先が明確に見えない内容だったけど
そりゃあ~言いだした本人だからこそその先も言えないだろうし
ましてや本心だって言えない

だからこそ4人は本音を言ってくれた感じがした。
後は翔さんが言うように彼らが発信することだけを受け入れるだけのこと
それでいいんだなあ~って感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしのぼんやりした考えなんだけど
大野さんは嵐から逃れられるような活動休止を考えているわけでなく
(どんなにしたって不可能ということは理解しているはず)
嵐というグループなのにファン同士の対立などを見ていると
各々5人が一人ずつ自立していくべき時が来たと思っていて
実像の彼らの人生も充実させることが可能になり(家庭を持つということ)
「アイドル嵐という看板」に頼る甘えることなく
それぞれが自立していくべき時が来たと考えていると思っている。
その時期が20周年。
これを逃すとまた5年後になると遅い。
今は「仲良し嵐さん」が足かせになっているように感じ誰かが突出することが出来ない現状と
5人でのキャラ立ち位置、嵐というキャラでできないことが可能になる。


わたしはね、終わりではなくて嵐の第3章が始まっている・・・って思っている。
ほんとかなりぼんやりなんだけど。
大野くんがニノの誕生日に言いだしてから会見までの彼らのキモチの変化は全くわからない。
分かるはずもないはず。
ただ恐らく『点検』で大野くんの頑な気持ちを変えてくれたんじゃないかと。。。。
だからこそ翔さんのいう「嵐の曲に大野智の声がないと・・・ね」っていうコトバ

会見後にSong for you見て聴いて、
もしかしたらもう真っ白なレーベルに描き始めたんだろうなって。
彼らはもう新しい嵐として進み始めているって・・・。

5人の様子を見ていて
会見からの彼らのキモチはもう迷いなく決まっているように思えている。
まずあの5人で挑んだ会見でファン以外の世間はこちら側に引き込めた成功したと思う。
後は私たちファンがどうするかで変わることなんじゃないかなってね。
私たちファンがいない限り嵐が見たい嵐は作ろうとしてもできないからね。
この嵐の休止の間にフン詰まりになっているジャニーズの後輩も出てくるチャンスにもなる
(だって休止発表以降、淀んでいたものが流れ始めたように感じている)
一人の人間としての幸せを掴み取ってもそれでも嵐が成立するのであるのならば
それが一番いいはず。ファンも本人たちも悔いのない人生を歩んでほしいし
今まで通りのアイドルのイチグループの嵐ではなく
新しい形の大人のグループ嵐に成長して戻ってくるはずだと。
大野くんについては芸術家としての一歩を踏み出して
その時はゴゴイチとしてではなく一人のメンバーとして
もしかしたらソロコンもソロアルバムもアリかもしれない。
キャラもしっかりしていないリーダーとしてでなく・・・
嵐の一員だったメンバーとしてホントウの彼で戻ってくるんじゃないのかな。
今までのキャリア(経験)や実力、彼のこれからする努力は
きっと戻ってきた時衰えていないと思う。
見ている私たちの考え方が変わった時に戻ってきそうな気がする。

だから彼らは与えられた今を正直に進むことしかないと思っていて
発信しても大丈夫な人は正直に発信し
影響の大きすぎる大野くんは黙認しつつ発信できることだけを
正直に発信している感じかな(今までより本来の大野くんかなって思っているから)


わたしは漠然に新しい嵐の始まりだ・・・と、そう思っている。
だからこそ昨日のライブの始まりのライブレポは嬉しかった。
温かい嵐ファン・・・同志だと誇りに思った。

複雑なまま・・・

ずっとずっとあれからずっと複雑です。
複雑と言っても大野くんのことは大好きなまま。それは全く変わらない。
色々考えても他に目を向けようとしてもやっぱり無理で。
想うことは休止に入ってしまった私はどうなるんだろう・・・ってこと。
かといって大野くんを恨んだりすることは一切なくて
とりあえず休止という方向に持って行ってくれたメンバーに感謝だったり
嵐として活動してくれたままにしてくれていたらよかったのに・・・だったり
ただただ彼には彼らには幸せになってほしいということばかり・・・行ったり来たり。

大野くんの幸せを思うとお疲れ様。ゆっくり休んでほしい。
いっぱい幸せをもらったから今後は
自分の人生を自分の為に生きて幸せになってほしい。
でも戻ってきてほしい。けどそれが彼にとって幸せなんだろうか。
でも演技に歌にダンスに・・・やっぱりそれが見れなくなるのは悲しい。
ぐるぐるぐるぐる

嵐に出逢って新しいコトに挑戦し続ける人たちだなあとずっと思っていた。
今は当たり前になった仲良し売りもあの頃は斬新な考え方だよね。
アイドルなのに芸能人なのに謙虚。
これも斬新だよね。
いろんなことに挑戦し、挑戦するときは割と楽曲で宣言してるイメージがある。
予測付かない未来についてコトバで話している感覚が残っている。
普段はふわふわしてるように誤魔化されているけど
実はプロフェッショナルな人たち。
楽曲もダンスも演技も司会も5人でガッチリ組めば最強のパワーをもたらして
それに気づいた人たちが驚き離れられなくなる。
名前のごとく、嵐だよね。

でも
実際ここ最近のバラエティーを見ていても面白くなかった。
なぜならば、国民的模範的な優等生グループだし
多すぎるそれぞれのファンの見解に身動きが取れないように見えていた。
嵐という仲良しが良くも悪くもがんじがらめになっているように感じていた。
おそらくそのまま年数が経っていけばパワーが落ちていくだろうとも思っていた。
だからこの選択は嵐にとってよかったのかもしれない。いやきっといいはず。



だからこそこの選択は彼らの宝物の嵐を光り輝いたまま保管して
そして世間が変わった時に
新しい空気とその保存していた時間で
各方面で実生活なども熟成され新たな光を放って開封されるときがくる

・・・はず.....だ。と思いたけれど、それはただの夢物語なのか。

そもそも大野くんはまたこの世界に戻ってきたいのだろうか。。。
でも大野くんが帰ってこないとなると、いやだ。。。
やっぱりいやだ。
がむしゃらに働いてほしくないといいながらきっと期待してしまう。
ふ~。
最近ため息ばかり。
きっとアラシゴトとくにサトシゴトがないからだろうね。
2年後の生活がこんな感じなのだろうかと思ってしまうからだろう。

今ある生活を、あんまり考えないで過ごしていくこと。そればかりを思っている。
まあそう思える余裕のある生活ができているということ自体
幸せなんだろうけど。

ぐるぐるぐるぐる・・・




大野くんの変化を感じてる・・・ような気がしている

ファンにずっと言えなかった期間だったからだったんだろうな・・・
そう思い返したら今の大野くんの表情や言動に変化を感じてる。
忍びの国以来、彼の立ち位置や表情に言動やソロ活動に歌割にダンスにトークに
嵐の呪縛から解放させてあげてほしいと思っていた大野担は多かったはず。
わたしもその一人。
娘がYahooニュースの一報を見て驚いて言ってきた時、すぐにファンクラブの発表を見て
みんなそれぞれ嵐からソロで活動するんだと嵐の呪縛から解放されたと密かに喜んだ。
Mrサンデーでの会見で大野くんが活動休止すると聞いた時にやっと
「えっちょっと待って・・・」とそこから動揺したけど。

大野くんの変化に加えて、もしかしたら相葉ちゃんとJくんは通常運転でニノと翔さんは変わった気がする。
それが今の私には心地いい感んじがしている。

あの会見は大野担当の私だってびっくりするぐらい(何度も見返すぐらい)
『ちゃんと話せる大野くん』だった。
もともと嫌な気持ちにさせることは言わない人だから
好感とともにしっかりした立派な分かりやすい大人のコトバ。
会見の主役だから発言させてもらえないようなこともなくハナシの途中を遮られないし。
(あたりまえだけどあたりまえじゃなかったことなんだよね)
そして実際の彼のパフォーマーの質が改めてみんなの知るところとなり
さすがあの嵐をまとめてきたリーダーだった・・・なんだなって
世間が理解してくれたからなのかもしれない。

ホント当たり前なんだけど当たり前じゃなかったんだ(過去形)よね。
あだなだけのリーダーって自分も謙遜して言うし、メンバーからだって言われてたし
そういうキャラをずっと遂行してたし。知らない人はそう思っていた。
そうじゃないって彼を知れば知るほど大野担はずっと悔しい悲しい想いをしていた。
わたしも2009年からのファンだから10年前からずっと言ってたなあ~。。。

最近の流さず受け入れるだけでなくちゃんと嫌味なく話す大野くんや他メンの言動に
あのままの大野くんのままで2年経過した後、いなくなる喪失感になるであろう不安が
静かに取り除いてくれているような気がしている。

会見後からメンバーに言われて一番印象に残った「笑っていよう」という言葉と彼らの絆。
そして一番彼が不安に思っていただろうファンと世間のキモチ。
仕事上つきあいのある人たちからの直接受ける雰囲気。
肌で感じ、安心したのかな。
そんな表情が見えたり、そんな気持ちになっているだろう言動を聞いていると心安らかになっている。

ファンはやっぱり好きだから見てわかるのかもね。

私のキモチは日々変化している。
2年後、お休みに入る大野くん。
果たして他メンのことを好意的に見ることが出来るのだろうか・・・
ってね。本気で自分で自分を心配していた。
憎しみに変わらなければいいんだけど・・とかね。
まあそうならないように普段テレビを見たいと思わない人だから
あえて見ないかな。ぐらいには思ってたけど。

なんとなくね。最近の大野くんを見ているとこうなってよかったのかも。
って思えるようになってきたかも。

怪物くんをするとなった時のファンの動揺ってすごかったよね。
あの時いろんなところに行ってコメントしまくっていたなあ~
そしてその通りになったんだよね。
だから今回のこのこともきっと嵐にとっていい方向に行くものだと信じている。

今回は怪物くんの時のような気力もないけど。
わたしのなけなしの直観はそういう風に捉えている。
3年後、4年後。せめて25周年だけどね。
その先は待てないかも(笑)

でも大野くんの幸せを一番に望む☆

もうわからなくなってきてしまった・・・

なんかね
コトバってすごいよね

思い切って読んでたらもうわからなくなってしまった


一つだけ言えること。。。


大野くんが健康で幸せだと思って生きていってくれること


もうただそれだけでいい。。。


他メンファンさんが羨ましい

会見後、Mステの映像後、今度見た大野くんの姿を見たのはロスの画像。

元気にしている姿だけを見て、ただただ・・・よかった。。。と安堵した。
他メンさんのファンの人たちが羨ましい。
だって見れなくなっちゃうんだもん。

盗撮だとかが彼の自由を奪うのはわかっているけど、ロスの元気にしている姿を見ただけで安堵した私。
だめなファンだよねって思うけど、たった数日でそう思う私にお休みに入ってしまった後の私はどうなるんだろう・・・
その時の智ロスの自分が怖い
彼が健康で元気に過ごしてくれてたらただそれだけでいい・・・今(残された2年間)を楽しむこと・・・
それ以外は今は考えないようにしている。

今はね、とにかく今を楽しく前向きに応援しようって思っている。
一緒に笑っていこうって、もうそう思えていて元気になってるんだけどね
同じ大野くんのマイナスの方向に想っているファンの人には残された時間を楽しく過ごさなきゃもったいないよって言いたい。
いろんなブログをちょっと覗いてみたらマイナス(悲しむとか曲が聴けないとか・・・)そこに残る同調しているコメント達ももう時間は決まっているんだから大事に過ごしてほしいなと思うけど
コメント入れず見るだけだよね・・・
想いは各々だから・・・
それに誰かが言ったって自分がそう思わないと聞き入れれないだろうしね

どうせなら、大野くん以外の人が結婚でもしてくれないかな
世間は驚くほど大野智に肯定的だったことに安堵したけど他メンファンさんの心の中はわからない・・・
こうなった原因の大野智を悪く言われてるのか言われてなのかわからないけど、今となっている現状を・・・分散してほしい。(←ちょっとブラックデビルがでた)
今はさんまさんやダウンタウン松本さんのコトバの意味がよくわかる。

色々考えないでそのままを受け止める

記者会見の嵐さんや大野くん。
初回で見たそのままを受け止めている。
心配していた「矢面」もあの記者によって導かれた翔くんやニノのコトバで
安心した。それからワイドショーやネット記事も批判的ではないということに安心した。

残るは自担ファンと他メンファン。。。
想像だけど・・・ね。

コトバは怖い。
やるせない気持ちは同意、同調を探しがち。
ふわふわコトバもちくちくコトバも気持ちが一つになると膨張していく。

ホントウのことは本人たちしかわからない。
今回のことだって用意周到。練りに練って仕組まれたことかもしれない。
ぜ~~んぶ虚像かもしれない。
なのに振り回されてるなあ~と冷ややかに見てたら
そういう雰囲気になっているんじゃないかって思わなくもないかも。

もういいじゃん。。。
ほっとけば~って言いたくなる(笑)

彼らの人生を彼らで決断しただけのこと

それについていけない人はついていかなければよくて
ついていきたい人はついていけばいい

ただそれだけ

ふわふわコトバなら聞いてて見てて気持ちいいから別にどんなに言ってもいいけど
ちくちくコトバなら聞いてても見てても嫌になる
実際、日常生活でそういうふうに考えて生きているわたしからしたら悪口で仲間意識が出るのって結束が強くなるってバカバカしい。
でもそれが人間というもの。いや動物だってそうだよね。

そういつも思っている・・・

恐らく
宮城の熱愛報道が出た時のファンの心理を見てたからあの時のあの感じに
もしかしてそういう傾向になっているんじゃないのかなあ~って・・・

自担ファンだって他メンファンだってどういうキモチかは怖いから見たり探したりはしてないから
どういう風な気持ちになっているかはわからないけどね~


まあ要は人の意見とか見ずに
最初に見たあの会見を見て感じたことがすべてだってこと。

それ以外になにものもない。

それから先はいろんな人の各々のキモチってだけ。

他人のいろんな考えで勝手に虚像を作っていくのは無意味だと思う。



会見の嵐

不謹慎かもしれない。
けれど、休止会見の大野くんが好き。何度も見てしまう。
そしてメンバーが全力で大野智と嵐を守っている。
悲しいはずの会見なのにいつもの笑顔の結束の強い嵐がいる。

まずもって普段先頭に立って普段発言しない大野くんが・・・
いつもなら他のメンバーが茶々を入れてしっかりしていないふわふわの大野智が成立していたのに
大人のリーダーの雰囲気を醸し出しながら優しくつらつらと自分の考えを言葉で発していることが
不思議でもあり、これが本当の彼の姿なんだろうなと感じた。
そしてそんな彼を支えるメンバーたち。
大人の男だよね。ぐんと男前になったなあ~。

もしかしたらこの会見で嵐の品質がグッと上がったんじゃないのかな。
グループ全体がアイドルからの脱皮につながったのかもしれない。
わたしの大野くん以外のメンバーへの味方も好意的な方へぐんと変わった。

発表から1週間。仕事しているからか他のことも考えないといけないわたしはもう大丈夫になれた。
最初は大野くんへのバッシングが不安でしょうがなかったけれど
会見後の宮根さんのところでの宮根さんを筆頭にコメンテーターやその場の記者の方の発言に心をなでおろし
そのあとに出てくる記事もワイドショーも好意的なものばかり。
他メンファンの友達に怖くて電話できなかったけれど、勇気をもって話したら
残ってくれただけでそれだけでありがたかったって言われた。
1週間が経過したが全般的に好意的なコトバタチに感じた。もう安心かな。

頬がこけたように感じたMステを見る限り、本人は申し訳ないという自責の念にかられてるだろうけど
まあ仕方ないことだけど
これをこれからそう思わせないようにわたしも前を向いて嵐さんたちと笑って過ごさなきゃ。
これから2年間をとっても楽しい素敵な時間にして、
休むって言ってもったいなかったっ。早く帰らなきゃっ。って大野智に思わせることができたら
帰ってくるさって思ってます。
だってメンバーが帰ってくる場所を作ってくれたんだから・・・。
帰る場所があるだけでも感謝です。

もうすこしずっと見たかったという淋しい気持は今はもうない。
だっていっぱい幸せをもらったから。
いっぱい貯めているDVDなどなどを見ることができるし。
大野くんにも幸せになってほしい。
もしも帰ってこなくっても元気で幸せに暮らしてくれたらそれだけでいい。
ただ・・・よかったら帰ってきてほしい・・・けどね。

きっと彼の人徳なんだろうな。その後のマスコミが優しいのに驚いた。
彼の今までの功労者であるということからの休養だとか・・・みんなわかってくれてたんだ
わたしみたいな想像するだけの人間よりもっとずっと身近に接している人たち関係している人たちがそう言ってるんだから
しかも芸術面でエールを送っている人もいる。ホンモノの人徳なんだろうなあ~。
素敵な人を好きになったもんだ。。。
もう大丈夫だと思っている。

ファンの中からは大野くんの夏休みだとか今度はファンが嵐を幸せにするとか
もう素敵なコトバが飛び交っているのを見ると感動して
ホント素敵だなあ~って思う。
大野くんにも伝わればいいなあ~。